Red Fox

読まずにレッテル貼りをする人は出入り禁止

「スゴブロ2009」で『Red Fox』が今年のベスト20に

 去る2月6日に当ブログが「スゴブロ2009」のベスト20で14位に選ばれたとの発表があった。これはもともと『このブログがすごい!』(宝島社) という書籍で行われていたブログランキングが2007年からウェブサイトに移行したもので、昨年当ブログを日経BPに取り上げて頂いた関係でお世話になった岡部敦史さんが運営されているので、そのご縁で今回も取り上げて頂いたのではと思う。

 ここでトップ20に入っているブログはテーマやジャンルはとにかくまちまちであり、これに順位を付ける事が果たして可能なのかとは思うが (笑)、それぞれが個性的でテーマがはっきりしているものが多いと思う。ある意味印象的なのは20位の『Googleマップ ストリートビューのまとめ』ように一時的に運営されていた、ブログというよりもむしろウェブサイトのようなコンセプトの物が入っている事など。これは読者クリックのランキングサイトではあり得ない事である。

 当ブログに関しては以下の事が書かれている:

 アメリカ在住の作者が、ニュースを多角的に分析するブログ。秋葉原で起こった連続殺傷事件の翌日にアップされた「秋葉原の無差別殺傷事件、英米ではどう見られているか 英タイムズ紙の読者コメント」という記事では、表題にもあるように、海外の新聞を翻訳することでこの事件が海外ではどう見られていたかを報じていた。こういった世界の視点を絡めたニュース解説がブログで読めるのは実に貴重。力作です。

スゴブロ. 『2009年のベスト20 《14位》 Red Fox』, 2009年2月6日.

 そういえば昨年前半は、『「善光寺が発した静かな怒り?」2ちゃん発の怪文書 』『秋葉原の無差別殺傷事件、英米ではどう見られているか 英タイムズ紙の読者コメント』、それから『毎日新聞「変態ニュース」打ち切り、英語圏読者の反応は?』など、特に英語圏読者のコメントを翻訳したものなど、狙った訳でもないのに予想外にヒットしてまとめウィキサイトにも載ったエントリーが幾つかあり、その関係で他にもメディア取材を受けた事もあったが、それはそれとしてこのブログを知って頂くきっかけにはなった。

 当ブログのような、更新も頻繁ではなく、マニアなテーマが多り、読むのに忍耐が必要な (笑) 地味なブログは、巷のランキングサイトではなかなか目立たない存在にしかならないのだが、更新頻度が条件になるようなクリックシステムでは漏れてしまうようなこだわりブログにスポットを当てる『スゴブロ』のような企画はむしろ意義深いものと思う。


 ちなみに『スゴブロ』の選考基準に「ニュースなどを取り扱う二次情報系のブログよりも、自身の体験や考えを綴る一次情報系のブログを優先して選ぶ」とあるが、うちの場合はニュース記事を扱う事は多く二次情報に変わりはないので本当にいいのかとも思うが (笑)、特に政治系やニュース系ブログに多い「記事を1本持って来てそれに対して見解を述べる」的なやり方は敢えて避けてはいた。

 でも一方で、ブログを読むという事はやはりそのブログのカラーがなければ面白くも何ともないと以前読者の方に指摘された事もあって、極力コンセプトにカラーを出す事に重点を置いていた。

 昨年手がけたのは『人体展と中国の人体闇市場』や『Students for a Free Tibet』の特集などテーマを絞ったエントリーが多いが、選ぶ題材として心がけているのが「日本語資料だけでは手に入らない情報」であり、特に日英中の三か国語の情報を他人の翻訳に頼らずに一括して集めるられる事によるメリットのあるテーマを選んで来た。
 ブログ開始時は比較的右派的なスタンスでのニュース翻訳ブログとしてスタートしたが、昨年の春以降はむしろ人権・文化・宗教にリンクしたオルタナティブなリサーチ系に方針を転換した。これは10年以上も在外邦人をやっている立ち位置では国内の右派左派というカテゴリーに押し込められるのに無理が生じて来たためである。





