Red Fox

読まずにレッテル貼りをする人は出入り禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[太地町] 2011年11月の影浦侵入事件の真相



 活動家のマーティン・スチュワートが、2011年の2回目の太地町訪問(10月28日〜11月9日)中に複数の侵入事件に関わっていたと見られる件は前回言及したが、そのうちスチュワートが直接関わっていないと説明している影浦侵入事件に関してスチュワートの主張内容に不自然な点が目立つため、もう少し詳しく調査を行なってみた。

 この影浦侵入事件とは、イルカ捕殺が行なわれる関係者以外は立入禁止になっている畠尻湾南岸の小入り江の影浦に何者かが潜入して撮影した動画と写真が、2011年11月5日[>>1]に「匿名の地元住民」からの提供としてスチュワートのブログにアップされたという不可解な事件である。





殺戮の入り江の内部 --- 地方コミュニティ内部に狼狽があるのか!

 太地町の畠尻湾の殺戮区域の内部を暴露する、明らかに非常に最近撮影された動画と複数の写真を、匿名希望の地元住民からハンス・ペーター・ロス[*]と私は受け取った。その理由は明らかである。この人物は殺戮の入り江で現在起こっていながら漁協に隠蔽されている事の暴露を意図していた。


殺戮の入り江の内部

 この人物が畠尻湾の殺戮区域への合法的に立入ったのか、この画像が許可なしに撮影されたのかは知らないが、それは私の関心事ではない。
 この匿名の情報提供者は、太地町のイルカ猟師が彼等がそこまで誇りにしていると主張するものを必死に隠そうとしている事で混乱させられていると話した。

 そしてこの人物は、畠尻湾に関係した「苦難の状況」に引き起こされたこの全ての国際的なネガティブな注目による、太地町と日本の両方の評判に関して深い憂慮を示した。
 「太地コミュニティ内部すら含む多くの人達がイルカ猟に反対しており、この地方の町にとって難しい状況となっている」とこの情報提供者ははっきりと話した。
 「しかし彼等は声を上げようとはしない」

 これが匿名希望の地元の人物によって現在の映像が暴露された理由だ:「それでこれらは国内外に可能な限り拡散される事が出来る」
 この地元の人物や、このデリケートな問題でコミュニケーション可能な接点を作った人々に感謝したい。




Stewart, Martyn. "Inside the Killing Cove – Is there dismay inside the local community!". The sound of critters Bird and animal sounds across the planet, Nov 5, 2011. [魚拓]
* ハンス・ペーター・ロスの名前は後からカットされている。ロスの名前があった初期バージョンの痕跡:[Occupy The Cove - UK Yahoo! 掲示板

埋め込まれたYouTube動画の解説文はブログと同一内容:
mijdog. "Inside the cove". YouTube, 2011/11/05. 魚拓

 この「匿名の地元住民」の発言が『ザ・コーヴ』の主張のそのまま焼き直しの全く「活動家側の論理」である事、動画とスチル画像の映像の特徴が似通っており動画からスチル画像を取り出すスチュワートの手法の痕跡がある事、そして「地元住民」が撮影したにしては映像クオリティが高過ぎるなど不自然な点がある事は前回エントリーで指摘した。

 また当初書かれていたハンス・ペーター・ロスの名前が後からカットされているのも、彼等が単にこの映像を受け取ったというだけの話ならこれも不自然である。[>>2-3]


11月3日にスチュワートはアディ・ギルの船に乗って海に出て影浦に乗り入れている

 スチュワートの滞在と同じ時期にアディ・ギルが勝浦・太地エリアに来ているが、ギルはプレジャーボート『ハンディマンIII号』(よろずや号) を日本で所有し、2011年1月より隣の那智勝浦町のフィッシャリーナ那智に係留しており[>>4]、この時もSJDメンバーやスチュワートを乗せて海上での活動に協力をしている。[>>5]

 このうち11月3日にギルはスチュワートやロビン・クーパー・ウェベキングらを乗せて畠尻湾から太地漁港内部に乗り入れて撮影を行なわせていた。[>>6]

