Red Fox

読まずにレッテル貼りをする人は出入り禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルカ狂の内紛



 太地町に来ている歴代の活動家の中でも抜きん出て悪質な人権侵害行為を行って来た活動家のマーティン・スチュワートが、今度はイルカ活動家の内紛で騒いでいるようだ。

 シーシェパードは今年2月より米国ワシントン州とオレゴン州の間のコロンビア川で鮭を食い荒らすアシカの当局による駆除を妨害するために活動家を常駐させるキャンペーン「ダム・ガーディアンズ」を開始しており、スチュワートは3月29日より現地のオレゴン州アストリア港に滞在していたが、太地町のイルカ漁妨害キャンペーン「コーヴガーディアンズ」のリーダーで、シーシェパードのシアトル支部代表のスコット・ウェストがスチュワートと口をきかないようにメンバーに指示をしていた事が分ったと4月9日にFacebookに書き込んでいる。

 スチュワートは2010年の初来日時に太地町で日本メディアのジャーナリストや取材班への嫌がらせを行っており、その翌年にスコット・ウェストが「腐ったリンゴ」を入れないためにメンバーを承認制にする事を発表している。
 状況的に締め出されたのはスチュワートだと考えられたが(後述)、今回それがより裏付けられる形となっている。

写真:2010年12月5日時点で太地町にいたシーシェパード。左から4人目のマーティン・スチュワートと一番左のマイク・ローデンはシーシェパードの「コーヴガーディアンズ」として一緒に腕組みをして写真に映っていた。 (Sea Shepherd Conservation Society)[>>1]






 以下は関連するスチュワートのFacebookの書き込み。この書き込みには200以上のコメントがついているが、大半がネチズンの支持者による相づちコメントのため、スチュワート本人、過去に太地町に来た事のある活動家、そしてスチュワートが返事をしている元の書き込みのみを選んで掲載。


Martyn Stewart
2013年4月9日 2:35 アストリア

太地とオレゴンでシーシェパードが私と口をきく事がスコット・ウェストに許可されていない事を今日知った。ここアストリアにいる2人のSSメンバーが私の妻に話し、彼女をばい菌のように無視した... 私がそこまで嫌われていたとは知らなかった

