Red Fox

読まずにレッテル貼りをする人は出入り禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在日コリアン問題を日本在住欧米人はどう見ているか?

 前エントリーではジャパントゥデイにおける日本在住英米人による外国人参政権に関する議論を紹介したが、今回は当ブログでこれまで毎日デイリーニュースWaiWai打ち切り問題2009ミスユニバース日本代表コスチューム問題で取り上げた事のある英語ブログ『Japan Probe』における議論を紹介する。

 『Japan Probe』は日本在住のアメリカ人を中心にした英米豪の8人が共同運営する日本の話題を扱うブログで、前回のニュースサイトのジャパントゥデイに対し『Japan Probe』はサブカルチャー系の話題から日本伝統など文化的話題が多いブログで、必然的にコメント欄にはビジネス滞在者よりもむしろ日本マニアが集まる傾向があり、平均的な外国人の反応と言うよりもむしろ強者の集まり的な面白さが見られるサイトである。

 『Japan Probe』では外国人参政権に関しては昨年の1月と今年の9月と11月に3回ほど取り上げられていて、特に3回目のエントリーでは普段は話題提供に徹している管理人氏が珍しく強い調子で持論を展開しているのと、議論のテーマが外国人参政権よりも在日コリアンの問題に集中して何故か白熱しており、日本人以外の人達から在日に関してここまで辛辣な意見の応酬というものはなかなか他所では見る事の出来ない展開になっている。

画像:鶴橋商店街 (大阪DEEP案内)

 このエントリーではいささか議論がいろいろ入り乱れていて判りにくい部分があるのと、一回コメントの投稿者を除くと実質的には6-7人の議論となっているので、主な投稿者に関して以下に軽く概略を紹介する。今回の議論の中心人物の数人は恐らくそのほぼ全てが米国人:

  • ジェームズ:ブログ主。関東在住の米国人。通常の永住外国人参政権には賛成だが、代々の特別永住者は帰化すべきであるとの考え。

  • 考え過ぎの人:日本在住と見られる米国人。国籍を得る事がアイデンティティとルーツを失う事にならないとの考え。日本の近代史には非常に詳しく、日本の近隣国との関係に関しては親日で反中反韓の立場。

  • LB:アイルランド系米国人三世で日本への帰化申請中。外国人参政権には批判的。在日がアウトサイダーに固執する事を愚かで間違っているとし権利が得られないのは当然と考えている。日本語の読み書きが高いレベルで出来る模様。アイデンティティは生まれ育った場所であるとの考え。二重国籍を不支持。

  • ラゴ:米国人と見られる。特別永住者を除外するのではなく自然消滅を待つべきだという意見。在日のルーツへの拘りには理解を示す。ただし全体的にはいささかディベートフリークと言うか反論のための議論に終始している。二重国籍を支持。

  • ハマチマン:日本に関する様々な悪評判のデマが作り出されていると主張するなど、日本に対して非常にシンパシーがある。二重国籍は反対。

  • ポンタ:日本語の読み書きが出来る。外国人参政権に関してはニュートラル。

  • エリック:日本在住の米国人で米民主党支持者と見られる。在日に対してシンパシーがあり、日本は差別的であり親日外国人は共和党支持者の保守主義権威主義者であり嫌韓であると主張。新撰組研究のウェブサイトを運営する日本の歴史マニア。

 このエントリーには116のコメントが付いており、勿論全てを訳す必要も意味もないが、議論として話が繋がる必要があるものは含め、余りに長過ぎる独演やテーマ的に逸れているものは省いて7割程度の80コメント余りを訳してある。

 なおこれらの書き込みは一般投稿者のものであり情報の正確性は必ずしも信頼出来るものではないため、必要に応じて補足を付けている。





 日本の民主党は永住権保有非国籍者に参政権を与える法案を[魚拓]である。である鳩山由紀夫首相は早ければ来年国会に法案を提出する事を望んでいる。しかし民主党内部での反対意見がそれをがある。

 本日の東亜日報は「日本、総連には地方参政権付与せず」とのを掲載している。その記事では法案が「北朝鮮籍の総連系の在日同胞」には参政権が与えられないと指摘している:

 記事の見出しと内容は非常に紛らわしい。北朝鮮籍の在日コリアンは自身の選択で北朝鮮籍なのである。彼等が韓国籍の取得を望むなら申請が必要でありそして彼等は得る事が出来る。それが南北のどちらの「出身」であるであるかは関係はない。

 このような話だが、この問題に関して私のスタンスをもう一度述べておく。私は特別永住者に参政権を与えるこの法案を支持はしていない。もし日本生まれの在日コリアンが国籍者が持つ全ての権利を得て日本に住みたいなら、彼等は帰化をして日本国民になるべきである。

 現在の制度下では、特別永住者が帰化をするのは非常に容易であり、毎年数千人のコリアンが日本に帰化している。帰化しない事を選んだ人達はそれをと感じるからである。日本政府は特別永住者に対し、完全な日本の参政権を得るために国籍取得をする事を奨励すべきである。国籍取得拒否に対し恩恵を与える事はこの問題への正しい答えではない。


Japan Probe. "No voting rights for North Korean citizens in Japan? Good.", November 11, 2009; 10:28 am.