 以下の2本の動画がその時のものである。

スチュワート動画A (影浦を船上から撮影)
イルカの死のルート
撮影日:2011年11月3日、アップロード日:11月4日
ルート:太地港北側白鯨沖 (0'00") −畠尻湾入口 (0'25") −影浦内部 (0'45")

これは全てのイルカが殺戮者達と出会う入り江に至るまで通るルートだ。アディ・ギルが警察と海保の厳重な監視の中を彼の船で私を入り江自体の中に連れて行ってくれた事を感謝したい。彼等は長時間の撮影を快く思っていなかった.... 私がこの動画を撮影した3時間前に、13頭の美しいハナゴンドウがモンスター達に殺戮された。
mijdog. "Death route of the dolphins". YouTube, 2011/11/3. 魚拓
Stewart, Martyn. "The path of the Dolphins". Facebook, Nov 4, 2011, 14:14 JST.

スチュワート動画B (太地漁港を船上から撮影)
殺戮者達の巣の内部へ
撮影日:2011年11月3日 (推定)、アップロード日:11月20日
ルート:太地漁港 (0'00") − 勝浦沖 (6'15") −那智フィッシャリーナ駐車場 (6'46")

これはイルカの生簀や追込み船が停泊している太地港内部のレアな旅行である。私達がそのエリアにいるとの情報を警察や海保が得て、間もなく彼等は私達の一挙一動を見張っていた。そのエリアにいるのは邪悪な感覚がある。
mijdog. "Into the killers lair". YouTube, 2011/11/20. 魚拓

 これらの動画の内容を検証したところ陸地の風景に地形的連続性があるため、これらは時系列順に編集されていると考えられる。

 スチュワートのブログや動画上の説明からこれらは同じ11月3日に撮影されたものと見られるが[>>4]、動画Bの途中から警察や海保が増えて来て最後に彼等は那智フィッシャリーナに戻っている事から、以下のように動画A→動画Bの順番で撮影されたと考えられる。

推定ルート
動画A始点
畠尻湾
影浦
那智
フィッシャ
リーナへ
動画B始点
赤灯台
生簀
漁協
太地漁港
より大きな地図で スチュワート動画 を表示



検証:

気象的検証

 本エントリーでは、これらのスチュワート撮影の2本の動画と影浦侵入動画のそれぞれの撮影日と時刻を気象的条件から割り出しそれらの時系列的関連を明らかにする。

 スチュワートはこれらの動画Aは「11月3日に13頭のハナゴンドウが殺された3時間後」、動画Bは「13頭のハナゴンドウが殺された3時間後」に撮影されたと説明しているが、この説明の信憑性は気象庁の気象データや潮位データで確認する事が出来る。


天候

 これら動画AとB、そして「匿名の地元住民」に提供されたという侵入動画の全てが雨天という条件である。

スチュワート動画A (船上撮影−畠尻湾入口)
レンズに水滴がついているが水しぶきなのか雨なのかは不明。


スチュワート動画B (船上撮影−太地漁港入口)
雨がパラついており、何度もレンズの水滴を拭き取った形跡がある。

 いずれも雨雲の空模様であり、彼等が漁港に向かった頃から特に雨がパラついて来たような状況に見える。


 スチュワートの滞在期間で侵入動画ポスト日まで(2011年10月28日〜11月5日)の南紀地方 (潮岬) の天候記録は以下:

6789101112131415161718
10月28日 (金)
スチュワート来日
漁なし

--

--

--

--

--

--

--

--

--

--

--

--

--
10月29日 (土)
ハナゴンドウ10頭捕獲

--

--

--

--

--

--

--

--

--

--

--

--

--
10月30日 (日)
漁なし

--

--

--

--

0.0

0.5

1.5

3.0

1.5

4.5

1.5

0.5

0.0
10月31日 (月)
捕獲なし

0.5

0.0

--

--

--

--

--

--

--

--

--

--

--
11月1日 (火)
捕獲なし

--

--

--

--

--

--

0.0

0.0

0.0

--

--

--

--
11月2日 (水)
捕獲なし

--

0.0

0.0

0.0

--

0.0

0.0

--

--

--

--

--

--
11月3日 (木)
動画A&B撮影日
ハナゴンドウ13頭捕殺

--

--

--

--

0.0

0.0

0.0

0.5

0.0

0.0

0.5

0.0

0.0
11月4日 (金)
捕獲なし

--

--

--

--

--

--

--

--

--

--

--

--

--
11月5日 (土)
捕獲なし
侵入動画ポスト日

--

--

--

--

--

--

--

0.0

0.0

0.5

2.0

0.0

0.0
記号: 晴  薄曇  曇  霧雨  雨  驟雨 
天気記号の下の数字は降水量 (mm)
赤背景は降水量0.5mm以上、又は降水量0.5mm未満の雨天。

 イルカ屠殺があった日と雨天という条件に該当するのはやはり11月3日であり、この点に関するスチュワートの説明に矛盾はない。
 実際11月3日は午前10時台から0.5mm以下の霧雨ー驟雨ー雨で、13時台に降水量0.5mm以上を記録しているため、11月3日の12-13時台が一番考えられそうな時間帯である。


影浦侵入動画も雨天

 一方、問題の影浦侵入動画の天候も雨天である。

影浦侵入動画 (地上撮影−匿名地元住民提供?)

 この動画では影浦の地面や岸壁が濡れておりこの時に降り始めたものではない事を示しているが、動画の途中でレンズに水滴がつくため、この撮影時にも多少の雨が降っていた事が分る。





潮位

畠尻湾の潮位

 海の映像の場合は、潮位が撮影日や時刻を絞り込む材料となる。

 この地域は潮位の差は通常の大潮時に190cmに及ぶが、このうちスチュワートがハンディマンIII号に乗り込んだ11月3日は丁度一番潮位の差が少ない小潮日であり、この日の最高潮位は144cmである。

 影浦は南岸の護岸や北岸の岸壁、そして入り江奥の砂浜の地形が特徴的であり比較的潮位の判断がし易い。この入り江は大潮の干潮時には海底の岩礁が顔を出し、満潮時には奥の砂浜の大部分が水没する。

満潮時
(2007, OPS)
干潮時
*カーソルを合わせると満潮時の水位を表示。
(2003, Sea Shepherd Conservation Society)

スチュワート動画A (影浦を海側から撮影)
*カーソルを合わせると満潮時の水位を表示。

 2011年11月3日は上弦小潮で最高潮位は143cmだが、アディ・ギルの船上から撮影した11月3日の影浦の潮位は目視では大潮時満潮潮位 (183-191cm) の数10cm程度下に見える。


漁港動画の潮位

 一方、漁港内は波がないため潮位がより分り易く、具体的な比較物があるためにより正確な数字が出せる。

スチュワート動画B (太地漁港)

 幅31cmのガードレールと比較すると潮の跡は水面より45cmである。
 そして通常の大潮ピーク潮位 (183-191cm) からこの値を引けばこの時の潮位は約138-145cmとなる。

 動画Aの影浦の潮位にしても同じ程度に見えるため、これらスチュワート撮影の2つの動画の撮影時間帯は同じ満潮時と推定出来る。

 11月3日の最高潮位は144cmでありこれも矛盾はない。


この条件が該当するのはいつか?

 ここでスチュワート滞在時の具体的な潮位データ (浦神) を見てみる。

時刻
6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
10/28 187 191 177 150 119 92 78 80 98 127 158 182 191
10/29 165 183 184 168 143 116 95 87 94 114 141 166 183
10/30 133 161 174 172 157 135 114 100 98 107 126 148 167
10/31 102 132 154 163 160 147 130 115 106 106 115 131 148
11/01 79 105 129 145 152 150 140 128 117 111 111 118 130
11/02 66 85 106 125 138 145 144 137 128 119 113 112 115
11/03 65 75 89 106 122 135 142 142 138 129 119 111 106
11/04 73 73 79 91 107 122 135 143 145 139 129 116 103
11/05 87 78 77 82 94 110 127 141 148 148 139 124 106
赤背景は満潮時、青背景は干潮時。
赤文字は潮位138-145cmになる時間帯。
 