Martyn Stewart 妻は昨日彼等にゴミのように扱われ、なぜかと思うかを聞かれた。一人の無作法な女の子が私や私と関係する誰とも口をきくなとスコット・ウェスト(シアトル支部のリーダー)から指示されたと話した...
2013年4月9日 2:40
Martyn Stewart 多くのSSメンバーから、私と口をきかないように指示するスコットのメールを見せられた。自己負担のボランティアが何をするかを指図されている... 恥を知れ! 私は動物虐待者と戦い、彼は私と戦うのだ
2013年4月9日 2:43
Mike Lorden 全てのレベルにおいて勢力争いが邪魔をする。特に同じ事のために戦っている時に。
* 2010年にやはりコーヴガーディアンとして太地町に来て2年目から外れているスチュワートの相棒活動家。
2013年4月9日 2:44
Martyn Stewart シーシェパードはよい組織だが全ての団体にこの手の連中がいる
2013年4月9日 2:44
Martyn Stewart 私ならいいが、彼等が私の妻や娘や孫に対して感じが悪いのは悲しく思う...
2013年4月9日 2:45
Martyn Stewart 先週彼に会ったが、エレベーターの中で彼は私に挨拶せざるを得なかった。彼は太地から私のガッツを嫌っているのだ!
2013年4月9日 2:46
Thomas Gainard 一部の人達はまだあなたと話すだろう
* 2010年よりコンスタントに日本で偵察活動等を行い昨年11月に入国拒否されたシーシェパードの活動家。
2013年4月9日 3:03
Heather Hill あなたの事をとても誇りにしているし私はあなたの味方よ。このようにあなたと会わないようにするどのような団体もショッキングで馬鹿げていると思う。
* SJD。2011-12年に太地町に合計3ヶ月近く常駐したが、精神崩壊を起こしてオーストラリアに移住。
2013年4月9日 4:39
Jill Bolbecker もしスコット・ウェストがその2人に本当にそう言ったとしても、それをそういう方法でゴシップする時を間違えている。シーシェパード全体が悪く見えるような事をあなたの奥さんに話した人物に私は失望した 実際の事実や全体の経緯なしにシーシェパードを攻撃する人々には我慢がならない。
2013年4月9日 3:29
Martyn Stewart Jill Bolbecker: 私はシーシェパードを嫌っていない。実際各地で彼等のメンバーの何人かの経済負担を助けている! 私は彼等の一部が私を嫌う事を止められない これが野獣の本性だ!
2013年4月9日 4:47
Kerry O'Brien マーティン、大多数がそのようには感じていない事は確かよ。ほんの一部か一人か...これが私が一つの団体に属する事を拒否している理由。私は誰の事も好きになれて、特にあなたとカンガルーが好き。
* SJD。これまでに3度太地町に来ている。
2013年4月9日 5:10
Robin Cooper 違う日に同じナンセンス。スコット・ウェストが彼のナンセンスなやり方に無実な人々を引きずり込んでいるのは最悪よ!!
* 彼女もスチュワートの相棒的な活動家で2011年に来日。影浦侵入事件の時に同行。
2013年4月9日 5:39
Pete Bethune うーむ
* 言わずと知れたピート・ベスーン。
2013年4月9日 6:55
Martyn Stewart 本当に驚くべき素晴らしい人々がシーシェパードと関わっている事を皆さん全員に理解して欲しいと思う。
私に不満を持っているのはウェスト一家であり、彼等は権力を誇示しその名を汚している。私はシーシェパードを支持する。
私は彼等の組織に属した事はなく、実際どの組織にも属した事はない。
どのような団体にもスコット・ウェストのような人々がいて、大半の人々がやった良い働きを彼等は貶めている。彼とその家族は私に対して巨大なアジェンダを持っているが、私は太い神経を持っている。皆さんのサポートを感謝する。常に動物のために。
* シーシェパードから追い出されてからスチュワートはこのように主張している。
2013年4月10日 0:18
Martyn Stewart シーシェパードは信用を失っている。それは全て一人の男とその家族のせいだ! 彼等は太地とオレゴンでやる全てを仕切っている。多くの人が間違った印象を持ち(彼と)団体を同一視している。全ての人とは言わないが多くである事に違いはない...
太地でシーシェパードはこの男のせいで嫌われている。なぜなら彼等は虐殺を止める事に何の進展もないからだ。
彼が日本で言った「嫌なら来なければいい」は広く引用されている!!
FFS (For f*** sake) 悲しい事に...
* この「(ハラスメントが)嫌なら(イルカ漁に)来なければいい」はテレビ朝日のドキュメンタリ宣言でのインタビューでスコット・ウェストが話した事。しかしSSが日本で嫌われているのはイルカ漁をやめさせる事に彼等が成功していないからではない。
2013年4月11日 7:28
Brian Barnes スコットはまだ生きているのか? 数ヶ月前彼にテキストメッセージを送ったが返事が来た試しがない。私もブラックリストの一人なのだろう… 
幾つかの事に関して私が自分の考えを持っているから、ポール(ワトソン)が私に好意を持っていないのは分っている。それは本当に最悪だ。彼の活動を支持しているのに。
* SJDメンバー。2011年2月に太地町の各世帯に郵送された『ザ・コーヴ』のDVDを米国より運んだ人物。また彼は3月11日に岩手県大槌町で震災と津波に遭った活動家グループ(彼以外はシーシェパード)の一人。
2013年4月11日 9:39
Lori Doyle マーティン、リック・オバリーやSave Japan Dolphinsと一緒に行けばいい。あなたがその団体と一緒に行きたいのなら。ティム・バーンズに連絡すれば、彼は協力してくれる。
2013年4月11日 7:44
Martyn Stewart Lori: 私はティム・バーンズとリックが好きだが、単独で行く事を選んだ。私は9月に再び行くが、多くの悪魔の水が解決のために橋の下を流れて戻る前にだ
2013年4月11日 7:49
Tim Burns マーティン、この事に関しては同情するが、太地でそれは非常に面白い事だと私は認めなければならない。
自分自身の経験に基づいて自身で決定する事なしに一人の人物の言う事を聴くような人々がいたなら、それは無視した方が良い人々だ。
又はあなたが太地で能弁に言っていたように、自分で飛行機チケットを買ったのだから彼等など全てf*** だ!
* SJDメンバー。2010年より毎年1回来日。米国フロリダ州の自然食品企業の社長。以前カラス型カカシに騙されて日本では烏が殺されて吊るされているとか、牛の腹についた泥を見て水銀中毒の皮膚病だとか訳の分らない事を言っていたのもこの人物。
2013年4月11日 8:18
Dave Wicks 一つ完全にはっきりさせたい事がある。マーティンは素晴らしい人物でこういう事に相応しくない。私は状況の完全な筋道の理解を試みている。
言われていたように、これがピート・ベスーンやECOとの友好や関係を失う原因になるのか? あなたが実際ECOやピートのために直接活動した事はない事は分っているが、あなたは彼のナミビアキャンペーンで(友人として)彼を支援したという事だった筈だが? 多分スコットはあなたがECOと関わりがあるという不正確な印象を持っているのかもしれない。
シーシェパードの視点からは、ピートとECOはキャンペーン開始の丁度その時期に複数の訴訟でもって(彼等の)団体を破壊しようとしているように見えるのだろう。
更に最近、ECOの幹部(Cricket Robinson)が、アストリアのダムで監視しているシーシェパードのボランティアの氏名や人物情報をポストしていた。彼女はアシカ猟支持者や捕鯨支持者がいるページでそれを行った。また彼女はアシカに焼き印を押す役人の一人(Mathew Tennis?)にタグ付けをした。
ECOがシーシェパードに穏便に接したいようには見えないため、シーシェパードがその直接・間接の関係者と距離を置いているのは理解出来る。マーティン、なぜあなたがそこに含まれているのかよく分らないが、それはここの人達が仮定している事より幾らか複雑だ:例えば寄付金、エゴなど。
これは結局スコット側の誤解になっているように私は非常に思うが、あなたは明確にそうではないと思う。彼は団体内の自分の味方を守ろうとしているので、それはシーシェパードを破壊し、その防衛が幾分深刻過ぎるのは明らかだ。
* ECO:ピート・ベスーンの反捕鯨団体「アースレース」の略称。
2013年4月11日 8:51
Sakura Paia 本当に悲しい! 動物を救うそのやり方なんてf***ing何でもいいけど、一部の人達が他の組織を嫌っているのよ! 動物を救う人達を私は好き。動物を救えばいいから人間は争わないで! 動物虐待をする人間と戦えばそれでいい!
* SJDメンバー。日本人。2012年度に頻繁に太地町に常駐およびSJDのレポートを行った。スチュワートとはかなり親しい模様。
* 尤も彼女の「人間は争わないで!」は味方同士限定のようである。イルカ活動家が「敵」に対しては非常に攻撃的な言動が目立つのは昨漁期における彼女も例外ではなかった。

