Red Fox

読まずにレッテル貼りをする人は出入り禁止

現代中国の私刑

 中国語版のYouTubeのようなビデオアップロードサイト「YouMaker」に昨年9月に、路上で2人の泥棒を住民がリンチをして殺害するビデオがアップロードされている。

 ビデオでは中国の街角で、泥棒とされる2人に対して住民と見られる複数の人物が執拗に殴る蹴るの暴行を加えブロックで打ちのめして、投稿者によるとこのリンチを受けた人物は死亡したとの事である (ビデオの最後では頭から血を流して動かなくなっている)。

 清朝末期の公開斬首処刑に見物人が沢山集まっていたり、90年代の死刑囚の連行に黒山の人だかりの見物人が群がり、死刑執行の際にも不必要に大人数の武装警察が見物をしていたりなど、現代に至って中国の民衆が残虐行為を好んで見物する例を当ブログでこれまでにも幾つか取り上げた事があったが、今回のビデオに関しては中国にカムコーダーが普及して以降のものである事は確かなので、これは少なくともここ数年以内に撮影されたものと推定される。

 暴力シーンが苦手な方にはお勧めしない。

[『中国の処刑文化と支那事変』トップページに戻る]

註:YouMakerの埋め込みはブラウザによっては広告が出るだけで動画自体が再生されない事があるので、その場合は元サイトの方を参照下さい。

二人の泥棒が住民に生け捕りにされリンチを受けた。
聞く所によると撲殺されたとのこと


提供:pineapple
加入2007-05-21 19:26:01
長さ3分18秒
解説罪は死に至るものではない。どうしてこのように痛ましく残酷な...
カテゴリニュースと評論
タグ泥棒 撲殺
pineapple. 『両個小偸被居民活捉之後就招到暴打.聴説還被打死了』. YouMaker, May 21, 2007. [Internet Archive]
joeyjack. 『‘活活打死’在中國大陸偷竊的後果(少儿不宜)』. YouMaker, 2007-10-25 09:12:18.


このビデオへのコメント:

wocallt 2007-09-06 15:22:12 
事件に関してまずコメントをする。ビデオに見られる行為は本当に残忍で非人道的であり、携帯電話で最初に見た時恐怖を感じた。特に彼等が豚の屠殺のように打たれている時、正視するに耐えなかった。恐ろし過ぎる。
このような行為に私は賛成出来ない。
しかし、彼等の行為に関して、特に被害者の家族がそれを見るなら、憎しみを解消する事が出来ないと感じるだろう。(中略)

ビデオで打たれている人達は強盗犯であり、これ以上のたとえ話は不要だろう。
彼等はその近隣の人々に恐怖を与えていたのだから...
ssh5123 2007-09-19 03:53:29 [台湾]
国には法律があり、法律に乗っ取って処罰する事が出来るのに、何故死に至らせなければならないのか? 人を許して付き合って行かなければならない:人々が中国の法律が人民に正義を与えると信じている限りは、法律には自ずから正義がある。
skittles 2007-09-22 04:24:12 
どうしてこの2人の人達が残忍な人々によって蹴られているのか教えて下さい。
mj9889 2007-09-28 03:42:49 [マレーシア]
罪は死に至らせるものではないが、少なくとも打ちのめされるべきである。
mj9889 2007-09-28 03:45:55
もし強盗犯で凶器を持っていたのであれば、私はこのビデオの暴力行為には賛成する! 自分だって同じようにやるだろう!
family1234 2007-10-25 16:21:44 [台湾?]
余りに悲惨で耐えられない。
i12bsuperman 2007-10-25 17:56:29 [シンガポール]
本当に残忍過ぎる!どうして誰も彼等を止めないのだ?教え諭す事は出来なかったのか?彼等も人間だ。彼等の痛ましい泣き声を聞け。。石で打たれた彼等が死んでいない事を願う。
lizard 2007-10-26 03:46:31 [中国?]
私刑を行うのでは法や人権の観念がないに等しい。
inhouse85 2007-10-26 07:39:11 [シンガポール]
畜生め
お前達は人間か?
今はどんな時代だと思っているんだ?
人を殴る権力があるのなら、
それは自分の身内であるべきだ。
教訓とは人を打ち殺す事ではない。。母親や祖父母が叩くように。。
お前達は殴る事が止められず、
むしろ楽しんでいるように見える。
他人の苦痛の上に楽しみを感じるとは
非情な奴等だ。
・・・・・・・・お前達の事だ。
c1998521 2007-10-27 18:17:17 [台湾?]
人治国家、野蛮な社会文化。
adswy 2007-10-31 12:21:04
全ては共産制度がもたらす悪の結果であり、沒人間的な社会文化を救わなければならない。
kyaw65 2007-11-09 18:16:43 [台湾]
幹の泥アリのような大陸仁義
dragonball13 2008-01-05 02:24:39
その盗人が前世ではあなたの親友や恋人や家族であるかもしれないのに、それを知らずに報復をする。中国のどうしようもない文化を改革して、人を悲しませる事なく、世界が一つで平和で、怒りや恨みや嫉妬のない空間によく考えた上で実行して再生をするのだ。
conception1113 2008-01-11 06:10:34 [日本]
中国人は凶暴だと思う。
中国はオリンピック開催に価しない。