余談:

ウィキペディア

 最近あった事と言えば、2007年の秋から冬に支那事変関連のエントリーを幾つか書いていたものが昨年年末以来ウィキペディアの参考リンクになったりなどして、一方それらのエントリーが未だに他所のサイトで紹介されたりして当ブログの通算アクセスでこれらがコンスタントにトップであるのが驚きではある。「情報を切り貼りしない」というスタンスは当初からあったのであるが、それが結果として情報ソースとして役に立ち易かったのではと思う。

 折角これらのエントリーにアクセスが多いのに、今見ると自分としては不十分な内容も目立つエントリーのため、今回思い切って以下の4本に手直しと情報の追加をして内容の充実を図ってみた。

第二次上海事変における中国人による日本人捕虜の残虐処刑
猟奇的な大山中尉殺害事件
英語・中国語版Wikipediaにおける大山事件と第二次上海事変の記述
歴史から消された広安門事件と廊坊事件


人体展シリーズ

 もう一つは、『人体の不思議展』に行った人のブログをしらみ潰しに見付けては、コメント欄に当ブログの人体展関連のURLをポストしている方がいらっしゃる。昨年秋以降に方々からアクセスがあるのでどうしても気付いてしまう (笑)。3月から沖縄で『人体の不思議展』が開催される事に対して、県内の教育機関などに働きかけていらっしゃるようである。

 当ブログとしてもアメリカの人体展や中国の人体市場の事を敢えて日本語で発信する訳であり、日本の『人体の不思議展』への問題提起のために資料としての意図は勿論あったし、日本で人体展が開かれている以上は中国の人体市場はこれは日本とも関係がないとは言えないテーマである。

 このシリーズではABCの報道だけでは不明確な部分を関連情報や中国語の資料と付き合わせて全体像を見るというパズルのような作業だったため、当方として出来る事は情報を集めて発信する事であっても、それを広める努力をして頂ける方には当ブログからもエールを送りたいと思う。

 計画していたシリーズが12月に完了したので、全体を見易いように『人体展と中国の人体闇市場』シリーズのエントリー概略を書いたトップページを作った。長大シリーズのため整理に役立てばと思う。

特集『人体展と中国の人体闇市場』

スポンサーサイト

当ブログからの引用・転載に関して

当ブログはリンクフリーとしますが、引用や転載に関しては以下の条件においてフリーとします。条件を満たしている限りはその都度許可は必要ありません。

1. 引用元の明示(作者不明の怪文書として拡散しない)
2. 内容の改変をしない(改変する場合は改変者の責任における編集である事を明記)
3. 営利目的に用いない。

なお当ブログにおける記事、写真、動画資料などの引用はフェアユースの条件または権利者の了解において行っているもので、アフィリエイトサイトの場合は条件が異なります。それらの二次転載によって権利者とトラブルになった場合は当ブログとしては責任は負いかねます。

Under section 107 of the U.S. Copyright Act 1976, the fair use of copyrighted materials is not copyright infringement. Article 32 of the Copyright law of Japan allows published works to be quoted for news reporting, criticism and research purposes. This blog is non-profit and using materials for criticism and research purposes that fulfills the condition of fair use.