2013年4月11日 8:55
Tim Burns サクラ、その通りだ。
2013年4月11日 8:56
Sakura Paia それからマーティン、動物を救えばそれでいいので馬鹿な人達は無視しよう! 私は賢い人達と付き合いたい!OK?!!!!イエー
2013年4月11日 8:56
Sakura Paia あはは、ティム、ありがとう! 私達は動物達のファミリーよ!!!!
2013年4月11日 8:57
Martyn Stewart 皆さんには私の妻のウォールでDave Wicksへの私の回答を参考にして欲しい。私はここでもデイブにレスをする。
デイブ、それが容易だったらいいと思う... 初めて太地に行ったとき私はエローラとその父親を尊敬していた。この17歳の少女がこの年齢でこの地獄を経験するとは何と勇敢なのかと考えていた...
私はそれを理解するのに10分かかった。詳しくは踏み込まないが、私は彼女の行為をスコットに伝え、彼は私を追放し関係者全てに私から離れるように言った。
70頭のイルカが殺されている入り江で笑い、私と一緒にいた3人の他の人達が起こっている事に取り組もうとしていた間、必死な主婦に関するおしゃべりをしていた...
彼等のふざけた行為のため1人は翌日太地から去った。その日以来太地町を訪問する全てのシーシェパードのメンバーは私と関わらないように支持された (私はメールとテキストを見た)
彼等の家族は私を破滅させるミッションにあるが、私は動物にフォーカスしているのでそれは起こらない... それはピート・ベスーンとは何の関係もない。私はナミビアでピートと協力したが、それはプロの録音技師としてだ。
私はシーシェパードが海のためにやっている事は好きだが、彼等の太地での戦略は好まない。それは私が愛する動物のためには逆効果だと分った...
ウェスト一家が私の家族と関わると問題が起こる... 昨シーズンのメリッサや一部の彼女の子分達は特に私や友人に無礼であり、それは全てウェスト氏のせいなのだ...
ピートは関係ない... 皆さんの親切な言葉に感謝する。
2013年4月11日 11:02
Martyn Stewart ピート・ベスーンは関係ないが私の友人である事を付け加えたい。動物戦争のやり方に関して異なる考えを持っているが、それが私達を対立させる訳ではない。
2人の人物の間の戦いはそのようであるべきであり、絞首刑をするべきではない。そして私はウェスト一家のケースを不快に思い始めた。
私達は誰でも間違いをおかし、誰かに最初に石を投げさせる... 私がピートの好きな点は、どこに所属しようとも、どのような状況でも、物事を行うためには無駄に時間を浪費しない事だ。
2013年4月11日 9:51
[訳:岩谷] (原文:英語)
Stewart, Martyn. "I was told today that Sea Shepherd are NOT allowed to talk to me in Taiji or…". Facebook, April 9, 2013, 2:35 JST.



漁師にハラスメントを行うウェスト親子。右がスコット、漁師の至近距離でカメラを構えているのがエローラ。シーシェパードの中でも最も積極的に口汚くハラスメントを行ったのがエローラである。2010年11月。(NHK)[>>7]
 キャンペーンリーダーのスコット・ウェストの当時17歳の娘のエローラ・ウェストが、イルカ屠殺が行われている入り江においてゲラゲラ談笑をしていた事を父親に苦情を言ったところ、突然追放されたとスチュワートは主張している。

 これはスチュワートの体のいい口実に聞こえるが、一方でホームスクールで育てられシーシェパード幹部の娘として太地町に来て「10代の活動家」のキャッチコピーで支持者にちやほやされていたエローラ・ウェストが人間性と社会性能力に問題があったとしても何ら不思議な話ではない。


腐ったリンゴ

 シーシェパードのキャンペーン「コーヴガーディアンズ」の1年目の2010年11月27日〜12月10日に、スチュワートはそのボランティアメンバーとして初めて太地町に来ている。[>>2]
 しかしその翌年度の2011年10月の2回目の来日以降はスチュワートはコーヴガーディアンズより外れフリーの立場として太地町に何度も来ている。

 一方、コーヴガーディアンズ2シーズン目(2011-12年度)の募集要項においてスコット・ウェストが「一部の腐ったリンゴも現れた」と表現し、レイシストの問題を減らしたいためにメンバーを承認制にするとアナウンスしていた。

 昨年、私達は呼びかけを行い、現れたほぼ全ての人を受け入れた。彼等が呼びかけに応じたので我々は多くの素晴らしい人々と出会いを経験したが、残念ながらいくらかの腐ったリンゴも現れてしまった。
 今年はそういった問題を減らしたいため、シー・シェパードの公式コーヴ・ガーディアンズになる事を希望する全ての人に書類提出を要求している。我々にレイシストを受け入れる余地はないので、そういった人達は申し込まないで欲しい。昨年のコーヴ・ガーディアンズ経験者も書類提出をする必要がある。
ーースコット・ウェスト
2011年9月1日、コーヴガーディアンズの募集要項より[>>3]

 そして今年の1月にスチュワートの4度目の太地町訪問の時には、昨シーズンのキャンペーンリーダーのメリッサ・セーガルがシーシェパードメンバーにスチュワート一行と口をきかないように指示をしていたとマイク・ローデン(スチュワートの相棒)が主張している。

これがシーシェパードのメリッサである事は確かだ。しかし彼女は我々を認めておらず、彼女の部下に我々と口をきかないように指示をして、一番見晴らしのいい場所をブロックしている。今日は我々が共に活動出来ればと思う。イルカのために。
ーーマイク・ローデン
2013年1月13日、Facebookより[>>4]

 2010年に来た活動家のうち翌年以降のリピーターでシーシェパードから外れているのはスチュワート一行のみであるため[>>5]、その「腐ったリンゴ」としてシーシェパードから追い出されたのがスチュワートである事は容易に推測出来た。


テレビ朝日の取材班にカメラを向けるスコット・ウェスト(テレビ朝日)[>>9]
 スチュワートが1年目の2010年の滞在中に日本のジャーナリストに嫌がらせを行った事がメディア戦略重視のシーシェパードの方針と異なる事、そして漁師と飼育関係者のみ悪魔視するという同団体の方針と異なりスチュワートは一般町民への誤爆を行ったなど、スチュワートが追い出される理由は十分にあった事は確かだ。