[訳=岩谷] (原文:中国語)


見物人が大勢見ている
 前近代には権力側による見せしめとしての公開処刑は世界中で行われていた訳であるが、中国に関しては現代に至ってもそういう国である。

 しかしこのビデオの場合は、詳しい状況は書かれていないが、映像を見る限りは恐らく泥棒か強盗に入られた側が犯人を撲殺したという状況で、公開処刑とは異なるケースである。恐らく警察や治安機構がしっかりしていない地域に特にこういう事が起こるのではないかと思われる。ビデオに映っている近隣住民は全員殺気立って見える事から、この地域で盗賊の常習犯か何かだったのではないかと思われ、これも「自分の身は自分で守る」「他人の事は知った事ではない」「やる時は徹底的にやる」という中国人の性質が顕著に表れた事件に見える。

 更に音声を聞く限りでは、泣き声だか歓声だかいろいろ入り乱れていて、見物人が興奮して楽しんでいる様子にも聞こえる。


見物人はただ見ているというよりもむしろ取り囲んで逃げられないようにしている
 しかしこういう私刑に等しい行為が白昼堂々町中で行われると言うのは、中国人は基本的に政府や警察を信用していないという状況が想像される。このビデオは昨年9月にアップされたものであり少なくとも4ヶ月前のもので、中国の事なので撲殺をした人達が既に死刑になっている可能性もある。

 このビデオのコメント欄では否定的な意見が台湾人に多く、逆にマレーシア華僑と思われる投稿者「mj9889」が正当防衛と民衆による懲罰を奨励している。日本人の感覚からはかなり別世界の人達に見えるが、やはり国家と警察を信用してない点では華僑も同じなのかもしれない。

 ちなみにこのビデオを投稿した「pineapple」氏は、アカウント情報によるとテキサス在住となっており、ビデオ撮影者とは恐らく別人である。





余談:

 このリンチビデオで歓声を上げてる見物人で思い出すのが、昨年5月に英スカイニュースで報じられた、中国北部のハルビンのサファリパークで、客が料金を支払うと、生きたニワトリや生きた牛を虎に与えることが出来ると言うアトラクションのニュース。

 このビデオには、池の鯉にエサを与えるように、虎に生きた鶏を与えたり、生きた牛が食べられる様子を大喜びで歓声を上げながら見ている中国人の観客の様子が映されている。


中国の動物園:動物収容所
ピーター・シャープ (中国特派員)
スカイニュース 2007年5月22日 (火) 17:57


字幕・訳=岩谷

wortley. "China's Zoos: 'Asylums For Animals'". YouTube, May 21, 2007.