  1. 読み易さの都合からHNは基本的に日本語表記にしてある。正確な表記は元サイト参照の事。
  2. HN上のリンクは元サイトによる。
  3. 元サイトがツリー式で表示されており、投稿順のコメント番号を整理のために追加。
  4. レス投稿は元投稿番号のアンカーを下部に示してあり、カーソルを合わせるとターゲットが表示される。
  5. 原文では南北の総称で「Korea/Korean」と表現されている部分が多く、韓国と北朝鮮のいずれとも特定出来ないものは慣習に従って「コリア/コリアン」と表記し、状況的に南北が特定出来るものに対してはそれぞれの名称を用いている。









[訳=岩谷] (原文:英語)

 それにしても、アメリカ人は比較的ディベートに鍛えられているとは言っても、勝ち負けにこだわったり反対のために強引な理屈をこねる「議論のための議論」をする人がいたり、それから左の方はどこに行っても似たような思考回路と言うか (笑)

 それにしても日本の近代史の知識など、単に外国人の意見というよりも平均的な日本人よりもある意味よほど知識があるのではないかという強者が何人もいる辺りが驚きではある。

 それでも全体的に言えるのが、移民の国のアメリカ人は、国籍とルーツを完全に区別しながらもそのルーツを大事にしているか、又は白人同士でも混血してしまってさほどルーツにこだわらない人などが多いのは自然な話であり、アメリカ人の合理的な思考回路では国籍とは書類上のもので権利のためのツールであり、国籍にアイデンティティを求めるために損をしている在日コリアンの行動様式はアメリカ人の目には偏執狂かナンセンスにしか映らず、そういう「民族的迷信」に日本政府が妥協して何になるのかという、そういう意見になるのも不思議はないかとは思われる。

 いずれにしても現在の時点でどうするかという意見に相違はあっても、在日コリアン自体が最終的に滅び行く存在であるという意見は大体共通はしているようである。


 出身国の国籍を失う代償を伴う帰化というものはなかなか勇気の要る事ではあり、日本のパスポートの有利さ (日本人の渡航にビザを免除する国が多い世界でも最高価値のパスポート) から海外在住の日本人でも永住権に留まる人が多いのも一方では事実ではあり、帰化を決断する時は恐らくそこに骨を埋める決意をし相続等の法的権利問題が生じた時だと聞く。
 しかし、日本生まれで韓国や北朝鮮に帰国する意思がなく生涯を日本で過ごす積もりでありながら国籍を拒否する在日コリアンの場合は、それでも特殊なケースとなる。





関連エントリー:

外国人参政権問題を日本在住欧米人はどう見ているか? (2009.12.15)




外国メディアなどのコメント欄を扱ったエントリー:

2009ミスユニバース日本代表コスチューム問題 外国人の視点は? (2009.8.1)
シーシェパードの捕鯨妨害に関するLAタイムズの読者コメント (2009.2.24)
田母神論文に関する英エコノミスト紙の読者の反応 (2008.11.30)
毎日新聞「変態ニュース」打ち切り、英語圏読者の反応は? (2008.6.26)
「チベットの抗議デモは北京オリンピックを頓挫させる事が出来るか?」アルジャジーラの読者投稿欄 (2008.3.22)
現代中国の私刑 (2008.1.22)
デンマーク・フェロー諸島の捕鯨 (2008.1.18)
シェルとロールスロイスに中国のスパイ攻撃(英紙タイムズ) (2007.12.21)
日本人捕虜の残虐処刑写真に関する中国人の議論 (2007.11.9)
ジュリアーニ前市長は地理で落第だ (2007.9.26)
非難決議案へのアメリカ人の反応/NBCニュースのコメント欄 (2007.8.3)

スポンサーサイト

当ブログからの引用・転載に関して

当ブログはリンクフリーとしますが、引用や転載に関しては以下の条件においてフリーとします。条件を満たしている限りはその都度許可は必要ありません。

1. 引用元の明示(作者不明の怪文書として拡散しない)
2. 内容の改変をしない(改変する場合は改変者の責任における編集である事を明記)
3. 営利目的に用いない。

