Red Fox

読まずにレッテル貼りをする人は出入り禁止

【Students for a Free Tibet 2】万里の長城に「Free Tibet」垂れ幕 SFT抗議活動

(greatwallaction - flickr) [A]

 エベレストでのフリーチベット抗議の3ヶ月後、北京オリンピック1年前のカウントダウンの前日の2007年8月7日の朝には『Students for a Free Tibet』(SFT)によって万里の長城に「フリーチベット2008」の垂れ幕がかけられ、英国、米国、カナダ人メンバーが中国当局に拘束されるというハプニングが起こっている。

 垂れ幕設置を実行した米国人3名、カナダ人2名、英国人1名の6人がまず拘束され、その後このSFTのリーダーであるカナダ国籍チベット人のラドン・テトンさんら2名が翌日8月8日の午後に北京で拘束され、その後全員が釈放され国外退去となっている。

 ワイヤーに吊り下がって垂れ幕設置を実行しているのはカナダ人の2人で、そのうち右側のサム・プライスさんは6年前に中国のカナダ通商使節団に抗議行動を行い4時間拘束された後にカナダに送還されているという人物である。

[特集『Students for a Free Tibet』トップページに戻る]




(greatwallaction - flickr) [B]


サム・プライスさん (カナダ) (greatwallaction - flickr) [C]


メラニー・ラウールさん (カナダ) (greatwallaction - flickr) [D]

(greatwallaction - flickr) [E]


 この時もやはりエベレストの時と同様に、撮影終了後に直ちに抗議活動実行の5分の実況映像がYouTubeにアップされており[>>1]、カナダCTVの記事[>>2]によれば中国の監視を避けるために携帯電話で撮影されライブウェブカムのネット経由でニューヨークの本部に送られ、そこからYouTubeにアップされたとの事。結局釈放される時に携帯を没収されなかったため、彼等の帰国後の8月11日に以下の高画質版がYouTubeにアップされている。


万里の長城でのフリーチベット抗議活動 (高画質)
Free Tibet Great Wall Banner High-Resolution
(0'58")
SFTHQ. "Free Tibet Great Wall Banner High-Resolution". YouTube, August 11, 2007.

 4月のエベレストでの抗議活動は、チベット内で初の国外の活動家によるオリンピック批判であり、その 4ヶ月後の万里の長城の垂れ幕は2時間そのままの状態だったらしく、オリンピックのカウントダウンに浮かれる北京で、中国当局にとっては面目丸つぶれの大失態である。


 実際YouTubeが一般的にポピュラーになったのは2006年の夏以降で、これは本当にまだ新しいツールであり、数年前には考えられなかった方法でリアルタイムで世界にメッセージが発信されてしまうと言う事が、一般ユーザーにとってこの1-2年で可能になったという訳である。

 また、携帯電話にカメラ機能が標準で付くようになったのはこの4-5年ほどの事で、動画撮影機能が付くようになったのは更に最近の事。それが若い世代中心の活動グループだからこそいとも自然に最新テクノロジー前提の活動になっているという事でもある。


 例えば昨年春の『フェイク・オブ南京』や年末の『白豪主義オーストラリアと反捕鯨』など非常に反響の大きい動画がYouTubeに出現して物議を醸し出したりなど、文字サイトよりももっとダイレクトにメッセージが伝わり易い映像メディアを発信する手段を一般ユーザーが持ってしまった事により、当局が取り締まる前に証拠映像をネットに流してしまうというゲリラ戦法が可能になったという、中国にとっては丁度北京オリンピックに先駆ける2年ほどの間に発達したメディアによって、世界に情報が筒抜けになってしまうという何ともタイミングの悪い事態とも言える。

 これらの計画は1年前から周到に準備されていたようである。

 それにしても中国も欧米の若者におちょくられているようである(笑)
 オリンピック前という時期に垂れ幕を下げたというだけの理由で米国民、英国民、カナダ国民に対して下手な事は出来ないという状況であろうし、大抵が数時間から2日で釈放されている訳で、中国の対応も随分と甘くはなっている印象もある。


 以下はプライスさんとラウールさんが拘束されている時点での、カナダのCBCニュースの報道。

万里の長城の「フリーチベット」抗議をカナダCBCニュースが報じる (3'12")
2007年8月7日

Original: Rangzen08. CBC News Covers Free Tibet Protest on Great Wall. YouTube, October 15, 2007.