(ビデオ音声のテキスト)

 中国の動物園は「狂気の動物収容所」であり国の恥であると形容されている。そこでは生きた動物が見世物としてライオンや虎に与えられている。


動物達は芸当をやるように訓練されている
 動物権利活動家は10年間そこでの動物生存のコンディションをモニターしているが、そこには「何の改善もない」とスカイニュースに語った。

 運動員であるジョン・ウェダーバーン氏は「4~5年経って同じ動物園を訪れても、同じ動物が同じ小さい檻に未だに捕えられている。それは「Zoochosis」[動物園精神疾患][*1]と呼ばれ、動物達は刺激のない生活ですっかり感情を失っている」と語った。
*1. zoo-chosis: zoo (動物園) と psychosis (精神疾患) をかけた造語。

 熊が炎の棒を振り回してオートバイに乗る訓練をされているステージショーは批判の的となっている。

 ある動物園では、3歳の熊が衣装と引き金をつけて、休日の群衆の前で1日に2回車を引っ張っている。

 一方、中国北部のハルビン自然動物公園への旅は気味の悪い光景で終わった。この世界最大のシベリア虎の繁殖センターでは、客が金を払って虎に生きた餌を与える事が奨励されている。ツアーバスに取り付けられた特製の餌やり口で訪問客が鶏を与えるのを虎が待ち構えている。生きた鶏が2.60ポンド [約340円] で牛が100ポンド [約2万1000円] である。

 自然公園側は、虎は自然界に戻されるためのトレーニングを受けているのであって、その料金は自然公園の運営費に充てられていると反論している。


レポートを行うスカイニュースのピーター・シャープ記者
 これは世界動物保護協会に非難をされているが、ウェダーバーン氏は「これは中世レベルである」と表現した。

 野生動物慈善団体のボーンフリー財団のヴァージニア・マックケナ氏は「オリンピックが1年後に迫る中で、中国はこの問題に取り込むチャンスは短いのです。数百万人のスポーツファンの多くが、中国のオリンピックの光景や、中国の古代の文明や文化の思い出ではなく...現在も起こっている恐ろしい動物虐待の印象だけを持って帰る事になり、それは私達にとって苦しみであり怒りである」と語った。

 
[訳=岩谷] (原文:英語)
Sharp, Peter. "China's Zoos: 'Asylums For Animals'". Sky News, May 22, 2007, 17:57. [魚拓]

 ウサギに人参をやる感覚で虎にニワトリを与え、でもそれよりもっとスリルのあるものを求めてこうなった感じに見える。彼らは屠殺を楽しんでいるだけであり、幾ら肉食文化に歴史があり屠殺に抵抗がない国民性と言えども、やはり残虐というものに対する認識に相当ずれが見られる辺りが西洋から批判される所以である。

[『中国の処刑文化と支那事変』トップページに戻る]



スポンサーサイト

当ブログからの引用・転載に関して

当ブログはリンクフリーとしますが、引用や転載に関しては以下の条件においてフリーとします。条件を満たしている限りはその都度許可は必要ありません。

1. 引用元の明示(作者不明の怪文書として拡散しない)
2. 内容の改変をしない(改変する場合は改変者の責任における編集である事を明記)
3. 営利目的に用いない。

なお当ブログにおける記事、写真、動画資料などの引用はフェアユースの条件または権利者の了解において行っているもので、アフィリエイトサイトの場合は条件が異なります。それらの二次転載によって権利者とトラブルになった場合は当ブログとしては責任は負いかねます。

Under section 107 of the U.S. Copyright Act 1976, the fair use of copyrighted materials is not copyright infringement. Article 32 of the Copyright law of Japan allows published works to be quoted for news reporting, criticism and research purposes. This blog is non-profit and using materials for criticism and research purposes that fulfills the condition of fair use.