なお当ブログにおける記事、写真、動画資料などの引用はフェアユースの条件または権利者の了解において行っているもので、アフィリエイトサイトの場合は条件が異なります。それらの二次転載によって権利者とトラブルになった場合は当ブログとしては責任は負いかねます。

Under section 107 of the U.S. Copyright Act 1976, the fair use of copyrighted materials is not copyright infringement. Article 32 of the Copyright law of Japan allows published works to be quoted for news reporting, criticism and research purposes. This blog is non-profit and using materials for criticism and research purposes that fulfills the condition of fair use.

はてなブックマーク - 在日コリアン問題を日本在住欧米人はどう見ているか?

コメント

<日本生まれで韓国や北朝鮮に帰国する意思がなく生涯を日本で過ごす積もりでありながら国籍を拒否する在日コリアンの場合は、それでも特殊なケースとなります。

参政権を欲しがってるのがこういう連中ばっかりなのが問題なんですよね。

  • 2009/12/25(金) 10:38:32 |
  • URL |
  • bao #uP0j07LY
  • [ 編集]

baoさん

まさしくそうですね。
永住権 (Permanent residence) というものはその名称から誤解され易いのですが、これはあくまでも上限のある通常ビザ以上の年数を滞在する人のための「期限のないビザ」であり、「準国民」ではないのです。

永住権に留まり帰化しない外国人の場合はその多くが、将来の帰国の可能性を閉ざしていない、又は将来帰国する予定の人達であり、永住外国人参政権の議論とは本来ならこの人達に選挙権が必要かどうかの議論のはずです。

これに対して帰化はしないが権利が欲しいという在日の場合は「準国民」又は「国民と同等」としての権利を手に入れたい動機から参政権を主張するものであり、これは似て非なりというか根本的に異なる問題です。
そういう点Japan Probeのブログ主の主張がやはり的確であって、永住者で選り好みをするのはOKではないとのラゴ氏の主張がむしろ偽善に見えます (笑)

  • 2009/12/25(金) 22:12:50 |
  • URL |
  • 文太 #gJtHMeAM
  • [ 編集]

文太さん、こんばんは。

作文を終えて投稿しようと思ったら、自分の言いたかった事がbaoさんと文太さんのやり取りで既に簡潔・的確に述べられていたという(笑)
折角ですので、投稿ポチッとな。

国粋主義という言葉に拒否反応を示す人達が、こと在日韓国・朝鮮人問題に限っては完全無欠の民族主義者になるという奇妙な現象。
それは、「帰化をしない理由」を彼らが口にする際、宣言無料・御意見無用の一方的なゴリ押しが利く精神面のみで語り、経済的な意味での諸々のリスク回避やアドバンテージの確保というそれはそれで切実、それ故に陳情に近い交渉となる話題を徹底的に避けている所にある訳で。

結果、どこからどう見ても「アイデンテティ=民族=国籍」の超タカ派となってしまい、彼らが言う所である「遅れた島国」に対する文句の説得力を全く失っています。なにしろ、国粋主義と民族主義を比較した時、間口の狭さ・先鋭化の可能性が顕著なのは明らかに後者なのですから。
不利な材料は俎上に載せないという不誠実さ故の自縄自縛としか言いようがなく、参政権付与の主張がヒステリックになればなる程、説教強盗にしか見えなくなるという感じです。

この話題は、一般的な意味での外国人参政権問題ではなく、完全に分けて、在日韓国・朝鮮人参政権問題と呼ぶべきかもしれませんね。
賛成派と反対派、リベラリズムとナショナリズムが必ずしも一致してはおらず、主張者の語り口によっては、むしろ逆になっているケースさえ珍しくはないのですから。

  • 2009/12/27(日) 21:20:13 |
  • URL |
  • ぐい呑み #-
  • [ 編集]

ぐい呑みさん

多民族を併合する「帝国」や、国外に従属地域を作る「植民地」のいずれのヨーロッパの例と比べて、その被支配者の末裔が現在旧宗主国においてどのようなステータスでどのような特権を持つかを見れは、より在日の特殊性が見えて来るというのがこの欧米人達の視点であり、まずその点に対する疑問や意見が出て来るのが自然な反応だと思います。でもbaoさんに早いもの勝ちされてしまいましたか (笑)

在日問題に関しては、実際の戦時中の半島人強制徴用は僅か200人余りで、多くは戦前の出稼ぎや、戦後から朝鮮戦争時に不法入国して来た人の末裔であると言われている件は取り合えず置いて置きますが、根本的な問題は「被害者」である事が彼等のアイデンティティの核となっている事だと思います。