(テキストで見る)
[訳・字幕=岩谷]



同じ頃、SFTのテトン代表はIOCロゲ会長との接触を試みる

 この万里の長城の垂れ幕の設置が行われていた7日朝には、「Students for a Free Tibet」のラドン・テトン代表が、北京のハイアットホテルでIOCのロゲ会長と接触を試みてけんもほろろにされたという裏話もある。


北京オリンピックはプレッシャーの下にある:チベット人活動家でスポ-クスパーソンが拘束される
国際女性展望 2007年8月8日
ルイーズ・ベルフラージェ(スウェーデン)

 2008年北京オリンピックが1年後に迫った昨日8月8日は中国にとってはお目出度い日であった。ただ残念ながらチベット独立運動とその広報活動で有名な、『Students for a Free Tibet』のラドン・テトン代表が容疑不詳で中国当局に拘束された。彼女はオリンピックの1年前における中国の人権状況の調査のために中国に6日間滞在しただけだった。


2007年3月10日、ニューヨークでスピーチを行うSFTのラドン・テトン代表(写真:SFT提供)

 チベット人女性のテトンさんはカナダで生まれ育ち、この10年間は若者によるチベット独立運動を築くのに熱心に活動している。彼女は数多くの場でチベットの状況に関して語り、特に1998年にワシントンDCで開かれたチベット自由コンサートでは6万6000人の前で演説を行った。彼女はまたブログ『北京ワイド・オープン』で膨大な数の支持者を得ている。

 北京滞在3日目に、彼女のブログは広く知られるようになった。特にチベットでは多くの人が彼女の勇敢な中国訪問を見守っていた。チベットのために彼女が自分自身の自由を危険に晒していたからである。拘束される前にテドンさんは「オリンピックは中国に変化を促すチャンスであり、北京政権の仮面を剥がすのが私達の責任です」と語った。

 まず中国当局は数人のガードマンをテドンさんに同行させたが、5日目には30人の私服SPや車両が彼女の一挙一動に付いて廻った。

 8月8日の朝、万里の長城に「自由チベット」と書かれた垂れ幕が海外の活動家によって吊るされた事を彼女はブログで報告し、「言葉にならない。6人の驚くべき人達がチベットの人々を守るために火中の栗を拾ったのです」と書いた。3人のアメリカ人、2人のカナダ人、1人のイギリス人の6人が、2時間後に国家安全を脅かしたという告発で拘束され、活動家達の現在の状況は分かっていない。


8月7日の長城の抗議垂れ幕の写真。

 『北京ワイドオープン』に投稿された読者投稿には、彼女と万里の長城での活動に対して多くの支持のコメントが寄せられた。

 「長城の6人に感謝する。希望、涙、大胆な行動による不屈のサポート、勇気とそのリスクでもって皆さんは私達を満たしてくれた。安全を祈っている。どうもありがとうございました」

 「頑張れSFTとラドンさん! 自由チベット! IOCよ恥を知れ。諦めるな! チベットは自由になる!」とのコメントもあった。

 テトンさんは8月7日にジャック・ロゲIOC会長と面会して、中国とその人権問題に対して話す事を試みていたが、面会が断られたためにホテルに直接出向き、彼を待っていた。ロゲ会長が現れたので彼女は彼をつかまえてチベットの事を話したいと伝えたが、完全に無視され、警備員に押しのけられたと、SFTのテンジン・ドルジ副代表はニューヨークから電話で本紙に対し語った。

 8月8日にテトンさんは、チベット自由運動の長年の支持者である仲間のポール・ゴールディングさんと共に中国当局に拘束され、まず北京警察に連れて行かれ取り調べを受け、それから香港に送られそこで開放された。

 ドルジェさんは「平和と人道というオリンピックの理想を中国が宣言するまさしくその瞬間に、中国はテトンさんが北京オリンピックやチベットに関して自由に意見を述べる事を許さず黙らせたという事だ。この1年前のカウントダウンは、中国が自由で開かれた社会と宣伝する努力と相反する露骨なプロパガンダを露呈させる事となった」と語った。

 そのような状況でブログに書かれたラドンさん自身のコメントは更に率直であった:

 「中国政府が世界に嘘を売ろうとする、これはまさしくそういう事です。彼等はオリンピックのスポットライトが欲しく、国際的なイメージを良くしたいだけであって、実際その権威主義を変える積もりなど更々ない。首都を飾り付けているだけに過ぎず何ら問題は改善していない」