はてなブックマーク - 現代中国の私刑

コメント

まさかとは思いましたが

ブロックを投げつけた時点で、見る事ができませんでした。相手が強盗とはいえここまで残酷になれるもんでしょうか?
もし家族が犠牲になっていたとしたら・・・ひょっとしたら・・・

  • 2008/01/22(火) 17:38:39 |
  • URL |
  • bao #uP0j07LY
  • [ 編集]

baoさん

まさかですが、ブロックを出して来た時点で確実に殺意はあったでしょう。どっちが強盗だか分かりません。

baoさんは死刑の是非に関するテーマを扱う事が特に最近は多いように思えますが、思えば一昨年秋に『トラクターの上から』に来た死刑廃止論者の方との議論辺りからでしょうか。あれからもう随分時間が経っていますが、あちらではまだ議論が続いているみたいですがw

結局この私刑リンチもその議論に通じるテーマはあると思います。つまり死刑とは被害者の遺族に復讐をさせない代わりに国家がそれを代行するという意味合いがあるのは、アメリカの州によっては犠牲者の遺族に刑の執行を見せるという習慣がある辺りからも、その意味合いは当然ある訳ではありますが、国民が政府を信用していない中国では「復讐をするのは当然である」という考えが強いのかもしれません。

特にビデオにちらっと見える見物人がかなり殺気立っているように見え、リンチの最中も歓声が聞こえるので、やはり並大抵の恨みではない様子は分かります。恐らく単なる泥棒ではないと見るのが順当ではないかとは思うのですが、ただ支那事変の時代のように徹底的な死体損壊まではやらなくなっただけ中国の民度も進歩したと見るべきなのでしょうね。

  • 2008/01/22(火) 18:43:28 |
  • URL |
  • 文太 #gJtHMeAM
  • [ 編集]

わんばんこです。
泥棒に対するリンチですが想像を絶していて吐き気すら覚えました。
いくら窃盗がいけない事だからと言って無抵抗の人間に対して蹴りや殴り、
挙句の果てにはブロックを後頭部に打ち付けるとは・・・日本人からしたら
全く想像できない行為です。
生きた動物を虎に食わせる動画は初めて見ましたが
喜んでいる客のあの異様な目つきは正直同じ人間なのかとすら思います。
生き物に対しての感情と言うのがないとしか・・・
いずれにしても我々日本人とは絶対に相容れない存在だと感じました。

  • 2008/01/22(火) 20:46:48 |
  • URL |
  • 七神 #-
  • [ 編集]

文太さん、こんばんは。

事の前後と時刻を踏まえるとかなり余裕がある筈なのに、警官が来ませんね。
というよりも
警 官 を 呼 び ま せ ん ね 。

民衆にとって、中国という国は、ない、んでしょうね。あらゆる意味で。

  • 2008/01/22(火) 22:56:43 |
  • URL |
  • ぐい呑み #-
  • [ 編集]

七神さん

日本人から全く想像出来ない事を彼等は昔からやって来ているので、だから21世紀になってもこんなもんなんでしょう。そもそも毒歯磨き、毒シロップ、毒ペットフード、毒機関車トーマスなど毒製品を世界にバラ撒いてる国の人達は、路上で人を殺す事を何とも思っていない訳であって、人命軽視の国から製品を輸入すれば毒を盛られる訳です。

そもそも殺す事を楽しむ民族性はあちらの伝統でしょう。肉や血を見る時の感覚が根本的に違います。

  • 2008/01/22(火) 23:00:54 |
  • URL |
  • 文太 #gJtHMeAM
  • [ 編集]

ぐい呑みさん

私が以前住んでいた東海岸のダウンタウンでは事件が多過ぎてちょっとやそっとでは警察は来ませんでしたが、中国の場合もそんな状況なんでしょうか。治安が悪いから公開処刑みたいな事をやるという悪循環ですね。

特に中国の地方は、地元権力者の汚職が凄まじいと聞くし、そんな状況で警察すらも信用されていないのかもしれませんね。そもそも警察に干渉させずに自分達で処刑してしまおうという様子にも見えるし、これでは殆ど無法地帯に等しい状況ですね。この後どうなったのかが気になりますが。

  • 2008/01/22(火) 23:06:22 |
  • URL |
  • 文太 #gJtHMeAM
  • [ 編集]