 しかし実際に日本で太地町でのシーシェパードの悪評が立った主要原因は、スコット・ウェスト自身のフジテレビやテレビ朝日の取材班に対する敵対的な言動[>>6][>>9]、そしてウェスト親子自身が先頭を切ってNHKのカメラの前で漁師にハラスメント行為を行った場面[>>7]が日本で報道された事がより大きな原因である。
 いずれにしてもシーシェパード側が日本で「レイシズム」と悪評が立った事を戦略の失敗と捉えている事は確かなようだ。


シーシェパードの醜聞の暴露大会

 スチュワートはスコット・ウェストに関するポストをした前後の4月9日にはオレゴン州を去ったと見られるが、その10日後になって、シーシェパードが2年目のコーヴガーディアンズをメンバー承認制にした原因がスチュワートだとスコット・ウェストが明言したと再びポストをし、いろいろ暴露大会という面白い展開になっている。

 なおここに書き込んでいる活動家は基本的にスチュワートと交流のある人物であり、シーシェパードよりもスチュワート寄りの立場にあるSJD(Save Japan Dolphins)メンバーが多いが、そのうちシーシェパードの諜報活動家のトマ・ゲナールは例外である。


Martyn Stewart
2013年4月19日 2:04 White, WA付近

何という恥さらしだ! これをポストするかどうか迷ったが、これは消去すべきかもしれないが、現時点ではこれを言うべきだと思う...
スコット・ウェストから私の友人 (名前は伏せておく) に送られて来たメールを見せられたところだ。

我々がキャンペーンのために申込書プロセスを実施しなければならかなった理由はマーティン・スチュワートだ。
海のために。
スコット・ウェスト
シーシェパード・コンサベーション・ソサエティ

これはこの手の会話を私に知らせてくれた12人目だ。
私はまたシーシェパードが紀伊勝浦のブルーオーシャンホテルに移動した理由が私が引き起こしたセキュリティ面の不安だと言われた!!! WTF!!
私はその理由を知っているがそのような事ではない。
紀伊勝浦のシャルモントホテルの美人オーナーは、彼等が部屋に残した状態のためにシーシェパードを立ち退かせたのだ。壊れた流しやトイレ、壁やカーペットの黒い毛染め。ホテルのオーナーは本当に気が動転して、シーシェパードが再び来る事を禁止した。サクラ・パイアと私はその事実の目撃者だ!
私を非難するのはいささか哀れである。私が言える事は、私は太地のシーシェパードの一員になるように申し込んだ事もなければ、彼等の組織の一員になった事もない。
私は世界でシーシェパードを支持するが、頼むから太地での無作法の弁解に私を利用しないでくれ。それは幼稚園レベルだ!
彼等の良い名前が悪くなる前に、彼等は実際に腐ったリンゴを追放する必要がある... 私が最初に言ったように、この団体に危害を及ぼしたくないのでこれをポストするのは愉快ではない。私は動物のためにここにいるのであって、売名行為ではない!