 テトンさんとゴールディングさんが香港で開放された報告を受けドルジさんは、テトンさんがまた中国に戻る事が出来る事を信じていると付け加えた。彼女の望みは中国の人権蹂躙を報告しチベットの自由のために戦う事であると。

[訳=岩谷] (原文:英語)
*本翻訳の転載には許可を必要としないが必ず出典元を明記の事。
Belfrage, Louise. "Beijing Under Olympic Pressure: Tibetan Activists And Vocal Spokesperson Detained". Women's International Perspective, August 8, 2007. [魚拓]

 ハイヤットホテルでのロゲ会長との一部始終を彼女の同行メンバーがビデオで撮影しており、SFTは早速それを同日YouTubeにアップしている。


ラドン・テトンがジャック・ロゲ会長のインタビューを試みる
北京ハイヤットホテル 2007年8月7日 (3'20")
beijing wide open. "Lhadon Tethong confronts Jacques Rogge". YouTube, August 6, 2007.
(これは通信障害で音声が非常に不明瞭で内容が半分位しか聞き取れないので訳は不可能)

 実際彼女は、この前日の8月6日に天安門広場からIOCに電話してロゲ会長との面会を申し込んでおり・・・

IOCへの電話 (4'35")
2007年8月6日
Original: beijing wide open. "Conversation with IOC". YouTube, August 6, 2008.

(テキストで見る)
[訳・字幕=岩谷]

・・・しかし返事が来なかったため、6日の晩に彼女がハイヤットホテルを訪れ、彼女がをロゲ会長宛の手紙をブログに掲載した事、それから天安門広場でIOCへ電話した様子をYouTubeにポストして世界中がそれを見る事が出来、既に2万人のアクセスがあったとマネージャーに伝えたため、IOCのコミュニケーション・コーディネーターのロバート・ロックスバロー氏と非公式の面会を持ち、最終的に多忙を理由にロゲ会長との面会を断られ、翌日にもう一度ホテルを訪れ突撃インタビューを試みたという顛末のようである。


 以下はラドン・テトンさんが8月8日午後に中国当局に拘束される前夜、カナダのCTV系の朝のニュースショーの『カナダAM』に北京から中継でインタビュー出演した時のビデオ。『カナダAM』はカナダの朝で、北京の現地時間は7日の夜。

『カナダAM』でのラドン・テトンさんのインタビュー (4'53")
2007年8月7日
SFTHQ. "Lhadon interview on Canada AM". YouTube, August 7, 2008.

キャスター:ビバリー・トムソン

(テキストで見る)
[訳・字幕=岩谷]

 結果としてテトンさん達は解放され何事もなかった訳であるが、エベレストの時と同様に、映像証拠をリアルタイムでYouTubeにアップしてそれを世界が知る事になってしまった為に、五輪前に世界の評判を気にしている中国当局としては速やかに釈放せざるを得なかったという、そういう辺りで実行グループ側の作戦勝ちという辺りだろうか。

 それでも印象的なのはやはり、カナダのニュース番組で語られている中国のイメージというものが、やはりいざとなると何が起こるか分からない不気味な監視社会の一党独裁国家という、依然としてそういう認識が根強いという辺りが、キャスターの発言からも伝わって来る辺りである。


2007年8月9日午前4時頃(現地時間)、香港空港にて(左より)現場実行のピート・スペラーさん (英、ケンブリッジ)、ワイヤーにぶら下がって垂れ幕を張ったサム・プライスさんとメラニー・ラウールさん (両カナダ・バンクーバー)、現場実行のナパー・マディさん (米カリフォルニア)、ラドン・テトンさん、現場実行のドゥアンヌ・マルティネスさん (米カリフォルニア) とレスリー・コープさん (米ミネソタ)、テトンさんの撮影を行っていて一緒に拘束されたポール・ゴールディングさん (英) (Students for a Free Tibet - WIP) [F]

(The Tibet Secret) [G1]
 ここで興味深いのは、何故欧米の若者がここまでチベットに熱狂しているのかという事で、対イスラム戦争に疲れた欧米が仏教に何か安らぎを求めているのか、冷戦時代から持っているアンチ共産という潜在的な意識が現在唯一の共産大国の中国に対して向いているのか、いずれにしてもチベットが中国の人権蹂躙のシンボルとして考えられている事は確かであり、そういう面では彼等の方法が支持者を集めて10年で国際組織にまで発展したのは成功と言えるだろう。