暴行者が大きな石を持ちだしてきた辺りで背筋が凍ります。
公開裁判といい、町中でのリンチといい、まんま西部劇レベルですよね。

文革のころ、百家争鳴・百花斉放と称する運動がありましたね。それで釣り出された知識人達は次々と紅衛兵に撲殺されたわけですが、そういうことを繰り返していれば政府や社会に対する信頼なんて芽生える筈もないでしょう。最近になって、公務員の不正を通報できるシステムをネット上に整備したらしいんですが、人民の皆様は全く真面目に使う気がないそうです。そらまぁそうでしょう、下手したら文革時の知識人の二の舞なんですから。

>ハルビン自然動物公園への旅は気味の悪い光景

例によって動物の動画は見られず・・・。虎は好きなんじゃないのか、と皮肉られそうですが・・・(笑)。

それはともかく、「自然界に戻すトレーニング」とは、よくもヌケヌケと言いますよね。
仮にトレーニングが必要であったとしても、衆人環視のなかで行われるべきではない、というコンセンサスが、一般に西欧諸国や日本などにはあるわけで、その辺りには考えが及ばないのでしょうか。まるで、聞きかじりの知識で大人に反論するガキのようです。
(そういや、BBCなんぞはテレビで捕鯨シーンを繰り返し流してくれやがったそうですな)

いずれせよ、中国の皆様は楽しくて仕方ないらしいですから、何を言っても無駄なのかも知れません。我々としては「敬遠するに如くは無し」ということかと思います。

  • 2008/01/25(金) 20:14:13 |
  • URL |
  • 虎御前 #WzzJX4NY
  • [ 編集]

虎御前さん

支那事変の時代の中国でも、公開斬首や市中引き回しのような日本の江戸時代か戦国時代のような事をやっていた訳だし、そう考えれば今の中国がせいぜい西部劇レベルであっても、不思議はないのかもしれません。

文革の原因は権力争いが発端で、知識人が釣り出されて殺戮されたというのも、最初から計画的であったというよりもむしろ煽動の結果収集が付かなくなった無計画な面もあるように思いますが、だからこそ余計中国の人民も、時代や政局如何で何が起こるか分からないという警戒心は、あの国の人達は本能的に持っているのではないかと思いますね。

HNに「虎」があれば虎好きというイメージがありますねw 実際何で「虎」なんですか?

それにしても、野生の状態の虎の食物として牛や鶏がその辺にゾロゾロいる訳じゃあるまいし何の詭弁かと思いますね。そんな状態で人間や自動車を恐れない虎を自然界に放したって、人里に出て来て牛のいる牧場を襲うのが関の山でしょう。

今回のシーシェパードの件でも、一番積極的に報じてるのがイギリスメディアなのですが、イギリスと言えば毛皮のコートを来た女性が暴漢に襲われたりなど、狂信的動物愛護のメッカであるというイメージがありますね。BBCはこちらでは見られないので映像では見ていませんが。

  • 2008/01/26(土) 16:10:18 |
  • URL |
  • 文太 #gJtHMeAM
  • [ 編集]

文太さん

>実際何で「虎」なんですか?

いやなに、大した理由ではなくて。
どういうタイトルだったか、以前読んだ小説のなかに、膂力のない竹中半兵衛は細身の太刀に虎御前と名付けて帯びていた、とありまして(事実かどうかは知らないです)。なんとなくその風姿が気に入っていたので使用しております。
まぁでも動物は好きです。こちらのブログの狐の写真、一体何枚あるのだろうと注目してもいますから。

>シーシェパードの件でも、一番積極的に報じてるのがイギリスメディア

らしいですね。最近も少女の抗議活動とかで騒いでいるそうですし。
悪意さえ感じさせるほどに手厳しいのが英国流なんでしょうけど、非白人にして一応先進国民の日本人としては、どうにも受け取り方が難しい面があるように思われます。

BBCの放送に関しては、これは最近の話ではないです。ちょっと書き方が拙かったですね、申し訳ない。
ただ、私も自分で見たわけではないですが、かつて朝日新聞の投稿欄に「BBCで捕鯨シーンが繰り返し流れ、美味そうに肉を頬張る東洋人の顔がアップに映った。遊びに来ていた英国人の子供が泣き出して困惑した」てな感じの英国滞在経験者からの投稿が載り、あざといことをするな、と思ったので記憶に残っています。