Martyn Stewart 正直に言う。この糞は私を本当に悲しくさせる。
2013年4月19日 2:05
Martyn Stewart 私は意識喚起のためにFacebookを使っているのであって、論争やヘイトのためではない。時にはここからf***出て行くべきだと感じる事もある (常にそう感じている訳ではない)。
私を苦しめる唯一の事は最愛の動物であり、だから彼等の彼等の問題へのフォーカスを大事にして欲しい。これらのアリーナは非常に不健康になるかもしれない。
2013年4月19日 2:07
Martyn Stewart 私が彼にとってそのような脅威だったとは知らなかった。彼の家族は極度に執念深く二面性がある。
2013年4月19日 2:08
Martyn Stewart 私は太地のシーシェパードで数人の本当に良い友人を得た。
彼等は彼の軍隊式の糞にうんざりし、あるふざけた行為のためにSSに戻って来る事を考えないだろう。余りにも多くの損害が行われる前に、幹部が介入する必要がある。
2013年4月19日 2:12
Martyn Stewart 私が知っている一人の人物がダム・ガーディアンになる事を断られた (FFS)。なぜなら私と関わりがあるからだ!! これは完全に台無しになっている。
2013年4月19日 2:14
Martyn Stewart シャルモントの女性オーナーがどう感じているかはサクラが話してくれる。私はこの糞をでっち上げた訳でないが、なぜ私が巻き込まれるのかFFS!
2013年4月19日 2:16
Laura Leigh ポール(ワトソン)に直接話す事が私のアドバイスよ。
2013年4月19日 2:16
Martyn Stewart ローラ、ポールは明らかに私を嫌っている。
私の事を彼はスコットから聞いて、私の事を知る事なしに、彼のページで私の信用を傷つけ、フレンドを解除した。本当に悲しい… 私が彼の刑務所からの保釈を助ける最初の人物になるかもしれないのに。
2013年4月19日 2:19
Sakura Paia そう、私達は争い事は要らない! 動物のための事をするだけ! そう、シャルモントホテルの女性とオーナーはとてもナイスな人達で、本当に私達に親切。動物を守ろう!そして今日本の他の都市でも同じ。一部の人達は私がヴィーガンだから私を嫌っている!はは、WTF! だから何? みんなf***動物を救うのよ!分った? マーティンと私は太地のイルカと鯨を救いたいの! 私達を邪魔しないで! そして!もし誰かが戦いたいなら、猟師と戦えばいい!
2013年4月19日 2:25
Veronica Wolski 私は以前はシーシェパードを金銭的に心情的にサポートしていた。でも彼等があなたの活動の中傷を試み始めて行こう、私は少し距離を置かなければならなくなった。
私はwww.celebcharitychallenge.orgでサム・サイモンがフリー・モーガンの恐ろしい監禁に関して常に話しているのを聞いてシーシェパードに辿り着いた。彼等がモーガンが自由を取り戻し生まれ故郷の野生に帰る可能性をポジティブに助けるたねに何かをするチャンスがあるなら、シーシェパードはそれを指示するのか? それはない!
彼等は自分たちの事しか考えていない。彼等の活動はとてもやかましく、一単語すら聴く事も出来ない。あなたは素晴らしい活動を続ければいい。
2013年4月19日 2:17
Martyn Stewart ヴェロニカ、それが誰なのか知らないので私は人々を非難してはいないが、彼等がホテルに残した事を私が述べているのは、私が情報漏洩を起こしたので彼等がホテルを去ったというのは全くの嘘だからだ。
シャルモントの女性は彼等にあきれている… ランドリー、トースター、電子レンジ。低評価だ! セキュリティ違反の私のせいだと?
2013年4月19日 2:26
Sakura Paia そう、イルカと鯨の殺戮を止めるために私達にはSJDやSS、マーティンやその他が必要なのよ! どのように止められるかは問題じゃない! SSは日本の船にぶつかるだろう! そう、馬鹿な人々はいらない。私達に無駄な時間はない! 動物達を救おう!
2013年4月日 :
Pete Bethune マーティン、こんな事で私は驚かない。あなたが次のスケープゴートにされない事を願おう。
* ポール・ワトソンの赤手配書は、ベスーンが自らの執行猶予の見返りのために日本当局と結託してワトソンに不利な証言をした事が根拠だとワトソン側が主張している。
2013年4月19日 3:22
Kerry O'Brien マーティン・スチュワート、あなたとあなたの活動が好き。私はいつでも誇りを持ってあなたとカンガルー達の側にいるでしょう。
2013年4月19日 4:39
Robin Cooper 警官がシャルモントに来たときにそれがいつでもシーシェパードで、それを彼等が知っていて、SSの主催者/リーダーたちがこのレベルである事は明らかに悲しい状況ね
嘘を吹き出す事はナンセンスの塊よ!!
彼等がチェックアウトした後に部屋が散らかっているのは嘆かわしい。私達が2011年に去った後に事態は明確にいっそう悪くなった。
スコットとポール(ワトソン)は未だにあなたに関して同じ事を感じていて、今彼等は自分達と同じに感じるように人々を引き込んでいる!!
そしてなぜボランティアが彼等の言う事を聞いているのかはそれは圧力のせいよ!!
名前は伏せるけど2人の人があなたと接触するのはいい考えではないと私に話した。彼等は100%間違っていたのだから耳を貸さないで良かった!!
私達が守っているものやその理由に関して全ての皆が分っている! 彼等は関わる価値はないのだから煩わされないようにして欲しい! そしてあなたのポストを今後もチェックするのでお願いだからここから去らないで欲しい
これまでも今後もあなたに教わる事が多い事は確かよ。 彼等とその無知さはf***!!
2013年4月19日 5:47
Thomas Gainard ああだこうだ… 両サイドが馬鹿だ…
あなたのシーシェパードとの関係は私には何も目新しくないが、誰かがダム・キャンペーンを断られた理由があなたを知っているからだと? それは問題だ...
2013年4月19日 6:19
Peter Nicholson マーティン、私があなたを完全に支持している事は知っているだろう。私はシーシェパードも好きだ。そしてSSを通じて素晴らしい人々に出会って来た。しかしこの手のナンセンスには耐えられない。私が選ぶとすればあなた(とMDF)だろう事は分っている。心のある仲間を選んで、シーシェパードの良い人々を覚えていて欲しい。特にRKを :)
* 横浜在住のオーストラリア人活動家。特にどの団体にも所属していないが太地町には数回来ており、今年もスチュワートと現地で接触している。
* RKとは2011-12年度前半のキャンペーンリーダーで昨年入国拒否になったSS南ア代表のロージー・クネケの事。

