Red Fox

読まずにレッテル貼りをする人は出入り禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人捕虜の残虐処刑写真に関する中国人の議論

 トム・シメン氏が1937年に上海で撮影し国外に持ち出したという、第二次上海事変での中国人による日本人捕虜虐殺とされる18枚の写真が1996年にCNNで報じられた記事を前エントリー『上海事変における中国人による日本人捕虜の残虐処刑』で紹介したが、今回はこのCNNの記事を取り上げた中国人の掲示板で起こった議論を紹介する。

 これは『英華園』(LKCN) というイギリスの中国語新聞のウェブサイトの中の『英華論壇』という掲示板にCNNの記事が取り上げられたもの。このスレでは英語と中国語が入り交じっており、使われているのが簡体字であるため恐らく大陸中国出身者か又は中国本国からのアクセスであり、うち2名は英文のレベルが高いため英語圏滞在が長い人達と思われる。

[『中国の処刑文化と支那事変』トップページに戻る]

 以下該当スレッドの全訳。


誰が歴史を捏造しているのか:上海での残虐行為を写真が裏付ける
英華フォーラム掲示板

>誰が歴史を捏造しているのか:上海での残虐行為を写真が裏付ける
 反対謡言 2007.3.15, 16:10(原文:簡体中国語、引用部分は英語)
初級会員


所属: Junior Members
投稿: 5
登録: 2007.3.1
ID: 48396
まずこの写真を見て下さい。



それからCNNの記事を見て下さい。
http://www.cnn.com/WORLD/9609/23/rare.photos/index.html

(抜粋引用)[1]
 1937年の上海界隈でスイス人写真家によって撮影された写真は、すべて中国兵士による日本人捕虜と、日本の軍事侵攻に協力して逮捕された上海住民に対して行われた残虐行為を撮影したものである
1. CNNの記事からの引用。
青のハイライトは原文通り。
YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=4tHr5Ht711E
【続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。