考えてみれば、昨日今日の問題じゃないんですよね。向こうは着々と反捕鯨世論の構築に取り組んできていたわけですから。

  • 2008/01/26(土) 23:23:42 |
  • URL |
  • 虎御前 #WzzJX4NY
  • [ 編集]

虎御前さん

竹中半兵衛ですか。蘇我物語の方かと思ってました。

トップのキツネは通算すると43代目ですが、まだまだありますw。そう言えば2ちゃんねるでこのブログの命名理由が、アメリカの保守系メディアの「Redstate」と「Fox News」にちなんだものだと解釈されていましたが、実際どうして「Red Fox」になったかと言うのは夢を壊してはいけないので伏せておく事にしますw

イギリスや西欧がどうしてここまでヒステリックな捕鯨反対になっているのか、日本でも様々な分析がされていますが、西欧と言ってもそれぞれ微妙に違い一枚岩ではない訳で、恐らく複合的な理由であろうと思います。そこら辺はまたエントリーにしようかと思っています。

ただアメリカ人を見ていて受ける印象は、やはりかつて世界を制覇した白人主義へのリバウンスとキリスト教的な懺悔的な精神と、潜在意識的に持っている白人優位主義のその矛盾が、そのスケープゴートとして過度な動物愛護と日本バッシングになっているように思えますね。

逆輸入外圧報道というのは朝日新聞を始め日本のメディアのお家芸ですね。

  • 2008/01/27(日) 16:52:26 |
  • URL |
  • 文太 #gJtHMeAM
  • [ 編集]

嘘を嘘と見抜く力も必要
これはプロレスごっこww

  • 2008/04/16(水) 22:26:36 |
  • URL |
  • ぴろゆき #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

コメントは承認制とさせて頂いております。
エントリーと無関係のご要件はツイッターやメールフォーム、又は足跡帳にて受け付けます。

管理者にだけ表示を許可する

初めてコメントされる方へ:
ネットの匿名性による安易さから非常識な訪問者が時々あるためコメントは承認制とさせて頂いております。当サイトはリサーチや情報発信を目的とする非営利サイトであり顧客サービス業ではないため、初めてコメントされる方は以下の点をご留意頂きますようお願いします。

・エントリーを読んだ形跡がないコメントや、エントリーと無関係なコメントなど、掲載する必然性のないものは受け付けません。

発言責任の所在が不明なクレームの類いは、原則として当サイトに対応義務はありません。クレームは出す側にも発言責任が生じますので通りすがりや名無しによるクレームは受け付けません。アクティブなソーシャルメディアID (ツイッターやFacebook等) や固定サイトなど、ネット上アイデンティティをご提示下さい。

・初来コメントの多くがコメントの後にアクセスのない「通りすがりの書き捨て」でレスをする意味がないため、初來コメントへのレスは同一IPによる再度のアクセスが確認出来た方に限らせて頂きます。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://redfox2667.blog111.fc2.com/tb.php/138-59b8421f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)
当ブログは非営利サイトとして著作物資料のフェアユース掲載をしている関係上、営利サイトの広告TBは承認出来ませんのでご了承下さい。

チベット問題って何さ?

最近何かと話題のチベット問題。でも実際チベット問題って何なの?と思う人はきっと多いはず( ^ω^)といっても僕も大体のことしかしらないのだけど。新聞とかでもなかなか「虐殺」「拷問」「民族浄化(男は去勢、女は強姦)」ってところまでは書いていない気もするのだけ?...

  • 2008/04/21(月) 22:19:12 |
  • ヲタク入門中

チベット問題って何さ?

最近何かと話題のチベット問題。でも実際チベット問題って何なの?と思う人はきっと多いはず( ^ω^)といっても僕も大体のことしかしらないのだけど。新聞とかでもなかなか「虐殺」「拷問」「民族浄化(男は去勢、女は強姦)」ってところまでは書いていない気もするのだけ?...

  • 2008/04/08(火) 17:41:27 |
  • ヲタク入門中

FC2Ad