2013年4月19日 7:24
Brian Barnes ダムガーディアンになる事をどうして誰かが拒絶されるのか理解出来ない?! それは雇われ人ではなく、そして実際その人物は旅費や滞在費を自費で払わなければならない… だからただ行動すればいい。
2013年4月19日 9:48
Martyn Stewart これは私の別な友人にスコット・ウェストが書いた事だ…
キャンペーンにおけるスチュワートの言動は深刻な問題を引き起こす。
私達は彼の言動がシーシェパードに承認や許可されたと解釈されるかもしれないリスクを冒す余裕はない。私はボランティアにスチュワートに対して丁重であっても、私達が協力関係にある印象を与えないため、公然と関わらないように頼んでいる。
私はあなたや公開フォーラムで議論する気はないが、証拠はある。
もしあなたがエゴか復讐を求めているなら、スチュワートを参考にすればいい。
2013年4月19日 12:40
Martyn Stewart 彼の目的が何なのかさっぱり分らない。彼は一種の管理狂なのだ。
2013年4月19日 12:42
Martyn Stewart 彼が私を嫌っている理由はただ一つであり、それは私が太地で無所属の立場であり彼の指図は受けないと彼に話したからだ.
漁から戻って来る船を待っていたある日、私は船がイルカを捕獲せずに戻って来たとツイッターでレポートをした。6隻の船が通り過ぎた。
ウェストは私のポストを見て、8-9人の人達の前で「我々は全ての船がここを通過するまではツイッターやFacebookにポストする事はない。二度とするな!」と私に対して怒鳴った。彼は皆の前で私を非難したという事だ。
私は静かにして待っていた。マイク・ローデン達と私の車にいた時、スコットが来たので、彼が無礼である事と、入り江で彼と娘が行っている事に関するその他のいくつかのチョイスに関して彼に話した… そして彼が全てのSSのボランティアに私と関わらないように話した… 全ての憎しみはここから発展した...
2013年4月19日 12:53
Mike Lorden それは残念な日だった。その日多くの間違いのツイートがあったが、あなたの非難されたものは結果的に正確だった。それは非常に明白だった。あなたが入り江での礼儀に関して議論している間あなたとスコットの間に座っていたのはいささか不快だった。
2013年4月19日 13:03
Jyl Forsyth これはとにかく悲しい。あなたがこういう事に巻き込まれて同情する。それは高校生レベルだ。私が以前話したように……これはシュールだと思う。私達は動物を救う戦争を戦っているのであって……お互いに攻撃するのではなく! これは多くのレベルにおいて非生産的だ!
2013年4月19日 12:59
Martyn Stewart ジル、「これは非生産的だ」 私はこれに全く同意するし、この糞が私を非常に悲しませている。長い旅の後に太地に初めて行った時に見知らぬ人達に完全無視される事は理解を越えている。
ボランティアの大多数にウェストは注意を払わないが、一部には非常に執念深く対立的になる。オレゴンで私の妻と娘に対してピンポイントで無作法にする事は、私の心の中の船を遠くに流し過ぎている…
私は太地に何度でも行く。彼等はそれを我慢するか、私が気にかける全てのために我慢するかだ… 彼等がこの場所に関する独占権は持っていない。
2013年4月日 13:05
Martyn Stewart 私の友人がこの状況をポール・ワトソンに手紙を書いた。彼がこの問題をシリアスに見る事を願う。なぜならウェストと彼のふざけた行為がポールの素晴らしい仕事を破壊するからだ… 私達は皆統一戦線である必要があり、私はこの糞のために距離を置いた多くの元SSメンバーを代弁する! 
彼等の基本的に全てが、指図は受けず、苦労して得た金を使った活動において自由に発言する事が出来ると私に話した...
2013年4月19日 13:10
Jyl Forsyth ポール(ワトソン)もそうすればいいのに……これは良い事ではないから! 太地の現地では全ての人が互いに支え合わなければならないのに……こういった振る舞いでなく。リビーがそこにいた時に私は申し込んで、現地の幾つかのグループとは関わらないように言われた。私は何の事だかさっぱり分らなかった。多分これと同じ事なのね。
2013年4月19日 13:09
Martyn Stewart ジル、リビーはスコット・ウェストによってSSから追い出された。彼女がそこにいた時の私への扱いに対して彼女は私に謝り、それは全て彼に従っていたと話した… 暗闇から出て来て謝るのは大きな事だ。リビーが今やっている事を私は賞賛し、彼女の全てを心から支持する。
2013年4月19日 13:29
Thomas Gainard マーティン、例のジャーナリストの件に関する説明を忘れている。
2013年4月19日 20:17
Martyn Stewart トマ、例のジャーナリストの件はスコット・ウェストとは関係ない…彼に私がやった事は間違っていたと私は昨年認めたが、その話には二面がある。彼に私の写真を撮らないように、又は彼のレポートに含めないでくれと頼んだ後、彼は極度に無作法で執念深かった。
スコットは私がシーシェパードと無関係な事は知っていた。私が彼とエローラの入り江での非礼に関して話した事に全てが端を発している。マイク・ローデンが早く去ったのはエローラの行動のためで、カール・グッドセルも同じ考えで、キム・フラハティもそうした。
70頭のイルカが入り江で殺されていて、エローラは冗談を言い回っており、日本のタンポンに関して話していた!!
2013年4月20日 1:59
Bea James ForLennox そのマイクという奴は何が一番重要なのかの視点を失っている…太地のイルカの境遇だ。彼は自らのエゴをチェックする必要があるように見える。マーティン…あなたをリスペクトし、動物のために出来る事を全てやっているあなたに感謝する。
2013年4月19日 20:40
Martyn Stewart Bea James ForLennox: 私はスコット・ウェストの事を話しているのであって、それはマイクじゃない
2013年4月20日 2:07
Mike Lorden 私が去ったのは、それら全ての政治的なナンセンスのためであり、高野山が見たかったからだ。仏教寺院の快適さの中でエゴから離れて一夜を過ごしたのはギフトだった。
2013年4月20日 2:39
[訳:岩谷] (原文:英語)
Stewart, Martyn. "I posted this in another thread below:…". Facebook, April 19, 2013, 2:04 JST.


 シーシェパードは当初は紀伊勝浦のホテルシャルモントに滞在するのが恒例だったが、昨年秋の時点ではビジネスホテル ブルーハーバー[>>12]に宿泊しているのが確認されている。
 シャルモントでのトラブルをスチュワートとアラキ・サクラ氏が目撃したのなら、ホテルの移動は2012年9月8日〜28日の間という事になる。
 また、髪を黒く染めているのは2011-12年度後半と、2012-13年度のキャンペーンリーダーのメリッサ・セーガルの事と見られる。[>>13]

 つまりこの「マナーの悪い宿泊客」の話にはある程度信憑性がある事になる。


スチュワートの発言の信憑性

 スチュワートのこれまでの言動の傾向として、彼は余り手の込んだ嘘をつくのは得意ではなく自分の都合の悪い事だけを誤摩化す傾向があるが、これは前回当ブログで指摘したスチュワートの影浦侵入事件のように、状況証拠に関してある程度つじつまの合う主張をしているために却って材料を提供する結果になる事もある。
 またこれは9の事実に1の嘘を混ぜて主張に信憑性を持たせるワトソンの手法[>>8]とも共通している。


「元シーシェパードメンバー」として『ドキュメンタリ宣言』に出演したカール・グッドセル。2010年12月。(テレビ朝日)[>>9]
 スチュワートがツイッターでは12月10日まで太地町にいた形跡がある一方で、スチュワートが名前を出した3名のうちカール・グッドセルは12月5日を最後に、スチュワートと残りの2名(キム・フラハティ、マイク・ローデン)に加えてリサ・キャルプは12月7日を最後にシーシェパードのサイトから名前が消えており、これらの活動家がこの時期にシーシェパードから去ったというスチュワートの主張とつじつまは合う。[>>14]

 実際スチュワートは11月29日から12月10日の間にツイッターでイルカ漁のレポートを行っているが、この間にイルカの食肉屠殺が行われたのは12月5日のみとシーシェパードの記録にあるため、エローラが問題行動を起こしたのが5日で、スチュワートとスコット・ウェストが揉めたのが7日だと推定される。