そして本国や在日にかかわらず彼等のアイデンティティの拠り所がやはり「被害者」であり、そもそも非常にネガティブな方向性で纏まっている民族です。
だからその「被害者」のステータスを法的に保証する韓国籍と“朝鮮籍”の特別永住権を手放す事はその「被害者アイデンティティ」の消滅を意味し、そもそも彼等が求めているのは「対等な権利を持った国民」となる事ではなく、むしろ「勝ち取る事」が第一義である「現状の枠組みを壊す事」が目的となっているきらいもあります。

そして国民でない事による様々な制約を「逆境」と捉える事がまたモチベーションとなっているという悪循環です。

だからぐい呑みさんの指摘するように、陳情に近い交渉という形にする事は彼等にとっては自分達の特別性を否定する事になるためにあり得ない話であり、そういう姿勢がまた彼等が日本の左派に利用される元凶ととなっているのは、これは前エントリーのジャパントゥデイでもスイス人に「在日が政治的に利用されている」と指摘されている事です。

勿論「国家の枠組みを壊せ」と言っている日本の左派がどうして、世界にも有数の超民族主義集団を支持するような珍事が起きるのかという事ですが、これは勿論本音では在日を支援しているのではなく、日本国内の争いのために在日を政治利用しているだけの話です。

一方で、彼等が本当に被害者かという議論は当然出て来ますが、これはまた別な議論になります。


それから「アイデンティティ=民族=国籍」の件ですが、ユダヤ人に代表されるように宗教を民族アイデンティティの核にしている民族が世界には多く、一方で国家という枠組みに守られない状況における民族において「血族集団」の概念が民族をまとめる十分な力とはならないため、それが宗教的拠り所のない在日コリアンが国籍にこだわるという一因になっているのではないかと思います。
『Japan Probe』のjcu氏の言葉を借りればこれは「民族的迷信」ですが、この「愚かさと間違った考え」も一種の民族的宗教と言ってもいいのかもしれません (笑)


蛇足ですが、ヨーロッパでも英連邦のように旧植民地および旧領土 (アイルランド) の国民には特例を与えている例もあるように、日本でも在日問題とその他外国人永住者を同列に論じる必然性は全くなく、むしろその成り立ちから現状に至るまで「特別永住者」として元々区別されているものであり、それをなぜ今更一緒くたにするのかその歴史と主旨を考えればむしろおかしい話です。

  • 2009/12/28(月) 09:36:18 |
  • URL |
  • 文太 #gJtHMeAM
  • [ 編集]

民族主義

私はかなり民族主義(ひょっとしたら血族主義)が強いので途中から頭が痛くなりました。
帰化もさせたくないと言うのが本音ですから。

少なくとも今後の騒ぎを封じる為には帰化要項だって厳しくすべきだと考えています。
日本に馴染めない人は日本にいてほしくありませんから。
早い話、厄介者は家に入れたくありません。

  • 2009/12/28(月) 21:56:34 |
  • URL |
  • 松崎トシノリ #fZZVeMag
  • [ 編集]

松崎さん

ヨーロッパは陸続きで歴史的にも国境や国の単位や民族の定義が変化し続けた地域で、アメリカに至っては民族の概念すら存在しない国なので、ヨーロッパ人も国家単位としての血族意識は希薄であり (もともと部族単位)、特にアメリカ人に民族主義を理解させるのはこれは無理です (アメリカ人は人種単位でしか考えない)。

一方で『Japan Probe』でもクレイトニア氏 (コメント41) が「(ルーツと国籍を区別出来ないのは) 日本人から受けた間違った影響」と言っているように、この「アイデンティティ=民族=国籍」という概念は日本人も確かに強いです。
これは松崎さんが民族主義/血族主義だからという訳でもなく、もともと「土着の一民族=一国家」として成立した国(韓国やタイなど)では「国籍=アイデンティティ」の感覚が強く、多民族国家(中国やマレーシア等)では国籍は便宜上のものという感覚が強いように思います。

その中でも日本は極東の島国という地理的にも天然の要塞であった事も幸いし、他国や他民族に征服された事のない世界でも数少ない珍しい国であり、歴史的にも民族の定義の変化 (民族の混合など) が起こりにくかったため、日本人の純血意識は世界でも特に高い部類だと思います。
だから、このエントリーは欧米人、特にアメリカ人がこの問題をどのように見ているかを垣間みる情報として考えて頂ければと思います。細かい部分を丁寧に読んで行けば結構興味深い発言が多いので。