 つまりチベットの「非暴力主義」が欧米に与えているインパクトも大きく、そこに全く対極的に位置する軍拡覇権主義の一党独裁の「レッドチャイナ」という、これもまたシンボリックな組み合わせでもある。

 「活動家」と言えば過激なイメージもあるが、この欧米の若者達は何というか明るいと言うか発想が楽しいと言うか。いずれにしても、破壊活動を伴わない外国人による抗議活動には中国当局もどうしようもないという、そういう構図が露呈した形である。



(The Tibet Secret)[G2]


 ただ、上記のYouTubeの動画に付いているコメントを見ると、やはり欧米人の書き込みで目立つ声が「中国人が悪いのではなく、悪いのは共産主義と中国政府だ」という主張で、中国人自体を批判するとマイナスポイントが付けられてしまうという、やはり人種差別に過敏になっている欧米の場合はどうしても「悪いのは共産主義で民衆はその犠牲者」というそういう方向に行っているような印象はあり、しかし中国の拡張・侵略主義はそもそも国民一人ひとりが持っている「中華主義」に拠るものであって、必ずしも共産党政権の問題ではないという辺りが余り見えていないのが現状のようではある。

 そういう中国人達が「国家分断工作は許せない」「中国は一つ」と、かなり感情的になっているという「統一中国神話」はやはり中華主義的発想の最たるものである。

次回エントリーに続く。

[特集『Students for a Free Tibet』トップページに戻る]





おまけ
インドでの対中ホッケーの試合、韓国には思わぬ追い風に(笑)

自由チベット オリンピック抗議-在マドラス・チベット学生会
Free Tibet Olympic Protest-TSAM
(1'06")
tsam1ne. "Free Tibet Olympic Protest-TSAM". YouTube, September 7, 2007.

インドのチェンナイ(旧名:マドラス)での、2008年のオリンピック予選の中国と韓国のトーナメントで中国の代表ホッケーチームに向けて160人以上のチベットの学生が人文字で「FREE TIBET」を作る。


TSAM (マドラス・チベット学生会)
第7回アジアホッケーカップ(中国vs韓国)
自由チベット 抗議運動



関連記事

万里の長城にチベット独立スローガン、チベット人強制連行=中国北京 (大紀元 2007.8.11 08:51)
チベット活動家6人、万里の長城で中国に抗議「五輪開催資格ない」 (共同通信 2007年8月7日19:04) [記事] [魚拓]



特集『Students for a Free Tibet』
 1. エベレストに「Free Tibet」横断幕 SFTの抗議活動 (2008.3.26)
 2. 万里の長城に「Free Tibet」垂れ幕 SFT抗議活動 (2008.3.29)
 3. SFT、IOCのロゲ会長に直談判 (2008.4.1)
 4. 「チベット自由の聖火」がオリンピアを走る (2008.4.18)
 5. 金門橋に「Free Tibet」横断幕 SFTの抗議活動 (2008.4.22)
 6. 中国で拘束されたエベレスト抗議メンバーの体験談 (2009.6.3)
 7. 米国のフリーチベット運動の裏にあるもの (2009.6.5)

チベット関連エントリー

 ・チベット国境で故国のために祈る~あるチベット高僧の旅 (2008.6.3)
 ・「4月7日、パリでの抗議集会に参加しました」 (2008.4.11)
 ・オリンピックの魂がイギリスにやって来る (英インデペンデント紙) (2008.4.8)
 ・「チベットの抗議デモは北京五輪を頓挫させる事が出来るか?」アルジャジーラの読者投稿欄 (2008.3.22)

[特集『Students for a Free Tibet』トップページに戻る]





  1. ^ SFTHQ. Free Tibet Olympics "Protest at Great Wall of China". YouTube, August 6, 2007.

