Red Fox

読まずにレッテル貼りをする人は出入り禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーシェパードの納税申告書



 一ヶ月ほど前の話だが、YouTubeで日本を応援する多くの動画を発信し、ネット上で「テキサス親父」として知られるトニー・マラーノ氏より以下のメッセージを受け取った。
 彼が別なYouTubeユーザーより受け取ったメッセージを日本語に翻訳して日本鯨類研究所に送って欲しいとの用件である。

 トニー・マラーノ氏は4月27日に著書『テキサス親父演説集』が日本で発売になるなど日本での知名度は特にネット界ではここ最近は高くなって来ている方である。
 彼とは以前に所用で何度かメッセージ交換をした事があるという位の関わりだったが、どうも彼が最初に頼もうとした日本人ユーザーから返事が来なくて困っていて、こちらに連絡が来たという事のようだ。

 トニー氏が受け取ったメッセージには、米国のワシントン州で非営利組織として法人登録をしているシーシェパードは非課税団体であり、非課税だからこそ寄付金が集まるという構造において、その寄付金をテロ活動に用いる事の違反を指摘し非課税団体の資格を失えば、その資金源は枯渇するという提案が書かれている。

写真:オーストラリア連邦警察と合同訓練を行うシーシェパードメンバー (2010年3月) (Sea Shepherd Conservation Society Of New Zealand)



Title: シーシェパードと国税庁
Date: 2010年4月18日12:02 (テキサス時間)
Sender: PropagandaBuster

岩谷様

 ご存知の通りシーシェパードは、ワシントン州の認可において米国において登録されています(首都のワシントンDCではありません)。

 彼等は非課税団体です。それは米国内で彼等への寄付は所得税控除対象となる事を意味します。この免税資格はワシントンDCの米国政府の国税庁 (IRS) によって与えられています。

 あるYouTubeユーザーが非常に興味深い情報を送ってくれました。これは米国税庁によるシーシェパードの免税資格に異議申し立てをする方法です。もし彼等が免税資格を失うなら、米国内の馬鹿者達からの寄付の大半が枯渇するでしょう。

 以下が私に送られて来た、国税庁へのシーシェパードに対する異議申し立ての方法の情報です:

シーシェパードに対抗するための国税庁のフォーム
フォーム3949A [情報照会]
http://www.irs.gov/pub/irs-pdf/f3949a.pdf

フォーム13909 [非課税組織の苦情 (照会) フォーム]
http://www.unclefed.com/IRS-Forms/2009/f13909.pdf

シーシェパードの登録住所:
216 Halverson Rd. Friday Harbor Washington 98250
PO BOX 2616

代表:ポール・ワトソン (Paul Watson)
CEO:スティーヴ・ロースト (Steve Roest)
ピーター・ハッマーステッド (Peter Hammarstedt) はカナダで指名手配中である。
また彼等に関するその他の根拠に言及するのもいい。

彼等の米国法人番号:93-0792021

彼等の違反行為は寄付金をテロ活動に用いている事である。彼等がこれまで船を沈めるために爆薬を使って来た事や、体当たりをしたり劇薬を仕様した事に言及するのもいい。




この異議申し立ては、それが日本鯨類研究所 (ICR) から申請されればより大きな影響を持つ事になります。日本鯨類研究所にどうかこの情報を知らせて下さい。この情報を日本語で送ればより良いかもしれません。私はこれまで2回メールを出していますが返答が来た事がありません。以下が彼等のウェブサイトに出ているメールアドレスです:
webmaster@icrwhale.org

それとも、彼等に連絡出来る日本人を誰かご存知ですか?

以下は実際にシーシェパードが提出した2008年度の納税申告書ですが、ここに興味深い事が書かれています。26ページの彼等の説明を見れば、日本によって2人のメンバーを人質に取られたと、彼等が如何に嘘をついているかが分ります。これはこの2名が日本の捕鯨船に手紙を届けるために不法侵入した時に関するものです。
http://www.box.net/shared/dflc9mnzrn

彼等が書いたその他の嘘の説明も読んでみるといいでしょう。この資料は全て訴訟の根拠と出来るものであり、日本鯨類研究所は行動を起こすべきです。

数ヶ月前に、ワシントン州の認可に異議申し立てをする方法を説明した動画をアップした事を覚えているでしょうか? 日本鯨類研究所はそれを行ったのでしょうか? この動画のタイトルは:「Sea Shepherd purposely and illegally rams and slams into a Japanese ship」(シーシェパードは意図的・不法に日本の船舶に体当たりしている) です。

以下はその動画に関する情報です:

シーシェパードの不法侵入の動画
http://www.youtube.com/watch?v=-73OTQsjMJg

ワシントン州のサム・リード州務長官
http://www.sos.wa.gov/office/default.aspx

シーシェパードの登録データ:
http://www.sos.wa.gov/corps/search_detail.aspx?ubi=602021149

シーシェパードの法人資料 (ワシントン州)
https://www.sos.wa.gov/corps/OrderDocs.aspx?ubi=602021149

ニュース記事:
『捕鯨の抗議者が日本で有罪に』(AP通信 2010年2月16日)
http://www.ctv.ca/servlet/ArticleNews/story/CTVNews/20100216/ whaling_protester_100216/ 20100216?hub=SciTech


 以下はオーストラリアの国家警察がシーシェパードを侵入者撃退の訓練をしている写真ですが、一体何なのだこれは?

http://www.facebook.com/album.php?aid=171430&id=253536396780&ref=mf

 あなたにこの情報を送るので、もし日本鯨類研究所に送って頂けるなら彼等もこの情報を入手する事になります。行動を起こすかどうかは彼等次第です。突然のお願いを失礼します。数週間前に別な日本のYouTubeユーザーにこの情報を送りましたが、今の時点でも返事がないので。

 シーシェパードのガキ共をストップする必要がある。彼等の資金源にダメージを与える事がその不法行為を枯渇させる事に繋がると思います。

トニー

[訳=岩谷] (原文:英語)
【続きを読む】
スポンサーサイト

中国軍が海軍勢力の拡張を探求 (NYタイムズ)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。