Red Fox

読まずにレッテル貼りをする人は出入り禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特集『Students for a Free Tibet』

(Students for a Free Tibet) [E2]
 2008年8月の北京オリンピックに先駆けて世界規模で起こったフリーチベット運動。その起爆剤の一つとなった、2007年4月25日に行なわれたエベレスト山のチベット側ベースキャンプでの中国政府へのプロテストに始まり、様々なプロテスト活動やキャンペーンを行なって一躍注目されたチベット支援団体『Students for a Free Tibet』の代表的な活動に関して、このシリーズは英語サイトの情報やYouTubeの動画を交えながら紹介をした。これは当時日本では殆ど報じられていなかったものである。

 SFTは亡命チベット人を中心人物に置きながらも、そのメンバーの大半は欧米の若者からなるグループで、2007年4月のエベレスト山での横断幕抗議や同年8月の万里の長城に垂れ幕を下げたり、オリンピック開催中の北京でも垂れ幕やDie-inプロテストを行なうなど、中国国内でも様々な抗議デモンストレーションを行なって当局に拘束されるなど、拘束や逮捕を厭わない捨て身の作戦ながらも、その活動方法は非暴力ダイレクトアクションの原則に乗っ取った派手なキャンペーンでメディアを利用して世界に訴えるという手段、そして情報統制国家の中国においても衛星中継などハイテクを駆使して当局が取り締まる前にインターネットに動画を流してしまうという、近年では盛んになって来たネットによる「情報ゲリラ」の先駆け的存在と言える。

目次:

 1. エベレストに「Free Tibet」横断幕 SFTの抗議活動 (2008.3.26)
 2. 万里の長城に「Free Tibet」垂れ幕 SFT抗議活動 (2008.3.29)
 3. SFTのドルジェ氏がIOCのロゲ会長に直談判 (2008.4.1)
 4. 「チベット自由の聖火」がオリンピアを走る (2008.4.18)
 5. 金門橋に「Free Tibet」横断幕 SFTの抗議活動 (2008.4.22)
 6. 中国で拘束されたエベレスト抗議メンバーの体験談 (2009.6.3)
 7. 米国のフリーチベット運動の裏にあるもの (2009.6.5)



エントリー概略:

1. エベレストに「Free Tibet」横断幕 SFTの抗議活動
   北京オリンピック前年の2007年4月25日、SFTの5人のメンバーがエベレスト山のチベット側ベースキャンプで、北京五輪聖火がチベットを通過する事に対する抗議として、「One World, One Dream, Free Tibet 2008」と書かれた横断幕を拡げてチベット国歌を斉唱、中国政府を批判する声明を衛星中継で発表し、中国当局に55時間にわたって拘束された。
 この衛星中継で転送された動画をSFT本部は即日YouTubeにアップしたため、五輪前に国際問題を起こしたくない中国側に国外追放という形で、翌々日に5人はネパール国境で釈放された。
 このエントリーでは、YouTubeのビデオでは一部しか含まれていなかった、チベット系米国人のテンジン・ドルジェSFT副代表と、ローレル・スザーリン氏の声明の全文の訳を紹介。

2. 万里の長城に「Free Tibet」垂れ幕 SFT抗議活動
   エベレストの抗議の3ヶ月後、北京オリンピック1年前のカウントダウンの前日の8月7日の朝に、SFTのメンバーが万里の長城に「一つの世界、一つの夢、フリーチベット2008」と英語と中国語で書かれた巨大垂れ幕を拡げ、英米カナダ人メンバーが中国当局におよそ40時間拘束された。
 またこれと並行して北京入りしていたラドン・テトンSFT代表がIOCのロゲ会長に携帯電話やホテルで接触を試みた様子を逐一撮影したものをYouTubeにアップし、その後テトン代表も中国当局に拘束され、翌日に他メンバーと共に国外追放となっている。
 このエントリーではSFTがYouTubeにアップした動画や関連ニュースなどの動画を翻訳付きで交えながらこの一部始終を紹介。

3. SFTのドルジェ氏がIOCのロゲ会長に直談判
   2008年3月24日のギリシャのオリンピアでの北京五輪聖火の灯火式の当日朝、オリンピア入りをしていたテンジン・ドルジェSFT副代表がIOCロゲ会長に直撃で、聖火リレールートからチベットを外すように直談判を強行し、世界中から反対派が抗議運動のために集まっていたオリンピアで灯火式の混乱を怖れたギリシャの警察に拘束された。
 これはチベット動乱の2週間後の事であり、世界のメディアがチベット問題に注目していた事からこの直談判と逮捕劇は多くの欧米メディアで取り上げられた。