動画A
動画B
撮影日
侵入動画
ポスト日

 データ的には11月3日のスチュワートの撮影時刻は満潮時の12:30前後となる。
 早朝の追い込み漁に続き、食用屠殺は午前中に行なわれるため、これはスチュワートが動画AとBの両方に書き込んだキャプション「ハナゴンドウが殺されて3時間後」と矛盾しない。

 また13時台に降水量0.5mmの驟雨を記録した11月3日の天候とも矛盾しない。

 潮位に関しては実地調査で正確な数値を測定すれば、撮影時刻はかなり正確に割り出せるはずだ。



スチュワートの影浦船上撮影と、影浦潜入動画の潮位は一致

 一方、問題の「匿名の地元住民」に提供されたという陸側から撮影された影浦の動画だが、スチュワートが船上から撮影した動画と天候だけでなく潮位も全く一致している。

スチュワート動画A (海側から撮影)


影浦侵入動画 (陸側から撮影)

 勿論「住民」であれば潮位と天候と時間帯が一致した時に撮影するチャンスはスチュワートが来る以前の2ヶ月間でも何度もあるとは言える。

 しかし時系列から考えれば、その「提供された動画」と条件が一致するその時を狙ってスチュワートがアディ・ギルの船に乗って海上から撮影しに来た、又は偶然の一致をしたというシナリオはいささか無理があるだろう。





入り江内のコンディションも同一

海岸のオブジェクトの状態

 また影浦の砂浜部には木材やビールケースなど特徴のあるオブジェクトが複数見られるが、これらも完全に一致している。

 影浦の北岸の岸壁には畳まれた青シート、浜には何かケーブルカバーのような黒い物体、その近くには緑の洗面器、右側には黄色いビールケース、奥には赤いカラーコーンがある。

スチュワート動画A (海側から撮影)
*カーソルを合わせると説明を表示。


影浦侵入動画 (陸側から撮影)
*カーソルを合わせると説明を表示。


 また、影浦の左側には赤いビールケース、浜の上には木材が2本、中央には青いポリバケツの蓋のような物、そして奥にはヘルメットが掛かっている。

スチュワート動画A (海側から撮影)
*カーソルを合わせると説明を表示。


影浦侵入動画 (陸側から撮影)
*カーソルを合わせると説明を表示。



防水シートの状態

 そして以下の二つの写真を見比べれて頂ければ、遊歩道の縁に寄せられている防水シートの数や、端に寄せられた状態の形状が全く一致している事に誰でも容易に気が付くはずである。

 ここに張られているシートは、陸側から、1) ベージュが2列 (うち陸側はシルバーの縁がついている)、2) ダークシルバーに青のついたものが4列、3) ダークカーキ色が1列、4) 緑に黒と青のついたものが1列である。

スチュワート動画A (海側から撮影)
*カーソルを合わせると説明を表示。


影浦侵入動画 (陸側から撮影)
*カーソルを合わせると説明を表示。

 2003年にシーシェパードに崖の上から撮影されて以降、影浦の波打ち際近辺には防水シートが張られるようになり、上側から屠殺の様子を直接撮影されないように対策が取られている。

 特に2009年の『ザ・コーヴ』以降は活動家が活発化しているため影浦のシートは年々増設されているが、シート自体が頻繁に改良や交換をされるため、その時期によって枚数や色が異なり、それが一致するのは限られた期間内の撮影となる。

 特に一回開いてまた折り畳んだ時に全てのシートが全く同じ形状になるという事はあり得ないため、これは11月3日の朝の漁の後に畳まれた後であり、翌日4日は晴天でなおかつ漁がなかったため、侵入動画が11月3日に撮影されたのは確定である。そして潮位の一致から撮影された時間帯も同一となる。

 そもそもスチュワートは「警察や海保の厳重な監視の中をアディ・ギルが彼の船で入り江の中に連れて行ってくれた」と書いているのだが、実際海上から影浦を撮影した動画Aには警察も海保も一切映っておらず、この瞬間は侵入可能だった筈だ。実際警察や海保が出て来たのは彼等が漁港に乗り入れて以降の事である。

 これだけの状況証拠が揃えば犯人は確定と言っていいだろう。





この侵入動画は何のために撮影されたのか?

