Red Fox

読まずにレッテル貼りをする人は出入り禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在日コリアン問題を日本在住欧米人はどう見ているか?

 前エントリーではジャパントゥデイにおける日本在住英米人による外国人参政権に関する議論を紹介したが、今回は当ブログでこれまで毎日デイリーニュースWaiWai打ち切り問題2009ミスユニバース日本代表コスチューム問題で取り上げた事のある英語ブログ『Japan Probe』における議論を紹介する。

 『Japan Probe』は日本在住のアメリカ人を中心にした英米豪の8人が共同運営する日本の話題を扱うブログで、前回のニュースサイトのジャパントゥデイに対し『Japan Probe』はサブカルチャー系の話題から日本伝統など文化的話題が多いブログで、必然的にコメント欄にはビジネス滞在者よりもむしろ日本マニアが集まる傾向があり、平均的な外国人の反応と言うよりもむしろ強者の集まり的な面白さが見られるサイトである。

 『Japan Probe』では外国人参政権に関しては昨年の1月と今年の9月と11月に3回ほど取り上げられていて、特に3回目のエントリーでは普段は話題提供に徹している管理人氏が珍しく強い調子で持論を展開しているのと、議論のテーマが外国人参政権よりも在日コリアンの問題に集中して何故か白熱しており、日本人以外の人達から在日に関してここまで辛辣な意見の応酬というものはなかなか他所では見る事の出来ない展開になっている。

画像:鶴橋商店街 (大阪DEEP案内)

 このエントリーではいささか議論がいろいろ入り乱れていて判りにくい部分があるのと、一回コメントの投稿者を除くと実質的には6-7人の議論となっているので、主な投稿者に関して以下に軽く概略を紹介する。今回の議論の中心人物の数人は恐らくそのほぼ全てが米国人:

  • ジェームズ:ブログ主。関東在住の米国人。通常の永住外国人参政権には賛成だが、代々の特別永住者は帰化すべきであるとの考え。

  • 考え過ぎの人:日本在住と見られる米国人。国籍を得る事がアイデンティティとルーツを失う事にならないとの考え。日本の近代史には非常に詳しく、日本の近隣国との関係に関しては親日で反中反韓の立場。

  • LB:アイルランド系米国人三世で日本への帰化申請中。外国人参政権には批判的。在日がアウトサイダーに固執する事を愚かで間違っているとし権利が得られないのは当然と考えている。日本語の読み書きが高いレベルで出来る模様。アイデンティティは生まれ育った場所であるとの考え。二重国籍を不支持。

  • ラゴ:米国人と見られる。特別永住者を除外するのではなく自然消滅を待つべきだという意見。在日のルーツへの拘りには理解を示す。ただし全体的にはいささかディベートフリークと言うか反論のための議論に終始している。二重国籍を支持。

  • ハマチマン:日本に関する様々な悪評判のデマが作り出されていると主張するなど、日本に対して非常にシンパシーがある。二重国籍は反対。

  • ポンタ:日本語の読み書きが出来る。外国人参政権に関してはニュートラル。

  • エリック:日本在住の米国人で米民主党支持者と見られる。在日に対してシンパシーがあり、日本は差別的であり親日外国人は共和党支持者の保守主義権威主義者であり嫌韓であると主張。新撰組研究のウェブサイトを運営する日本の歴史マニア。

 このエントリーには116のコメントが付いており、勿論全てを訳す必要も意味もないが、議論として話が繋がる必要があるものは含め、余りに長過ぎる独演やテーマ的に逸れているものは省いて7割程度の80コメント余りを訳してある。

 なおこれらの書き込みは一般投稿者のものであり情報の正確性は必ずしも信頼出来るものではないため、必要に応じて補足を付けている。





 日本の民主党は永住権保有非国籍者に参政権を与える法案を[魚拓]である。である鳩山由紀夫首相は早ければ来年国会に法案を提出する事を望んでいる。しかし民主党内部での反対意見がそれをがある。

 本日の東亜日報は「日本、総連には地方参政権付与せず」とのを掲載している。その記事では法案が「北朝鮮籍の総連系の在日同胞」には参政権が与えられないと指摘している:

 記事の見出しと内容は非常に紛らわしい。北朝鮮籍の在日コリアンは自身の選択で北朝鮮籍なのである。彼等が韓国籍の取得を望むなら申請が必要でありそして彼等は得る事が出来る。それが南北のどちらの「出身」であるであるかは関係はない。

 このような話だが、この問題に関して私のスタンスをもう一度述べておく。私は特別永住者に参政権を与えるこの法案を支持はしていない。もし日本生まれの在日コリアンが国籍者が持つ全ての権利を得て日本に住みたいなら、彼等は帰化をして日本国民になるべきである。

 現在の制度下では、特別永住者が帰化をするのは非常に容易であり、毎年数千人のコリアンが日本に帰化している。帰化しない事を選んだ人達はそれをと感じるからである。日本政府は特別永住者に対し、完全な日本の参政権を得るために国籍取得をする事を奨励すべきである。国籍取得拒否に対し恩恵を与える事はこの問題への正しい答えではない。


Japan Probe. "No voting rights for North Korean citizens in Japan? Good.", November 11, 2009; 10:28 am.
【続きを読む】
スポンサーサイト

外国人参政権問題を日本在住欧米人はどう見ているか?

 民主党が推進している永住外国人に地方参政権を認める法案は、国家の枠組みと国民の定義というものを根底から覆す発想であり、民主党内ですらも異論が多く日本国内で多方面から批判や反対の声が大きい問題である。今回は『Japan Today』でのこの問題に関する日本在住外国人の議論を紹介しようと思う。

 これは海外の英語メディアでは全く報じられていない非常に日本の国内問題の性格が強く、この件に関心を持つ外国人は必然的にそのメインは日本在住外国人という事になる。

 ジャパントゥデイは2000年に開始した日本専門の英語ニュースサイトで、日本に関連する政治・経済からエンターテインメントまでを扱う総合ニュースサイトで、また読者用のフォーラムも設けられており、見たところ日本在住の英語を母国語とする欧米人が多く見られる。
 またこのサイトはアカウント制のコテハン投稿であり、投稿者の過去の投稿も見付け易いために調べれば居住地や出身国なども何となく判別は出来る。
 それから、投稿者が常連化しているために投稿者同士がある程度お互いを知っている同士の会話となっているようである。

 一方、当ブログでこれまで何度か議論を紹介した事のあるブログ『Japan Probe』の場合は、通常は日本のサブカルチャーなど文化的な話題が多いために、投稿者が日本好きである意味日本人への理解度が高い層が集まっている傾向があるのに対し、こちらのジャパントゥデイはニュースサイトでありむしろ普通の生活者の視点の意見が多い傾向が見られる。
 Japan Probeの議論に関しては次回にでも扱う事にする。

 またこのフォーラムは圧倒的に英米人が多いために、外国人参政権の議論の事実上の対象である在日韓国人の問題には彼等は関心がなく、欧州の例などと比較して「税金を払っているのだから地方参政権はあるべき」との論調が非常に多く見られる。

 なおこれらは一般投稿者の書き込みであり、情報の正確さに関しての信頼度はある程度差し引いて見る必要はある。

 いつもの通り、補足説明および突っ込みは各コメントの下に書き込んでいる。

トップ画像:「ねこでも分る外国人参政権」 (外国人参政権に反対する会) (Japan Probeより転載)


【続きを読む】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。