Red Fox

読まずにレッテル貼りをする人は出入り禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Students for a Free Tibet 2】万里の長城に「Free Tibet」垂れ幕 SFT抗議活動

(greatwallaction - flickr) [A]

 エベレストでのフリーチベット抗議の3ヶ月後、北京オリンピック1年前のカウントダウンの前日の2007年8月7日の朝には『Students for a Free Tibet』(SFT)によって万里の長城に「フリーチベット2008」の垂れ幕がかけられ、英国、米国、カナダ人メンバーが中国当局に拘束されるというハプニングが起こっている。

 垂れ幕設置を実行した米国人3名、カナダ人2名、英国人1名の6人がまず拘束され、その後このSFTのリーダーであるカナダ国籍チベット人のラドン・テトンさんら2名が翌日8月8日の午後に北京で拘束され、その後全員が釈放され国外退去となっている。

 ワイヤーに吊り下がって垂れ幕設置を実行しているのはカナダ人の2人で、そのうち右側のサム・プライスさんは6年前に中国のカナダ通商使節団に抗議行動を行い4時間拘束された後にカナダに送還されているという人物である。

[特集『Students for a Free Tibet』トップページに戻る]


【続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。