4. 「チベット自由の聖火」がオリンピアを走る
   灯火式の2週間前のチベット蜂起記念日の3月10日、世界各国の亡命チベット人から成るスポーツチーム『チームチベット』と各地のチベット支援団体が企画した『チベット自由の聖火』の灯火式がオリンピアで行なわれた。
 これは北京聖火にぶつける形で世界各地の都市を5ヶ月かけて経由し、五輪開会式の8月8日にインド側のチベット国境に到達するというもの。
 チームチベットが灯火式のためにオリンピア遺跡に立ち入る事を快く思わないオリンピア市側と中国大使館がギリシャ警察を連れて現場に現れ灯火式を中断させたが、その一部始終をギリシャ人ジャーナリストが撮影しており、このエントリーではその一悶着の様子を関連ビデオを交えて紹介。

5. 金門橋に「Free Tibet」横断幕 SFTの抗議活動
   ロンドンとパリで大混乱を極めた聖火リレーの次の経由地、北米大陸での唯一の経由地であるサンフランシスコでは、全米からチベット支援派が集まり大規模な抗議運動が起こっており、その中で象徴的なものが聖火リレーの2日前の2008年4月7日にSFTのメンバーによってゴールデンゲートブリッジに「一つの世界、一つの夢、フリーチベット2008」と書かれた巨大横断幕が橋から50mの高さに張られた抗議パフォーマンス。橋のケーブルに登った3人とサポートメンバーの4人の計7人が3時間後に警察に拘束された。
 このプロテストではエベレスト抗議に参加したローレル・スザーリン氏が橋の上から携帯電話で地元ニュース局のインタビューに応じており、本エントリーでは地元局の報道やインタビューなどの関連動画を交えてこのプロテストを紹介。

6. 中国で拘束されたエベレスト抗議メンバーの体験談
   2007年4月のSFTのエベレスト抗議で衛星中継で声明を発表したテンジン・ドルジェ氏とローレル・スザーリン氏が、中国による55時間の拘束に関する詳細にわたる体験談をネットで発表している。
 この半年前の2006年10月に、ネパール国境で中国の国境警備隊がチベット人の一団を銃撃して射殺する様子がルーマニア人によって撮影され世界に衝撃を与えたが、北京オリンピック前年に世界の評判を気にしている中国で、タブーになっているチベット問題に触れた外国人活動家が当初は食べ物も水も与えられず睡眠も取らされないという拷問的扱いを受け、あちこちを連れ回され脅迫を受けた後、YouTubeの動画が世界のメディアで取り上げられたために中国当局の態度が一変したなどの様子がここでは赤裸々に語られている。

7. 米国のフリーチベット運動の裏にあるもの
   北京五輪の前年に突然派手なパフォーマンス化したSFTのプロテスト、そして北京五輪に向けて世界規模で盛上がったフリーチベット運動、その中心的役割の一端を担った米国のフリーチベット運動に関して、SFTのエベレスト抗議メンバーのそれぞれの過去の活動を軸に、その背景に関して考察。
 エベレストとゴールデンゲートブリッジでプロテストを行なったスザーリン氏はもともとは自然保護活動家として『Oxygen Collective』などで活動をして来た人物、またエベレストで中継技術を担当したジェフ・フリースン氏はラカス協会やグリーンピースで活動していた人物であるなど、ガンジーやキング牧師の伝統を汲む米国の非暴力ダイレクトアクションの環境問題や反イラク戦争などの活動家が、ダライ・ラマの思想に共鳴して、2008年の北京五輪にめがけて大集合したのが米国のフリーチベット運動という構図が見えて来る。

チベット関連エントリー

 ・チベット国境で故国のために祈る~あるチベット高僧の旅 (2008.6.3)
 ・「4月7日、パリでの抗議集会に参加しました」 (2008.4.11)
 ・オリンピックの魂がイギリスにやって来る (英インデペンデント紙) (2008.4.8)
 ・北京五輪採火式、中国国営テレビ局の生放送に幽霊? (2008.4.1)
 ・「チベットの抗議デモは北京五輪を頓挫させる事が出来るか?」アルジャジーラの読者投稿欄 (2008.3.22)