 反イルカ漁活動家が目指して来たのは、特に赤く血に染まった入り江の映像を撮影して扇情的キャンペーンを起こす事であり、それは実際の屠殺シーンが2007年に盗撮された『ザ・コーヴ』や、2011年1月のアトランティック・ブルーの盗撮動画で十分にその材料を提供して来た訳である。
 その後の2011年11月になって、地上目線の影浦の映像は実際珍しいとしても、何も行なわれていない時の影浦に侵入して撮影したところでさほどのインパクトを得られる物ではない。

 この目的はむしろ、スチュワートのブログに書かれていたような「日本人の内部告発者」を演出するという、『ザ・コーヴ』の太地町町議、この年に有罪判決が確定したグリーンピース裁判、そして豪ABCの反捕鯨ドキュメンタリー『ザ・キャッチ』辺りと同じような発想である。


日本の当局を出し抜く事が目的か?

 またこれとは別に、ヒントになりそうな事を11月4日のエントリーでスチュワートは書いている。

 今回日本当局の警備は強まり、この殺戮シーズンに対して明らかに細かくトレーニングされている。
 追い込み漁の時に、至る所をパトロールする機動隊や海保隊員。入り江には多くの足場が作られ目隠しシートとワイヤーの劇場になっている。(中略)
 去年のような写真を撮影出来なかったら我々はいなくなると彼等は考えているのだろうが、それは大きな間違いだ。
 彼等が無実のイルカを入り江に追込む毎回何が起こるか我々は知っており、海の上を青いシートで隠す事は出来ない。

Stewart, Martyn. "This is not the place to write a love song…… The cove, Taiji. Japan.". The sound of critters Bird and animal sounds across the planet, Nov 4, 2011.

 ハラスメントの素材映像を集めるためのスチュワートの執念は凄まじいものがあるが、特にセンセーショナルでもない内容の映像にもかかわらず、それを船に乗って海上から撮影を試みるというスチュワートとアディ・ギルの行動は、誰だか分らない形で侵入禁止を破るというむしろ日本の警察や海保を出し抜いてやろうという動機だったのかもしれない。

 これはその1年前に日本の報道関係者の取材に腹を立ててハラスメントを行なったスチュワートらしい動機とも言える。(了)


追記:2月15日 23:00

本エントリーでは限りなくクロに近いグレーという調査結果を出したが、その後追加調査を行なったところ、マーティン・スチュワートが影浦に侵入して撮影した事が確定したと言っていい条件が揃ったため、エントリー本文を修正した。それ以前に本エントリーを読んでいた方のために要点を以下に記す。
  1. スチュワートがアディ・ギルの船に乗って影浦と漁港を撮影した日に関してスチュワートは「11月3日、撮影の3時間前に13頭のハナゴンドウが殺された」と両方の動画にキャプションを入れている。
  2. スチュワートの滞在期間中(彼が侵入動画をポストした11月5日夕方以前)に実際に漁が成功して捕獲があったのは10月29日と11月3日の2日のみで、11月3日に13頭のハナゴンドウが捕獲されたなどそれらの情報は、ハンス・ペーター・ロスのブログ、ヘザー・ヒルのブログ、そしてCGのFBの情報を合わせると確認出来る。
  3. このうち10月29日は晴れであるため可能性は排除される。
  4. 影浦の目隠しシートが折り畳まれたのは11月3日午前の屠殺の後で、翌日4日は晴れ、5日は日中は曇で午後より雨だが、同じ潮位で雨天の条件が揃うのは16:00頃であり、この日の夕方にはスチュワートは動画をポストしているため、そうすると3日しか同じコンディションの目隠しシートを撮影するチャンスはない。
  5. 11月3日に限定されれば、船上撮影動画と侵入動画の潮位が一致する事から同じ時間帯に撮影された以外の可能性はない。



脚注・参考サイト・資料・ソース:

シーシェパードや太地町関連の資料は悪用される可能性があるため限定公開とします。アクセス希望の方はアクティブなブログやツイッターアカウントなど成り済ましでない事を示す情報をご提示のうえ、メールフォーム、ツイッター、又はFacebookまでお問い合わせください。







備考:

  1. ^ このブログは日時の表記がないが、ヘザー・ヒルが日本時間11月5日の18:20にはこの件をブログで書いているためアップされたのはそれ以前である。
  2. ^ ハンス・ペーター・ロスは2011年10月15日より滞在し、26日と29日にアディ・ギルの船に乗っているが、ブログの内容的に11月1日以降は滞在した形跡がないため、スチュワートがここでロスの名前を出した事が不可解ではある。
  3. ^ ハンス・ペーター・ロスの名前が書いてあった痕跡はまたヘザー・ヒルのブログにも見られる。
  4. ^ 熊野新聞, 2011/1/21. 紀伊民報, 2011/1/21. 佐々木正明. 『出港を待つ一隻の船 果たして、その目的は?』. Cool Cool Japan !!!, 2011/10/13 11:30.
  5. ^ 資料が見つかるだけでも、10月26日にSJDのリア・レミューを乗せて畠尻湾の海岸での白塗り舞踏活動家のルス・リグタスのパフォーマスを海上から撮影、29日にはSJDのレミューとヘザー・ヒルを乗せて漁船を追いかけている。
  6. ^ 影浦を船上から撮影した『イルカの死のルート』の動画の最後に「2011年11月3日」の表記がある。2本目の太地漁港の動画『殺戮者達の巣の内部へ』には日付の表記はないが動画の最初に「この撮影の3時間前に10頭のハナゴンドウが入り江で命を落とした」と同一内容の表記、最後にアディ・ギルの船とのクレジットがあるためこちらも同じ日に撮影されたという事になる。
    またスチュワートのブログには漁港内で漁師を撮影した写真に「11月3日」の表記がある。






スポンサーサイト

当ブログからの引用・転載に関して

当ブログはリンクフリーとしますが、引用や転載に関しては以下の条件においてフリーとします。条件を満たしている限りはその都度許可は必要ありません。

1. 引用元の明示(作者不明の怪文書として拡散しない)
2. 内容の改変をしない(改変する場合は改変者の責任における編集である事を明記)
3. 営利目的に用いない。

なお当ブログにおける記事、写真、動画資料などの引用はフェアユースの条件または権利者の了解において行っているもので、アフィリエイトサイトの場合は条件が異なります。それらの二次転載によって権利者とトラブルになった場合は当ブログとしては責任は負いかねます。

Under section 107 of the U.S. Copyright Act 1976, the fair use of copyrighted materials is not copyright infringement. Article 32 of the Copyright law of Japan allows published works to be quoted for news reporting, criticism and research purposes. This blog is non-profit and using materials for criticism and research purposes that fulfills the condition of fair use.

はてなブックマーク - [太地町] 2011年11月の影浦侵入事件の真相

コメント

コメントの投稿

コメントは承認制とさせて頂いております。
エントリーと無関係のご要件はツイッターやメールフォーム、又は足跡帳にて受け付けます。

管理者にだけ表示を許可する

初めてコメントされる方へ:
ネットの匿名性による安易さから非常識な訪問者が時々あるためコメントは承認制とさせて頂いております。当サイトはリサーチや情報発信を目的とする非営利サイトであり顧客サービス業ではないため、初めてコメントされる方は以下の点をご留意頂きますようお願いします。

・エントリーを読んだ形跡がないコメントや、エントリーと無関係なコメントなど、掲載する必然性のないものは受け付けません。

発言責任の所在が不明なクレームの類いは、原則として当サイトに対応義務はありません。クレームは出す側にも発言責任が生じますので通りすがりや名無しによるクレームは受け付けません。アクティブなソーシャルメディアID (ツイッターやFacebook等) や固定サイトなど、ネット上アイデンティティをご提示下さい。

・初来コメントの多くがコメントの後にアクセスのない「通りすがりの書き捨て」でレスをする意味がないため、初來コメントへのレスは同一IPによる再度のアクセスが確認出来た方に限らせて頂きます。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://redfox2667.blog111.fc2.com/tb.php/315-ee1b6618
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)
当ブログは非営利サイトとして著作物資料のフェアユース掲載をしている関係上、営利サイトの広告TBは承認出来ませんのでご了承下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。