はてなブックマーク - 「スゴブロ2009」で『Red Fox』が今年のベスト20に

コメント

比較

異国との比較ができる人は少ないでしょうから、そういう意味では珍しく、分析能力もあるから充分に読む価値はあると思います。
ただ、矢張り忍耐が必要な文章ですね。

>自身の体験や考えを綴る一次情報系のブログを優先して選ぶ
私のミクシイが正にそれでしたが、あれは危険ですからね。
ブログではどうしても手加減してしまいます。

  • 2009/02/18(水) 22:16:12 |
  • URL |
  • 松崎 #ch2f7abI
  • [ 編集]

松崎さん

異国にいる分だけ却って日本の空気には疎くなるので何事も一長一短ではありますよ。それに今時日本国内でも外国人と接する機会は何だかんだ言ってあるので、そこまで違うのかと言えばそうでもないような気もしますね (笑)

忍耐が必要というのは恐らく、まずそれぞれのエントリーの情報量が多い点もあるだろうし、テーマ的にも簡単に答えが出ないような問題を扱う事も多いので、そういう事なんだろうとは思っています。ただ読む方も書く方も大変なのでw、そのぶん更新頻度は下がりました。
ただ実際やっている事は「自分が知っている事を人に教える」のではなくて「自分が知りたい事を調べた」なので、本人が分らないで書いている事も多いですが (笑)

自分の実体験を語るというやり方の場合、ある程度プライバシーを出さなければ言える事に限界があるし、出したら出したで身内や知人にも影響が出て来る訳で、難しい問題ではありますね。特に政治系の場合は。
ミクシィの場合はやはり見る人がマイミクにかなり偏っていて、古い日記など誰も見ませんが、ネットの場合は検索で来る人がかなり多いので、古いエントリーでも油断は出来ません。

  • 2009/02/19(木) 00:49:25 |
  • URL |
  • 文太 #gJtHMeAM
  • [ 編集]

ブログで間違いを指摘された場合の態度で、信用度が増すブログとそうでないブログがありますね。この頃はそれを判断材料にしていますw。

ウィキの参考リンク先として引用される事は、「信用に値する」と評価されている様で初期の読者としてはうれしい限りです。自分も今はロムだけですが、これからのエントリーも期待しております。

  • 2009/02/19(木) 09:27:25 |
  • URL |
  • ねねこ #-
  • [ 編集]

ご無沙汰しておりました。

で、覗いて「おお!」とw
日頃お世話になっている方が評価を受けるという出来事は、実に気分の良い物であります。

情動による作文はブンガクの作法。虚構・娯楽・対個人故に許されるその作法で政治を語り居直る輩が多い中、個人ブログであるのにも関わらずきちんと一線を引き、安易な情動に流れないRed Foxはやはり格好良い。
と、勝手にダンディズムを感じております。
(左右を問わず、売れなくなった小説家が政治を語ると、その作法故に単なるアジテーター・或いは独裁者に堕しますが、あれは実に無様です。)

「Red Foxは実にその伊達によって評価されたのだ」と、今回もただの客が言ってみますw

  • 2009/02/19(木) 11:56:17 |
  • URL |
  • ぐい呑み #-
  • [ 編集]

ねねこさん

他所様を判断する時、そこにどれだけ「エゴ」が見えるかというのも判断材料の一つですねw

間違いを指摘された時に、本来なら間違った情報を発信しているかどうかの責任意識の問題である筈なのに、それがプライドと直結してしまい、「自分が正しい事」が絶対条件で後付けの論理を展開するような人とか。

自分の場を持って発信するという事は、結局は何らかの「自己実現」ではあるのですが、何かをやる時にそこには目的意識や何らかの短期・中期・長期のゴールというものが設定される訳で、そこで「何をやるか何を目標にするか」よりも「自分がやるという事」という動機が上回っているような場合には、目標に対しては既に本末転倒、結局そこに残るのは自己顕示欲とエゴです。


引用されたり参考リンクにされるという事は恐らく、その人の言いたい事を何らかの形で代弁しているからなんだと思います。それを書いた「目標」に何か共感して貰えたという事なのでしょうね。
このブログを始めた同じ月にねねこさんはいらしているので、本当に初期からですね。喜んで頂けて良かったです。

  • 2009/02/20(金) 01:33:28 |
  • URL |
  • 文太 #gJtHMeAM
  • [ 編集]