当ブログはチベット問題に関していかなる団体とも提携はしておらず、調査レポートは独自の立場でまとめたものである。




参考資料

Students for a Free Tibet
From Wikipedia, the free encyclopedia

 Students for a Free Tibet は学生主体の非営利団体で、チベット独立を目標に教育、主張、そして非暴力ダイレクトアクションの活動を行なっている。中国におけるチベット人の境遇と「チベットの歴史的独立性」から、SFTはチベットを中国から独立した国家と主張をしている。

沿革

 Students for a Free Tibet (SFT) は1994年に、チベットの人権と独立を求める事に若い世代の影響力を用いるためチベット人、支援者やニューヨーク市の学生達によって創設された。当初、SFTの活動はキャンパスや1994年のロラパルーザ音楽ツアーなどのイベントにおいて学生や若い世代の人々の関心を高める事に重点が置かれていた。
 チベット独立運動への若者が関わるきっかけの役割を果たした自由チベットコンサートの活動と共にSFTは成長を続けた。

 現在SFTは100カ国以上の650以上の大学や高校やコミュニティに支部を持つ。SFTの本部はニューヨークにあり、カナダのトロント、インドのダラムサラ、英国のロンドンにオフィスを持っている。

活動

 SFTの中心的プログラムは「キャンペーン」と「リーダーシップトレーニング」である。

 SFTのキャンペーンは政治、経済、そして人権に焦点を当てている。SFTの政治キャンペーンは通常はチベット独立の主張に関して中国当局やSFTメンバーのそれぞれの国の政府にプレッシャーを与える事で、外国訪問時の中国高官に対するプロテストがよく知られるものである。SFTの経済キャンペーンは中国のチベット占領への他国の企業や団体の強力を防ぐ事である。これらの活動は中国製品不買運動を含み、チベットへの中国人移住を伴うプロジェクトへの融資を行なう世界銀行に圧力をかけてキャンセルさせた事もある。SFTの人権キャンペーンはチベット内のチベット人の境遇を改善、自由と人権を伸ばし、政治犯の釈放を求める事に焦点を当てている。

 SFTはエベレスト、万里の長城やゴールデンゲートブリッジでのプロテストでよく知られている。2008年3月から4月にかけての五輪聖火リレーの抗議活動への関わりは多くの中国人の反感を買った。

 SFTの「リーダーシップトレーニング」はチベット独立運動のリーダーとなる人材育成に焦点を当てている。数十人の若者が集まり1週間の活動トレーニングを行なう毎年恒例の「フリーチベット!アクションキャンプ」もSFTの活動の一つである。このアクションキャンプは、1999年のシアトルWTOデモへの関わりで知られるダイレクトアクションのトレーニング団体のラカス協会 (カリフォルニア州オークランド) をモデルにしている。