それでも、松崎さんの活動現場では“厄介者”と対峙するケースが特に多いと思われるので、仰りたい事は十分理解出来ます。
『Japan Probe』のLB氏 (コメント78) でも論じられているように、アメリカでは帰化に際して「(国籍を放棄するしないにかかわらず) 以前の全ての国への忠誠を放棄する」という宣誓を書かされるようであり、これはつまり宣誓に反した場合はアメリカにおいて国家反逆罪等の犯罪者となり、二重国籍であってももう一方の政府の保護を受ける権利を放棄する事を意味します。
アメリカにおいても「帰化とは便宜上のもの」かと言えば実際はそうではないようです。

日本が外患に対して甘過ぎるのはやはり他国や他民族に征服された事のない国家・民族であり、第二次大戦の反省ばかりにトラウマ的に偏執狂になっていても、やはり歴史的に教訓的な経験が乏しいのだろうと思います。

  • 2009/12/29(火) 08:32:33 |
  • URL |
  • 文太 #gJtHMeAM
  • [ 編集]

初めまして、翻訳お疲れ様です。
個人的にはタイムリーな話題だったので、興味深く読ませてもらいました。

ただ彼らが在日朝鮮人の大半が自分の意志で日本に渡ってきた事を理解したの上での議論なのか気になりました。

  • 2010/02/10(水) 14:40:55 |
  • URL |
  • no name #-
  • [ 編集]

レス

ありがとうございます。こちらこそ初めまして。
『Japan Probe』のコメント欄はエントリーにもよりますが、日本マニアや歴史マニア等の強者が集まる傾向があるので、在日コリアンの歴史の知識のある人など中には背景に関しても理解している人はいると思います。
これはむしろ、例えば日本人で関心のない層でそのまま強制連行説を信じている人達に比べれば、ここの外国人達の方が明らかに知識は高く、また彼等は一般的な在日外国人の水準ではないので、ここの議論を一般外国人の意見として見ない方がいいかもしれません。

それでもなお、エントリー中でも書いていますが、欧米人にしてもそれぞれの自国の歴史と価値観を基準に他国も見てしまうという要素はこれは世界中どこでも共通した事なので、そうすると彼等が過去にどういう植民地支配をしていたのか、そしてアフリカから奴隷を連れて来たりとか等、在日問題をそういう見方で見てしまう欧米人も一般には多いのではないかと思います。
そしてその辺りが例えば2番のハマチマン氏など一部の投稿者が、在日が日本で如何に酷い扱いを受けているかと未だに世界で信じられている事にフラストレーションを感じるという発言に表れているのだと思います。

  • 2010/02/11(木) 00:53:36 |
  • URL |
  • Red Fox #gJtHMeAM
  • [ 編集]

細かな説明ありがとうございます。

  • 2010/02/12(金) 22:54:18 |
  • URL |
  • no name #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

コメントは承認制とさせて頂いております。
エントリーと無関係のご要件はツイッターやメールフォーム、又は足跡帳にて受け付けます。

管理者にだけ表示を許可する

初めてコメントされる方へ:
ネットの匿名性による安易さから非常識な訪問者が時々あるためコメントは承認制とさせて頂いております。当サイトはリサーチや情報発信を目的とする非営利サイトであり顧客サービス業ではないため、初めてコメントされる方は以下の点をご留意頂きますようお願いします。

・エントリーを読んだ形跡がないコメントや、エントリーと無関係なコメントなど、掲載する必然性のないものは受け付けません。

発言責任の所在が不明なクレームの類いは、原則として当サイトに対応義務はありません。クレームは出す側にも発言責任が生じますので通りすがりや名無しによるクレームは受け付けません。アクティブなソーシャルメディアID (ツイッターやFacebook等) や固定サイトなど、ネット上アイデンティティをご提示下さい。

・初来コメントの多くがコメントの後にアクセスのない「通りすがりの書き捨て」でレスをする意味がないため、初來コメントへのレスは同一IPによる再度のアクセスが確認出来た方に限らせて頂きます。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://redfox2667.blog111.fc2.com/tb.php/213-a5b20fa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)
当ブログは非営利サイトとして著作物資料のフェアユース掲載をしている関係上、営利サイトの広告TBは承認出来ませんのでご了承下さい。

保守待望論

保守再生と鳩山内閣の売国政策に関して、12月20日に放送された、「たかじんのそこまで言って委員会」に、安倍晋三元総理と櫻井よしこ氏が登場して討論している貴重な動画を紹介しよう。

  • 2009/12/26(土) 21:08:08 |
  • 風林火山

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。