Red Fox

読まずにレッテル貼りをする人は出入り禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人体の不思議展」の終了と告発

 23日まで京都で開催されていた「人体の不思議展」に展示されている人体標本を厚生労働省が「遺体」との見解を出したニュースが19日に報じられ、更に同日に京都の教授が人体の不思議展実行委員会を提訴するなど、先日突如「人体の不思議展」が話題になり、当ブログの人体展関連エントリーや関連したYouTube動画にも相当数のアクセスがあった。

 ミクシィのニュース日記やはてなブックマーク、2ちゃんねる辺りでも一部、なぜこの時期にこの問題が浮上し、どういう意図で訴訟が行なわれたのかが全く理解されてなく、今頃になってどうしてとか、宗川教授を批判する声も目立っていたので、この経緯に関してある程度詳しく解説してみようと思う。


11月に「人体の不思議展」が打ち切りを発表している

 これは実際突然降って湧いた話ではなく、2006年以来の全国各地での批判運動の結果、4年半経ってようやく行政が動いたという事である。

 右の写真の京都展の案内にも「最終公開」と表示されているように、「人体の不思議展」は京都展開催前月の昨年11月初めに2012年で開催を打ち切る事を発表している。[>>1]

 2002年に開始した「人体の不思議展」に対して開催各地の医師や市民グループによる批判声明が出されるようになったのは2006年以降であるが、特に2008年からは全日本民主医療機関連合会 (全日本民医連) と全国保険医団体連合会 (保団連) の各地支部が「人体の不思議展」の各地の開催の度に批判や開催中止要求声明を発表するようになった。

 それまでは主催や後援に地元メディアや自治体、教育委員会や医師会などが鈴なり状態だったのが、2008年には後援団体が開催前に降りてしまうケースが相次ぎ、その後には後援が全くつかない状態になっていた。[>>2]

 そういった状況の中、昨年8月の金沢展に対しそれまでの民医連と保団連に加え、石川県医師会と金沢市医師会が反対声明を発表、10月に日本解剖学会が「人体標本の展示に関するガイドライン」を策定、それに続く12月の京都展に対し10月に京都府医師会から開催中止要望が出されるなど、「人体の不思議展」側が開催の継続が今後困難になると判断したのではないかと思われる。

写真:2010年12月4日から2011年1月23日まで京都市勧業館みよこめっせで開催された「人体の不思議展」京都展。(トーカイブログ)

[特集『人体展と中国の人体闇市場』トップページに戻る]


【続きを読む】
スポンサーサイト

『君が代』の話

 1980年のウィーン国立歌劇場の日本公演の冒頭で演奏された『君が代』が密かに名演として知られている。
 この日の演目のモーツァルトの歌劇『フィガロの結婚』の開演前に、『君が代』とオーストリア国歌『山岳の国、大河の国』が演奏された。指揮はカール・ベーム。

 国際親善的性格の強い演奏会の初日や、特に皇族・王族が招待されている演奏会で冒頭で国歌が演奏されるのは国際的な慣習だが、この日は皇族がみえていたようである。

 これは普段聞き慣れているNHKの『君が代』(恐らくNHK交響楽団) と比べると全く異質のアプローチの「ウィーン風」の『君が代』だが、ここまで崇高に情感溢れる『君が代』というのもまた一聴の価値がある。

写真:横浜の妙香寺の境内に集まった薩摩藩軍楽隊 (1870年/明治3年頃) (横浜美術館蔵/The Brass Cruise)

「君が代」&「山岳の国、大河の国」(豪華版)
ウィーン国立歌劇場管弦楽団、カール・ベーム (指揮)
1980年9月30日、東京文化会館
chieking. 『「君が代」&「山岳の国、大河の国」(豪華版)』. ニコニコ動画, 2009年02月21日 06:37.

 ウィーン国立歌劇場管弦楽団の『君が代』の演奏は一言で言えば「ひたすら丁寧」である。

 古今和歌集の短歌を用いて、雅楽師によって作られた『君が代』は全体がテンポの遅いモノリズム[>>1]による韻律であり、テクスチュア的に劇的な効果を出せる要素のない曲のため、スポーツの試合の開幕で歌われるような場合でも日本人でも上手く歌いこなすのは難しい曲だ。

 それに対して、ウィーン国立歌劇場の場合はダイナミック (強弱) 変化をかなりつけ、一音一音を伸ばす度に泣きを入れ、流さずに一音一音をはっきり発音するという、何と言うかシンプルなものに超豪華な飾り付けを施すというタイプの解釈で、何となく彼等の範疇にない種類の音楽を苦肉の策で演奏しているようにも聞こえるが、それはそれで情緒溢れる素晴らしい仕上がりになっていると思う。


 以下お馴染みのNHKの放送終了時の『君が代』。こちらは対照的に飾り付けのない朗々とした演奏である。[>>17]

NHKの君が代
hujibusa. 『NHK東京 総合デジタルテレビジョン(JOAK-DTV) 放送休止』. YouTube, 2008年10月16日.
動画削除のため差し替え(2011-4-28):koooooooooochi. 『NHK総合デジタル 高知放送局 オープニング 2011-01-17』. YouTube, 2011/01/17.
動画削除のため差し替え(2011-8-19):yumejix. 『Japanese national anthem Kimigayo 君が代』. Dailymotion, 2006/08/14.

 やはり興味深いのは、このNHKの演奏を聴けば日本語の歌詞がありありと浮かんで来るのだが、ウィーン国立歌劇場の場合はそこに日本語の感覚が存在しないのである。



【続きを読む】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。