Red Fox

読まずにレッテル貼りをする人は出入り禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界貿易センターのパロディ

 世界貿易センターの911テロは、イギリスからの独立戦争以来本土攻撃をされた経験のないアメリカ人にとっては、精神的にかなりの痛手だったようである。
 それでもアメリカ人は冷戦時代には、常に核攻撃の恐怖に晒されていて心の準備は出来ていたはずなのだが、実際に起きると起きないでは大違いである。

 テロの後しばらくの間、道路には星条旗をつけた車が沢山走っており、国全体が右傾化したような状態だったのだが、そのムードはアフガニスタンまでは盛上がっていてイラク戦争で一気に冷めた。

 アメリカ人は口には出さなくとも「世界のトップ」という自負心でプライドを保っている面がどうしてもあって、印象的だったのは、911テロの後にテレビの取材でアメリカの子供達が「なぜ私達は嫌われているの?」と言っていたことだ。
 スーパースターや娯楽文化を世界に輸出し、彼等はアメリカ人は自分達は世界の人気者だと信じていたのか、そのギャップに苦しんだようにも見える。
 それでその怒りが全部ブッシュに向いているきらいはある。

 これは本来はアメリカ人にとっては笑えないネタの筈なのだが、結局ネタにされている。



CNN.com
世界貿易センターを再建のメキシコ人の建築家
【ワシントンDC】今朝ブッシュ大統領は、メキシコの有名な建築家ベンジャミン・フェリックス氏の、かつて世界貿易センターとして使われていたツインタワーの再建計画に関して話し合 うため、氏と面会した。議会の圧倒的多数が必要とし、昨日午後にブッシュ大統領の係官がフェリックス氏に連絡をした。新しいビルは旧世界貿易センターと同 様にツインタワーとなるが、丸みを帯びた形になる。この新しいビルの案で最も物議をかもしだしたのは、ビル上部に大きな穴が空いていることである。これに よって航空機が通過出来るようになり、将来の更なるテロリストの攻撃による惨事を防止することが出来るということだ。

[訳=岩谷]

 アメリカンジョークと言うのは日本人の感覚から見ると何が面白いのだかちっとも分からない物が多いが、余りの子供じみて下らないものや、ある筈のない事を真面目に論じるその下らなさを笑うようなポイントらしい。
 ちなみにこのメキシコ人の建築家は実在しない人物。


【続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。