 一方スチュワートが言及した残りの一人、2010-11年度後半のキャンペーンリーダーだったリビー(リバティ)・ミラーに関しては2011年2月26日まで太地町に滞在、その後はスティーヴ・アーウィン号のカメラマン兼ライターとしてシーシェパードの活動を行っており[>>10]、彼女に関してはシーシェパードと揉めた形跡はない。


スチュワートは最初はコーヴガーディアンとして来日していた

 スチュワートは事あるごとに、自分は最初からフリーの立場でありシーシェパードに参加した事はないと発言しているが、シーシェパードのウェブサイトに数日置きに掲載される集合写真には他のメンバーと一緒に例の腕組みポーズで映っている当時の写真は以下の4枚が確認出来る。[>>11]

 尤もボランティアの集まりでありメンバーの枠組みが曖昧だった当時のシーシェパードに関しては後から何とでも言える話ではある。


2010年12月1日
左よりキム・フラハティ、マーティン・スチュワート、ミア・シャンデル、トマ・ゲナール

West, Scott. "Report from Taiji: December 1 - The dolphins won today.". Sea Shepherd Conservation Society, Dec 1, 2010.

2010年12月4日
左よりマイク・ローデン、ルパート・イムホフ、マーティン・スチュワート、エローラ・ウェスト、キム・フラハティ、ギャレット・ノーリス、スコット・ウェスト、ミア・シャンデル、トマ・ゲナール

West, Scott. "Report from Taiji: December 4 - She has got to be kidding me.". Sea Shepherd Conservation Society, Dec 4, 2010.

2010年12月5日
左よりマイク・ローデン、リサ・キャルプ、キム・フラハティ、マーティン・スチュワート、カール・グッドセル、リバティ・ミラー、スコット・ウェスト、ミア・シャンデル、トマ・ゲナール、ルパート・イムホフ、エローラ・ウェスト、ニコル・マクラクレン

West, Scott. "Report from Taiji: December 5 - Lies and more lies.". Sea Shepherd Conservation Society, Dec 5, 2010.

2010年12月7日
前列左よりルパート・イムホフ、ニコル・マクラクレン、エローラ・ウェスト、後列左よりマーティン・スチュワート、スコット・ウェスト、アンディ・?、スティーヴン・トンプソン、和田佳子、リサ・キャルプ、ミア・シャンデル、マイク・ローデン、トマ・ゲナール、リバティ・ミラー

West, Scott. "Report from Taiji: December 7- It was a good day in Taiji.". Sea Shepherd Conservation Society, Dec 7, 2010.

 初年度にコーヴガーディアンズのメンバーが太地町の漁師にハラスメント行為を行ったシーンがNHKやテレ朝のドキュメンタリーで放送されたり、『空と海11』さんによるハラスメント動画の日本語字幕版がネットで拡散するなどして、日本でレイシズムとして悪評が立った事をシーシェパードだけでなくリック・オバリーも気にしていた様子が関係者の発言にはちらほらと見られたが、その点に関してはスチュワート追放がスケープゴートである点は否定出来ない。

 しかしボランティアの集まりと言えども、キャンペーンリーダーの指令の拒否宣言をしたという事はワトソンに従わない事を意味する訳であり、追い出されるには十分な理由である。
 更に2年目にもスチュワートは立ち入り禁止区域に無断侵入したり、ロージー・クネケやタラ・ミレンなど旧知のSSの活動家を巻き込んで一連の違反行為や過激な活動を行うなど、シーシェパードの団体としての統制に対して「脅威となっていた」という理由の方がむしろもっともらしく聞こえる。





追記:

相変わらずの人権侵害行為


スチュワートのGoogle+のギャラリー。太地町の漁師や飼育関係者、公務員、一般住民の写真が中傷文と共に大量アップされており、彼の支持者がツイッターで拡散するという国際ネット犯罪の温床となっている。
 スチュワートが太地町の漁師や飼育関係者のみならず一般住民や公務員の写真を撮影して中傷文をつけてネットにばらまくという悪質な人権侵害行為を行っている事や、2011年に明らかな侵入事件を起こした事を今年の2月に当ブログで指摘した。

 恐らく彼の日本人支持者から報告が行ったのか、彼が写真をアップしていたGoogle+Facebookの写真や、侵入行為の証拠となるYouTube動画が一時的に非公開になって、しばらく経ったら再び公開されているが、何か自分が批判されると一時的に隠すという行動パターンはこれまでもそうだった。

 そして今年の4月にはFlickrアカウントを開設してそこに盗撮写真をアップしている。
 GoogleやFacebook、Flickrなどのアップロードサイトがこの問題に対処しない現状で、こういった国際犯罪に対して抑止力はもはや期待出来ないものとして、悪質活動家に対する取り締まりの法整備と入国阻止が今後のこういった犯罪が新たに起こる事への抑止に繋がる唯一の有効な手段だろう。(了)




関連動画:

字幕【テキサス親父】ダムの管理人達による偽善の最新情報 (日本語字幕)
テキサス親父日本事務局 2012年4月27日

[訳・字幕=テキサス親父日本事務局] (原文:英語)
OUTSIDESOUND. 『字幕【テキサス親父】ダムの管理人達による偽善の最新情報』, YouTube, 2012/04/27.


字幕【テキサス親父】体当たり好きのシー・シェパードが公衆便所に果敢に体当たり (日本語字幕)
テキサス親父日本事務局 2012年5月9日

[訳・字幕=テキサス親父日本事務局] (原文:英語)
OUTSIDESOUND. 『字幕【テキサス親父】体当たり好きのシー・シェパードが公衆便所に果敢に体当たり』, YouTube, 2012/05/09.







