Red Fox

読まずにレッテル貼りをする人は出入り禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワトソンが米国に上陸

 昨日18:41にシーシェパードが発表したポール・ワトソンが米国に入国したというニュースは、昨晩に未確認情報として産経新聞の佐々木記者がブログで速報を出していたが、その後深夜前後からアメリカの環境メディアやコスタリカのティコ・タイムズ、そしてAFPなどが報じ、今朝以降になって国内メディアも報じ始めている。
 しかし不可解な事に現在に至って当の米国メディアが一切報じてなく、出回っているのはAFPの記事ばかりである。

 昨年5月に保釈中のドイツから姿を消して以降長らく居場所の分らなかったポール・ワトソンだが、米国での日本側とシーシェパードの間の裁判に出廷するために入国したとシーシェパード側は説明している。

 またワトソンは彼に二つ出されているインターポールの赤手配書のうちコスタリカの手配書が取り下げられたと発言し、実際にインターポールのサイト上からワトソンの赤手配書が消えているのが確認出来るが、一方コスタリカの司法部は赤手配書を取り下げた事実はないと否定しているというこちらも不可解な事になっている。

写真:10月28日(月)にロサンゼルス港で支持者の出迎えを受けるポール・ワトソン (Sea Shepherd Australia)



Sea Shepherd Australia
2013年10月31日 18:41

**BREAKING NEWS** **BREAKING NEWS** **BREAKING NEWS** ポール・ワトソン船長が米国に戻って来た!

豪オーストラリア代表のジェフ・ハンセンの声明

シーシェパードのファミリーへ

 海上での長い亡命生活の後、ポール・ワトソン船長が現在米国の陸地に無事に戻って来た事を確認出来た。

 以下の写真を見て欲しい。米国にポール船長を歓迎するために現場に行く事を希望していたボビー・ケネディだ。

 ポール船長は米国入国時に逮捕される事なく、日本のクジラ密猟者からの彼に対する法定侮辱罪訴訟における自己弁護証言のためにここに来たのだ。

 ボブ・ブラウンと私自身もシアトルにおいて来週始めに証言を行う。

 私達の全てが「仲間よお帰り」と祝杯を上げる事が出来る事は確かだ。

 オーストラリア、ニュージーランドや世界があなたの不在を寂しがっていたので、近いうちにオーストラリアで会える事を願っている。

 ポール、あなたが家族と一緒にいられる事を嬉しく思う。

海のために

ジェフ・ハンセン
豪シーシェパード

[訳:岩谷] (原文:英語)
Sea Shepherd Australia. "**BREAKING NEWS**". Facebook, October 31, 2013, 20:41 AEST.



シーシェパード側はシアトルでの裁判に出廷するために米国入国をしたと説明

 シーシェパード側によれば、日本の日鯨研や共同船舶などが原告になった裁判で、昨年12月にシーシェパードの日本の捕鯨船への500ヤード以内への立ち入りを禁じる仮処分決定をし、今年2月にシーシェパードを海賊認定したシアトルの第9巡回裁判所での裁判が継続中であり、現在はシーシェパードが仮処分決定に違反した事に対する日本側が起こした法廷侮辱罪の申し立てに関する聴聞会が行われているという。

 それで、ワトソンが代表の座を退き、反捕鯨活動を行ったのは豪シーシェパードであるとの証言をするために、豪シーシェパード代表であるジェフ・ハンセンとボブ・ブラウン(豪緑の党元代表)の二名が来週始めに行われる聴聞会に出廷するため、ワトソンがそれに加わったという形での米国入国だというなどの説明が、シーシェパードの声明や豪SMHの有名な反捕鯨ジャーナリスト、アンドリュー・ダービー記者の記事に書かれている。

 シーシェパードは昨年12月の捕鯨船への接近禁止の仮処分の対策として、米国籍を持つワトソンと米国で非営利団体登録をしているシーシェパードが仮処分の対象である事から、ワトソンが代表を辞任し、米国の司法の及ばないオーストラリア支部に反捕鯨キャンペーン活動を行わせるという作戦に出ていた。


ワトソンはブリジット・バルドー号でロサンゼルスで上陸した

 シーシェパードによればワトソンは10月28日(月)にカリフォルニア州サンペドロのロサンゼルス港で上陸したが、入国の際に逮捕される事はなく、ワトソンは当局に対して日本との裁判に出廷するために入国すると説明したという。