  2. ^ CTV.ca. "Two Canadians detained over protest in China", Aug. 7 2007 10:12 PM ET.
    CTV.ca. 『カナダ人2名が中国でのプロテストで拘束される』, 200年8月7日
    To get around Chinese censors, the activists sent live video via cellphone camera of the banner's unfurling back to New York, where it was quickly posted to the Internet. This particular technique was first tried in April on the Chinese side of Mount Everest.
     中国の監視を避けるために活動家達は、垂れ幕を拡げる映像を携帯電話のカメラからニューヨークに中継で送り、それが迅速にインターネットにポストされた。この特別なテクニックは4月にエベレスト山の中国側で最初に試された。




写真:

  1. ^ greatwallaction. "banner2". flickr, August 9, 2007.
  2. ^ ibid. "banner1".
  3. ^ ibid. "climber2".
  4. ^ ibid. "climber1".
  5. ^ ibid. "GreatWallBanner5", August 6, 2007.
  6. ^ Belfrage, Louise. "Beijing Under Olympic Pressure: Tibetan Activists And Vocal Spokesperson Detained". The WIP, August 8, 2007.
  7. 1 2 The Secret Tibet. "One World, One Dream: Free Tibet 2008", August 16, 2007.




スポンサーサイト

当ブログからの引用・転載に関して

当ブログはリンクフリーとしますが、引用や転載に関しては以下の条件においてフリーとします。条件を満たしている限りはその都度許可は必要ありません。

1. 引用元の明示(作者不明の怪文書として拡散しない)
2. 内容の改変をしない(改変する場合は改変者の責任における編集である事を明記)
3. 営利目的に用いない。

なお当ブログにおける記事、写真、動画資料などの引用はフェアユースの条件または権利者の了解において行っているもので、アフィリエイトサイトの場合は条件が異なります。それらの二次転載によって権利者とトラブルになった場合は当ブログとしては責任は負いかねます。

Under section 107 of the U.S. Copyright Act 1976, the fair use of copyrighted materials is not copyright infringement. Article 32 of the Copyright law of Japan allows published works to be quoted for news reporting, criticism and research purposes. This blog is non-profit and using materials for criticism and research purposes that fulfills the condition of fair use.

はてなブックマーク - 【Students for a Free Tibet 2】万里の長城に「Free Tibet」垂れ幕 SFT抗議活動

コメント

はじめまして^^

はじめまして^^
散歩してて、たどり着きました^^

へー、こんなことしてたんだ^^w
いろいろ、がんばってるな(o^-')b グッビョブ!
にしても、今更ながら、中国の脅威に( ̄□ ̄;)って、なってます><v

こうなると、安部前総理がやめたのが痛いなぁーorz

  • 2008/03/30(日) 00:42:42 |
  • URL |
  • nukunuku #-
  • [ 編集]

nukunukuさん

どうもはじめまして。『国際状勢評議会』さんの所でもお見かけしました。

これは暴動でもなく死者も出てなく、日本人も関係していないので、日本では報じられる事は殆どなかった訳ですが、一方カナダでは結構大きな扱いだったようです。

ただここで見るべき事は、IOCのロゲ会長がオリンピックを政治問題化したくないために逃げ回っていても、でも結果としてオリンピックを口実に人権問題を正当化し、エベレストに聖火を登らせるという行為自体が中国のプロパガンダへの協力行為であり、中国の侵略を肯定してている事になっている点です。

日本も北京オリンピックに参加する事自体が中国のプロパガンダに協力している事に他ならない訳であって、取り合えず波風たてないで穏便にとしか言えない首相では心許ないですね。

  • 2008/03/30(日) 21:10:22 |
  • URL |
  • 文太 (Red Fox) #gJtHMeAM
  • [ 編集]

拍手コメントの方

激励を頂きありがとうございました。
今回のシリーズは100%英語でのリサーチで、聞き取りから訳までやっていてかなり手がかかっているエントリーなので、反響があって報われました(笑)

  • 2008/03/31(月) 09:00:40 |
  • URL |
  • 文太 (Red Fox) #gJtHMeAM
  • [ 編集]

んーこのセンスですよね、日本に足りないものは。暴力的でなく、尚且つ効果的な手段でアピールする事。。一般人が頑張っているのに、我が国のトップは何を考えているのだろうか。こんな時こそ外国を見習えばいいのにと、何時も思います。。政治とスポーツと一体化している中国は、汚れた北京オリンピックと言われるだろうと思います。。

マスコミが一本化していた昔なら情報も操作できますが、今は多種多様の情報が一般から発信されて情報閉鎖は無理です。情報時代は中国の崩壊に手を貸しました。。

  • 2008/03/31(月) 09:46:02 |
  • URL |
  • ねねこ #xdCs4oSQ
  • [ 編集]