ぐい呑みさん

こちらもエントリーはご無沙汰していましたw
喜んで頂きありがとうございます。ランキングサイト至上の風潮が強い中でこういう形の評価というものも貴重ではあります。

こういう事をやっていると行き着く境地というのが、結局「自分でないと出来ない事」にシフトして来ますね。言い換えれば「人と同じ事をやって競っても時間の無駄」なんです。別に自分がやらなくても済む事なら面倒くさいからやらない (笑) 自分よりもっと得意な人にやって貰えばそれでいいんです。

それに自分としては「見せたい」方でなく「見たい」方なのですがw、1個人ブロガーがああだこうだ政治や思想や哲学や歴史や読書感想文を語ってみたところで人が見ても面白くも何ともないだろう位にしか思わないので、そういう意味での「自己顕示欲」や「自己実現欲」は余りないですね 。それをダンディズムと言うのか分かりませんが (笑)

ぐい呑みさんのコメントもいつでもヒントの宝庫なので重宝させて頂いてます。

  • 2009/02/20(金) 01:38:08 |
  • URL |
  • 文太 #gJtHMeAM
  • [ 編集]

このブログは参考になりますし、何よりやはり日本人では苦手な人が多い外国語のニュース記事も参考にして、どんなに避けていても日本語だけではどうしても出て来てしまう何かしらの偏りというものを極力排除しようとする姿勢も評価されたのではないかと思います。私なんかでは比較の対象にもならないです。

  • 2009/02/21(土) 21:11:47 |
  • URL |
  • フェンリル #-
  • [ 編集]

フェンリルさん

いえいえ比較するものではないし、それぞれ得意な事も違うし視点も違うので。
私は基本的に文系ではないのでw、不得意分野を得意分野でカバーしているだけだし、それは誰でもそうだと思います。

日本人なら何が好きで何が嫌いとか、何に関心があって何で怒ったり喜んだりするのかというものがある一方で、それとは全然関係ない世界もあって、そこではそこの別な問題点があったりするような、そういう視点だと日本国内の煽りにも乗り切れていないような、むしろそんな感じですね (笑)

  • 2009/02/22(日) 17:08:22 |
  • URL |
  • 文太 #gJtHMeAM
  • [ 編集]

コメントの投稿

コメントは承認制とさせて頂いております。
エントリーと無関係のご要件はツイッターやメールフォーム、又は足跡帳にて受け付けます。

管理者にだけ表示を許可する

初めてコメントされる方へ:
ネットの匿名性による安易さから非常識な訪問者が時々あるためコメントは承認制とさせて頂いております。当サイトはリサーチや情報発信を目的とする非営利サイトであり顧客サービス業ではないため、初めてコメントされる方は以下の点をご留意頂きますようお願いします。

・エントリーを読んだ形跡がないコメントや、エントリーと無関係なコメントなど、掲載する必然性のないものは受け付けません。

発言責任の所在が不明なクレームの類いは、原則として当サイトに対応義務はありません。クレームは出す側にも発言責任が生じますので通りすがりや名無しによるクレームは受け付けません。アクティブなソーシャルメディアID (ツイッターやFacebook等) や固定サイトなど、ネット上アイデンティティをご提示下さい。

・初来コメントの多くがコメントの後にアクセスのない「通りすがりの書き捨て」でレスをする意味がないため、初來コメントへのレスは同一IPによる再度のアクセスが確認出来た方に限らせて頂きます。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://redfox2667.blog111.fc2.com/tb.php/189-d2156e34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)
当ブログは非営利サイトとして著作物資料のフェアユース掲載をしている関係上、営利サイトの広告TBは承認出来ませんのでご了承下さい。

アンケートの嘘 -真実を伝えず、行動を煽る-

mixiのニュース日記において、現在の私の「マスコミやニュースに対する基本的な考え方」を表現できたような気がするので、記念にblogにも残して...

  • 2009/02/22(日) 20:51:59 |
  • 1歩ずつお勉強、政治経済

FC2Ad