[訳=岩谷] (原文:英語)
*本翻訳の転載には許可を必要としないが必ず出典元を明記の事。




関連日本語記事

<チベット>厳戒態勢で迎えた動乱鎮圧50年、異様な緊張が走る―中国 Record China 2009.3.29 11:27
チベット支援組織の女性代表、アジア某所で「秘密計画」実行か―フランスメディア Record China 2009.3.25 12:36
中国、チベットでの騒乱再発を警戒 日経ビジネス 2009.3.2
2009年は「黒色の年」、複数の抗議活動を計画―チベット独立派 Record China 2009.2.2 17:52
米政府、中国に身柄拘束中の米国人釈放求める 大紀元 2007.8.25 08:10
巨龍はどこへ:五輪後の中国像/上(その2止) 貫かれた中国式自由 毎日新聞 2008.8.25 東京朝刊
チベット活動家を拘束 ドイツ人ら4人 共同通信 2008.8.21 11:05
「自由チベット」訴え拘束 北京で米芸術家ら6人 共同通信 2008.8.20 08:09
チベット問題の支援者、CCTV周辺で抗議活動 大紀元 2007.8.15 21:12
北京、国営TV局前にチベット支援の垂れ幕 活動家5人拘束 AFPBB 2008.8.15 17:05
チベット支援の英国人ら5人拘束 北京・テレビ新社屋前 asahi.com 2008.8.15 21:03
チベット支援で5人拘束 横断幕掲げた米国人ら 共同通信 2008.8.15 12:21
中国、チベット支援デモで拘束の邦人ら8人送還 AFPBB 2008.8.14 17:32
中国:チベット抗議 日本人ら8人拘束 五輪会場近くで活動 Mainichi.jp 2008.8.14 東京朝刊 [記事]
北京で日本人拘束 チベット支援活動中 NIKKEI NET 2008.8.14 02:08 [魚拓]
邦人女性ら8人を拘束/7人送還、チベット支援で 共同通信 2008.8.13 23:36
中国五輪会場付近で記者拘束 チベット支援活動家8人も asahi.com 2008.8.13 20:55
「中国五輪」開幕前夜:/2 国内に大地震被害、海外は「反中の嵐」 毎日新聞 2008.7.16 東京朝刊
「チベット青年会議」は人類の共通の敵 CRI 2008.4.14
テロ組織「チベット青年会議」の正体 人民網 2008.4.10 17:55
聖火リレー前のサンフランシスコ、金門橋に抗議の横断幕 CNN.co.jp 2008.4.9 1:05 [WA] [記事]
金門橋に抗議の横断幕 mammo.tv 2008.4.9
北京五輪:聖火リレー、米でも抗議行動 サンフランシスコ・金門橋に横断幕 毎日jp 2008.4.8 東京夕刊
ダライ集団が操る「大蜂起運動」、新華社、内幕を暴露 中国通信社 2008.4
聖火採火式のオリンピアで抗議活動予定…チベット活動家 読売新聞 2008.3.24 13:36 [記事]
中国:ラサの抗議行動の中、故郷へ向かうチベットの人々 JANJAN 2008.3.21
チベット独立急進派の関与示唆 中国紙が暴動経緯報道 共同通信 2008.3.18 23:53
チベット人、抗議の「採火式」=北京五輪 時事通信 2008.3.11 0:23 [記事]
中国弾圧に抗議、チベット民族が採火式 共同通信 2008.3.10 23:34
万里の長城にチベット独立スローガン、チベット人強制連行=中国北京 大紀元 2007.8.11 8:51
チベット活動家6人、万里の長城で中国に抗議「五輪開催資格ない」 共同通信 2007.8.4 19:14 [記事]
エベレストでチベット独立訴えた米国人4人、中国が逮捕か 読売新聞 2007.4.26 19:38 [WA] [記事]
エベレストでチベットの自由を訴え、米国人4人が中国当局に逮捕 大紀元 2007.4.26 15:58



表記に関して (2009.5.10)

 「Students for a Free Tibet」(フリーチベットのための学生達) は日本語に直訳すると日本語の語感的に団体名として認知されにくく、そもそも金門橋プロテスト以前は日本のメディアが殆ど扱わなかったため日本での知名度が決して高いとは言えない団体の名称表記に英語名や略号を用いるのは、ランキングサイトやリーダーサイト、ブックマークサイト等でエントリー内容が理解されにくいため、2008年3月以来当ブログでは「自由チベット学生組織」の名称を用いていたが、SFT日本支部の『SFT Japan』が「SFT」の名称を用いているため表記を統一する事にする。

 2008年4月の時点では大紀元時報、CNN Japan、毎日新聞が「自由チベット学生組織」、共同通信が「自由チベット学生運動」の名称を用いていたが、北京五輪以降の日本語メディアでは「自由チベット学生運動」の名称の方が多く用いられているようである。

 また、Tenzin Dorjee氏の日本語読みは、英語読みの「テンジン・ドルジ」としていたが、混乱を避けるためSFT Japanで用いられている「ドルジェ」に統一表記とする。

 なお当ブログはSFT日本支部とは直接の関わりはない。

スポンサーサイト

当ブログからの引用・転載に関して

当ブログはリンクフリーとしますが、引用や転載に関しては以下の条件においてフリーとします。条件を満たしている限りはその都度許可は必要ありません。

1. 引用元の明示(作者不明の怪文書として拡散しない)
2. 内容の改変をしない(改変する場合は改変者の責任における編集である事を明記)
3. 営利目的に用いない。

なお当ブログにおける記事、写真、動画資料などの引用はフェアユースの条件または権利者の了解において行っているもので、アフィリエイトサイトの場合は条件が異なります。それらの二次転載によって権利者とトラブルになった場合は当ブログとしては責任は負いかねます。

Under section 107 of the U.S. Copyright Act 1976, the fair use of copyrighted materials is not copyright infringement. Article 32 of the Copyright law of Japan allows published works to be quoted for news reporting, criticism and research purposes. This blog is non-profit and using materials for criticism and research purposes that fulfills the condition of fair use.

はてなブックマーク - 特集『Students for a Free Tibet』

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。