ねねこさん

欧米は冷戦を直接経験していて、現代でもイラク戦争など当事者となっている訳で、そういう国の若者だからこそ作戦にリアリティがある印象です。

中国人というものは昔から白人コンプレックスが非常に強いのですが、だから「外人」が白昼堂々と乗り込んでパフォーマンスをやってしまうという辺りが結果としては作戦勝ちですね。

一方、日本がボイコットしたり批判すると、中国人は欧米から批判されるよりも怒りが10倍になるようなそういう性質もあるし、だから日本の場合立ち位置としてやや難しい面はあるのではと、そういう印象はあります。

それにしても、点火式の時点からここまで抵抗運動の中行われるというのもオリンピックの歴史上今回がかなり特殊な例に見えるし、やはり中国が世界からそういう目で見られている事、天安門事件の不信感が20年近く経っても払拭されていない事が露呈した形になったのではないかと思います。

  • 2008/03/31(月) 14:02:38 |
  • URL |
  • 文太 #gJtHMeAM
  • [ 編集]

コメントの投稿

コメントは承認制とさせて頂いております。
エントリーと無関係のご要件はツイッターやメールフォーム、又は足跡帳にて受け付けます。

管理者にだけ表示を許可する

初めてコメントされる方へ:
ネットの匿名性による安易さから非常識な訪問者が時々あるためコメントは承認制とさせて頂いております。当サイトはリサーチや情報発信を目的とする非営利サイトであり顧客サービス業ではないため、初めてコメントされる方は以下の点をご留意頂きますようお願いします。

・エントリーを読んだ形跡がないコメントや、エントリーと無関係なコメントなど、掲載する必然性のないものは受け付けません。

発言責任の所在が不明なクレームの類いは、原則として当サイトに対応義務はありません。クレームは出す側にも発言責任が生じますので通りすがりや名無しによるクレームは受け付けません。アクティブなソーシャルメディアID (ツイッターやFacebook等) や固定サイトなど、ネット上アイデンティティをご提示下さい。

・初来コメントの多くがコメントの後にアクセスのない「通りすがりの書き捨て」でレスをする意味がないため、初來コメントへのレスは同一IPによる再度のアクセスが確認出来た方に限らせて頂きます。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://redfox2667.blog111.fc2.com/tb.php/153-fbd737a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)
当ブログは非営利サイトとして著作物資料のフェアユース掲載をしている関係上、営利サイトの広告TBは承認出来ませんのでご了承下さい。

「中国分裂」問題・シナリオの再点検(仮投稿)

謹慎中の身ではありますが、 台湾総統選の結果を受けて、 今後の見通しを提示して欲しいというご依頼を頂戴致しました。 まだ十分に思考が詰めきれていないため どうしようか非常に迷ったのですが、せっかくご依頼頂きましたので、 現時点での私の「予測」を臨時にアップ?...

  • 2008/04/19(土) 18:50:18 |
  • 途転の力学(縮小版)

北京五輪ボイコット政府に要求する!!

 https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose 政府には以下の文面で、北京五輪ボイコットを要求する。それをこの個人ブログに記しておく。また文面を研鑽し、ふたたび送るかもしれない。 謹啓 日本国政府殿 私は一国民として、政府に北京五輪ボイコットを是非と...

  • 2008/03/31(月) 23:09:20 |
  • 時事問題ショートコメント!

良識の判断

五輪開会式の欠席表明相次ぐ=外相理の議論に影響も-EU(時事通信) - goo ニュース 中国政府のチベット騒乱への対処は、一連の経過の不透明性と歴史的経緯を鑑みるに、民主主義国家として看過できない状況にあることは明白である。未だ無条件の取材も実現せず、真相は?...

  • 2008/03/31(月) 19:26:26 |
  • 三四郎の日々

チベット虐殺問題に関する動画集2

引き続きチベット問題です。ざっとニュースを拾ってみました。 やはり中国にとっては芳しくない情勢となっております。 とはいえ国で丸ごとボイコットというところは今のところないようです。 ただ中国政府に譲歩が無いなど今後の動向によっては予断の許さない状況かと...

  • 2008/03/30(日) 22:44:43 |
  • 帝國ブログ

チベットの叫び

チベット僧侶が抗議活動、外国人記者団に直接訴え 【3月27日 AFP】大規模な暴動が起きた中国チベット(Tibet)自治区のラサ(Lhasa)で27日、取...

  • 2008/03/30(日) 19:54:50 |
  • 或る浪人の手記

FC2Ad