 ダービー記者によれば、ワトソンはシーシェパードの反捕鯨船の一隻のブリジット・バルドー号に乗ってロサンゼルス港に入港したという。


コスタリカの赤手配書が行方不明に

 シーシェパードがワトソンの上陸を発表した約6時間後の日本時間1日0時台にワトソンはFacebookやツイッターで「コスタリカからのインターポール赤手配書は取り下げられた」と書いていたが、その2時間後になってコスタリカのティコ・タイムズが同国の司法部のスポークスマンがそれを否定するという混乱が起きている。

 司法部のスポークスマンはティコタイムズのデヴィッド・ボディンガー記者に対し「全ては以前と同じままで続いている。彼 [ワトソン] の裁判は有効のままであり、彼が他国で逮捕されれば我々は彼の [コスタリカへの] 引き渡しを要請する」と述べている。

 一方でインターポールのサイトにあったはずのコスタリカの赤手配書のページは確かに無くなっており、シーシェパード側はインターポールサイトに赤手配書がない事とワトソンが米国入国で逮捕されなかった事が、コスタリカ側が積極的に発言しなかった理由だと説明している。

 しかし同サイト上では少なくとも日本からの赤手配書は有効であり、シーシェパード側の説明も筋が通っていない。

 またテキサス親父のトニー・マラーノ氏も今朝方、ワトソンのニュースが米国メディアで取り上げられていない事が不可解だとも話していた。

 現時点では米国側の意向が全く見えない状態だが、裁判の事も含め今後続報が出ると思われるのでまた追って扱う事にする。





脚注・資料:

シーシェパードや太地町関連の資料は悪用される可能性があるため限定公開とします。アクセス希望の方はアクティブなブログやツイッターアカウントなど成り済ましでない事を示す情報をご提示のうえ、メールフォーム、ツイッター、又はFacebookまでお問い合わせください。






スポンサーサイト

当ブログからの引用・転載に関して

当ブログはリンクフリーとしますが、引用や転載に関しては以下の条件においてフリーとします。条件を満たしている限りはその都度許可は必要ありません。

1. 引用元の明示(作者不明の怪文書として拡散しない)
2. 内容の改変をしない(改変する場合は改変者の責任における編集である事を明記)
3. 営利目的に用いない。

なお当ブログにおける記事、写真、動画資料などの引用はフェアユースの条件または権利者の了解において行っているもので、アフィリエイトサイトの場合は条件が異なります。それらの二次転載によって権利者とトラブルになった場合は当ブログとしては責任は負いかねます。

Under section 107 of the U.S. Copyright Act 1976, the fair use of copyrighted materials is not copyright infringement. Article 32 of the Copyright law of Japan allows published works to be quoted for news reporting, criticism and research purposes. This blog is non-profit and using materials for criticism and research purposes that fulfills the condition of fair use.

はてなブックマーク - ワトソンが米国に上陸

コメント

何らかの司法取引があった可能性はありますが、たしかに矛盾することが多く、国際司法という世界が以下にユルイかがわかりますね。

  • 2013/11/22(金) 10:05:00 |
  • URL |
  • ednakano #1mRmjf4U
  • [ 編集]

ednakanoさん

どの国も自国の利益になる以外の事には積極的ではないですからね。米国の司法でも地方裁判所レベルではシーシェパード一辺倒の判決が出た事もありますし。

  • 2013/11/30(土) 04:30:18 |
  • URL |
  • 岩谷文太 #gJtHMeAM
  • [ 編集]

コメントの投稿

コメントは承認制とさせて頂いております。
エントリーと無関係のご要件はツイッターやメールフォーム、又は足跡帳にて受け付けます。

管理者にだけ表示を許可する

初めてコメントされる方へ:
ネットの匿名性による安易さから非常識な訪問者が時々あるためコメントは承認制とさせて頂いております。当サイトはリサーチや情報発信を目的とする非営利サイトであり顧客サービス業ではないため、初めてコメントされる方は以下の点をご留意頂きますようお願いします。

・エントリーを読んだ形跡がないコメントや、エントリーと無関係なコメントなど、掲載する必然性のないものは受け付けません。

発言責任の所在が不明なクレームの類いは、原則として当サイトに対応義務はありません。クレームは出す側にも発言責任が生じますので通りすがりや名無しによるクレームは受け付けません。アクティブなソーシャルメディアID (ツイッターやFacebook等) や固定サイトなど、ネット上アイデンティティをご提示下さい。

・初来コメントの多くがコメントの後にアクセスのない「通りすがりの書き捨て」でレスをする意味がないため、初來コメントへのレスは同一IPによる再度のアクセスが確認出来た方に限らせて頂きます。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://redfox2667.blog111.fc2.com/tb.php/319-50e03b3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)
当ブログは非営利サイトとして著作物資料のフェアユース掲載をしている関係上、営利サイトの広告TBは承認出来ませんのでご了承下さい。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。