Red Fox

読まずにレッテル貼りをする人は出入り禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイナミックコリア2007

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

【慰安婦問題】米TVで産經新聞の古森氏のインタビュー

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

ワシントンポスト慰安婦問題意見広告 全文訳

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

フェイク・オブ南京

 YouTubeに、南京大虐殺の記録映像とされる映画の捏造を検証した動画がアップされ、2ヶ月で延べ32万4千人が見て2000のコメントがつくほど大反響になっている。これは是非御覧になって頂きたいと思う。日本語と英語の二言語表記になっているこの7分余りのビデオのタイトルはアイリス・チャンの『レイプ・オブ南京』を皮肉った『フェイク・オブ南京』(南京の偽造) である。

THE FAKE OF NANKING - 1 (7'44")

TAMAGAWABOAT. "The Fake of Nanking - 1". YouTube, May 6, 2007.

1)There is the heated controversy regarding whether Nanking Massacre happened actually or not among historian groups. This incident called "Nanking Massacre" is thought to have occured in December of 1937 during Japan-Sino War. Nanking was the then capital city of China. Nanking was fallen by Japanese troops on Dec.13 of 1937. At that time, Chinese Army could not express any intention to surrender to Japanese Army. Though Chiang Kai-sheki commanding Army of Chinese Nationalist Party ordered Chinese soldiers to strive to defend Nanking from Japanese Army, he secretly escpaed from Nanking by plain on Dec.7, 1 week before the fall of Nanking and he left Chinese Army behind. There was Tang Shengzhi appointed 'the commander of Nanking' by Chiang Kai-sheki, however, he also escpaed from Nanking with leaving Chinese soldeirs behind. When Japanese troops entered Nanking castle, Chinese Army without the commander was fell into confusion. Most of Chinese soldiers abandoned arms, changed into cibvilian's clothes and ran into the safty zone in Nanking.

2)China insists that more than 300,000 people were slaughtered by Japanese Army at the fall of Nanking. Is this the fact or not? When Japanese Army entered Nanking, more than 120 pressmen were embedded with Japanese Army. However, nobody took such a picture as to prove Japanese Army slaughtered 300,000 people. It is certain that China government shows so many pictures of Atrocity and insists on Nanking Massacre. Those pictures that China government shows are true or not? In these 10 years, Japanese histrian groups inspected each picture that China shows as evidence of Nanking Massacre. As a result of their inspection of 30,000 pieces of pictures, it turned out that there is not a picture to be able to prove Japanese Army's Atrocity at all.

3) We should think where the origin of Nanking Massacre is. I think this origin is "The Battle of China". This is so-called War-time propaganda film and was directed by Frank Capra in 1944 during the World War 2. The purpose of this film was to implant anti-Japan feelings into American people. But it is the most serious thing that...even now after the war ended, China has been spreading the strong hatred against Japan to the world by utilizing this "The Battle of China". China's true purpose of this black propaganda is to spread the strong hatred against not only Japan Imperialism but also each Japanese person of all Japanese including from 1 years old baby to over 80 years old person as if China wants to insist that DNA of Japanese race is a born inferiority and evil.

Iris Chnag's "The Rape of Nanking" turned out to be "The Fake of Nanking".

*付録文章はTAMAGAWABOAT氏が最初にアップした時に付いていた英文解説。
オリジナルが削除されたため差し替え (2008.5.9)
markun2dg. "THE FAKE OF NANKING - 1". YouTube, July 14, 2007.


南京のフェイク

1) 南京大虐殺が本当にあったかどうかは、歴史学者の間で白熱した議論となっている。「南京大虐殺」と呼ばれる事件は日中戦争の最中の1937年12月に起きたと考えられている。南京は中国の当時の首都で12月13日に日本軍によって陥落した。当時中国軍は日本軍に降伏する意思はなく、日本軍から南京を死守するように蒋介石率いる国民党が中国人兵士に命じたにも関わらず、彼は南京陥落一週間前の12月7日に密かに飛行機で脱出し、中国軍を置き去りにした。蒋介石は鄧星甫を南京の司令官に任命したが、彼もまた中国兵を残し逃走した。日本軍が南京に入城した時、司令官を失った中国軍は統制を失い混乱状態に陥っていた。中国兵の殆どが武器を捨てて民間人の服装で南京安全区に逃げ込んだ。

2) 中国は30万人以上が南京陥落時に日本軍によって虐殺されたと主張している。しかしこれは本当の事か? 日本軍が南京に入った時120人以上の報道陣が同行していたが、日本軍が30万人を虐殺したような写真を誰も撮影していない。中国政府が多くの残虐写真を提示して南京大虐殺を主張しているのは確かである。中国政府が提示しているこれらの写真は果たして本物か? この10年間で日本の歴史学者は中国政府が南京大虐殺の証拠として提示した一つ一つの写真を検証し、日本軍の残虐行為を証明出来る写真は一つもないと言う結論に達した。

3) 我々は南京大虐殺の発祥がどこであるかを考える必要がある。私はこの起源は「バトル・オブ・チャイナ」であると考える。この「戦争プロパガンダ」と呼ばれるフイルムは第二次大戦中の1944年にフランク・キャプラ監督によって制作された。この映画の目的はアメリカ人に反日感情を植え付けるものだったが、しかし最も深刻な事態は・・・戦争終結後も中国はこの「Battle of China」を利用して、日本への強烈な憎しみを世界中に広めて来た。この中国のブラックプロパンダの真の目的は、日本帝国主義への強烈な憎しみを広めることだけでなく、1歳の子供から80歳までの全ての日本人に対する憎しみを広め、日本人のDNAが生まれながらに劣等であり邪悪であることを中国が望みそのように主張しているかのようである。

アイリス・チャンの「レイプ・オブ南京」はここに「フェイク・オブ南京」となる。


【続きを読む】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。