脚註:

  1. ^ West, Scott. Sea Shepherd Conservation Society, Dec 5, 2010.
  2. ^ 滞在期間はスチュワートのブログとツイッターの記録より。
  3. ^ West, Scott. "Operation Infinite Patience". Sea Shepherd Conservation Society, Sep. 1, 2011, 0:40 JST. [PDF] [全訳]
  4. ^ Lorden, Mike. Facebook, Jan 13, 2013, 5:30 JST.
  5. ^ 2010年度以降の太地町の活動家リストを参考の事。.
  6. ^ 特報緊急取材 追セキ『食文化か!? 動物愛護か!? 揺れる“イルカの町”』フジテレビ スーパーニュース 2010年11月26日放送.
  7. ^
    『クジラと生きる』. NHK ONLINE.NHK総合テレビ 2011年5月22日(日) 午後9時00分~9時49分)
  8. ^ 佐々木正明. 『「ポール・ワトソン逮捕」の情報で、絶対にしてはいけない鉄則』 Cool Cool Japan, 2012/05/15 02:00.
  9. ^ 報道発ドキュメンタリ宣言『イルカ漁の町で何が』テレビ朝日 2011年2月5日放送.
  10. ^ Liberty (Libby) Miller. Linkedin.
    Elias Miller, Liberty. Photographic Activism.
  11. ^ またこれらのシーシェパードの活動報告ページの一番下には、「現在のコーヴガーディアンのマーティンがブログを書いている」とメンバー紹介として書かれており、当時はシーシェパード側とスチュワート側の間に彼がメンバー扱いである事の合意があったのは明らかである。
    2010年11月28日より12月7日の間のシーシェパードサイトのコーヴガーディアンズ活動報告ページには以下の文章(又は複数のメンバーと列記)が 書かれている。
    Current Cove Guardian Martyn is also keeping a blog.
  12. ^ 紀伊勝浦に「ブルー」のつくホテルは「ブルーハーバー」のみであるためスチュワートが書いた「ブルーオーシャン」は記憶違いである。昨年11月時点でシーシェパードが「ブルーハーバー」に宿泊していたのは現地情報により確認済み。
  13. ^ PeTA時代から長らく黒髪がトレードマークのメリッサ・セーガルだが元々はブラウンである。その他の短期滞在の活動家が日本でわざわざ毛染めをするよりも長期滞在の彼女である可能性の方が高い。
  14. ^ ただしカール・グッドセルはシーシェパードと考え方が異なるため脱退したとしており、エローラが原因とはしていない。またキム・フラハティ自身はシーシェパードとトラブルがあったとは表明していない。



脚注・資料:

シーシェパードや太地町関連の資料は悪用される可能性があるため限定公開とします。アクセス希望の方はアクティブなブログやツイッターアカウントなど成り済ましでない事を示す情報をご提示のうえ、メールフォーム、ツイッター、又はFacebookまでお問い合わせください。



スポンサーサイト

当ブログからの引用・転載に関して

当ブログはリンクフリーとしますが、引用や転載に関しては以下の条件においてフリーとします。条件を満たしている限りはその都度許可は必要ありません。

1. 引用元の明示(作者不明の怪文書として拡散しない)
2. 内容の改変をしない(改変する場合は改変者の責任における編集である事を明記)
3. 営利目的に用いない。

なお当ブログにおける記事、写真、動画資料などの引用はフェアユースの条件または権利者の了解において行っているもので、アフィリエイトサイトの場合は条件が異なります。それらの二次転載によって権利者とトラブルになった場合は当ブログとしては責任は負いかねます。

Under section 107 of the U.S. Copyright Act 1976, the fair use of copyrighted materials is not copyright infringement. Article 32 of the Copyright law of Japan allows published works to be quoted for news reporting, criticism and research purposes. This blog is non-profit and using materials for criticism and research purposes that fulfills the condition of fair use.

はてなブックマーク - イルカ狂の内紛

コメント

今年こそは入国拒否

勝手に仲間割れするのは結構ですが、今年も太地に来るというなら、入管にはぜひ入国拒否をしてほしい。特にこういった悪質な連中は。

  • 2013/06/27(木) 21:42:39 |
  • URL |
  • ednakano #fAZH.XRs
  • [ 編集]

ednakanoさん

スチュワートは今年も来る気満々のようですね。
こういった不法侵入事件の常習者をまだなお入国させるようならそれは法治社会の放棄を意味しますので、逮捕歴が明らかなメリッサ・セーガルをはじめとして、スチュワートのような明らかな違法行為常習者の国内侵入はぜひとも水際で食い止めて頂きたいものです。

  • 2013/06/28(金) 08:19:01 |
  • URL |
  • 岩谷文太 #gJtHMeAM
  • [ 編集]

コメントの投稿

コメントは承認制とさせて頂いております。
エントリーと無関係のご要件はツイッターやメールフォーム、又は足跡帳にて受け付けます。

管理者にだけ表示を許可する

初めてコメントされる方へ:
ネットの匿名性による安易さから非常識な訪問者が時々あるためコメントは承認制とさせて頂いております。当サイトはリサーチや情報発信を目的とする非営利サイトであり顧客サービス業ではないため、初めてコメントされる方は以下の点をご留意頂きますようお願いします。

・エントリーを読んだ形跡がないコメントや、エントリーと無関係なコメントなど、掲載する必然性のないものは受け付けません。

発言責任の所在が不明なクレームの類いは、原則として当サイトに対応義務はありません。クレームは出す側にも発言責任が生じますので通りすがりや名無しによるクレームは受け付けません。アクティブなソーシャルメディアID (ツイッターやFacebook等) や固定サイトなど、ネット上アイデンティティをご提示下さい。

・初来コメントの多くがコメントの後にアクセスのない「通りすがりの書き捨て」でレスをする意味がないため、初來コメントへのレスは同一IPによる再度のアクセスが確認出来た方に限らせて頂きます。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://redfox2667.blog111.fc2.com/tb.php/316-3e22a798
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)
当ブログは非営利サイトとして著作物資料のフェアユース掲載をしている関係上、営利サイトの広告TBは承認出来ませんのでご了承下さい。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。