Red Fox

読まずにレッテル貼りをする人は出入り禁止

フェイク・オブ南京

 YouTubeに、南京大虐殺の記録映像とされる映画の捏造を検証した動画がアップされ、2ヶ月で延べ32万4千人が見て2000のコメントがつくほど大反響になっている。これは是非御覧になって頂きたいと思う。日本語と英語の二言語表記になっているこの7分余りのビデオのタイトルはアイリス・チャンの『レイプ・オブ南京』を皮肉った『フェイク・オブ南京』(南京の偽造) である。

THE FAKE OF NANKING - 1 (7'44")

TAMAGAWABOAT. "The Fake of Nanking - 1". YouTube, May 6, 2007.

1)There is the heated controversy regarding whether Nanking Massacre happened actually or not among historian groups. This incident called "Nanking Massacre" is thought to have occured in December of 1937 during Japan-Sino War. Nanking was the then capital city of China. Nanking was fallen by Japanese troops on Dec.13 of 1937. At that time, Chinese Army could not express any intention to surrender to Japanese Army. Though Chiang Kai-sheki commanding Army of Chinese Nationalist Party ordered Chinese soldiers to strive to defend Nanking from Japanese Army, he secretly escpaed from Nanking by plain on Dec.7, 1 week before the fall of Nanking and he left Chinese Army behind. There was Tang Shengzhi appointed 'the commander of Nanking' by Chiang Kai-sheki, however, he also escpaed from Nanking with leaving Chinese soldeirs behind. When Japanese troops entered Nanking castle, Chinese Army without the commander was fell into confusion. Most of Chinese soldiers abandoned arms, changed into cibvilian's clothes and ran into the safty zone in Nanking.

2)China insists that more than 300,000 people were slaughtered by Japanese Army at the fall of Nanking. Is this the fact or not? When Japanese Army entered Nanking, more than 120 pressmen were embedded with Japanese Army. However, nobody took such a picture as to prove Japanese Army slaughtered 300,000 people. It is certain that China government shows so many pictures of Atrocity and insists on Nanking Massacre. Those pictures that China government shows are true or not? In these 10 years, Japanese histrian groups inspected each picture that China shows as evidence of Nanking Massacre. As a result of their inspection of 30,000 pieces of pictures, it turned out that there is not a picture to be able to prove Japanese Army's Atrocity at all.

3) We should think where the origin of Nanking Massacre is. I think this origin is "The Battle of China". This is so-called War-time propaganda film and was directed by Frank Capra in 1944 during the World War 2. The purpose of this film was to implant anti-Japan feelings into American people. But it is the most serious thing that...even now after the war ended, China has been spreading the strong hatred against Japan to the world by utilizing this "The Battle of China". China's true purpose of this black propaganda is to spread the strong hatred against not only Japan Imperialism but also each Japanese person of all Japanese including from 1 years old baby to over 80 years old person as if China wants to insist that DNA of Japanese race is a born inferiority and evil.

Iris Chnag's "The Rape of Nanking" turned out to be "The Fake of Nanking".

*付録文章はTAMAGAWABOAT氏が最初にアップした時に付いていた英文解説。
オリジナルが削除されたため差し替え (2008.5.9)
markun2dg. "THE FAKE OF NANKING - 1". YouTube, July 14, 2007.


南京のフェイク

1) 南京大虐殺が本当にあったかどうかは、歴史学者の間で白熱した議論となっている。「南京大虐殺」と呼ばれる事件は日中戦争の最中の1937年12月に起きたと考えられている。南京は中国の当時の首都で12月13日に日本軍によって陥落した。当時中国軍は日本軍に降伏する意思はなく、日本軍から南京を死守するように蒋介石率いる国民党が中国人兵士に命じたにも関わらず、彼は南京陥落一週間前の12月7日に密かに飛行機で脱出し、中国軍を置き去りにした。蒋介石は鄧星甫を南京の司令官に任命したが、彼もまた中国兵を残し逃走した。日本軍が南京に入城した時、司令官を失った中国軍は統制を失い混乱状態に陥っていた。中国兵の殆どが武器を捨てて民間人の服装で南京安全区に逃げ込んだ。

2) 中国は30万人以上が南京陥落時に日本軍によって虐殺されたと主張している。しかしこれは本当の事か? 日本軍が南京に入った時120人以上の報道陣が同行していたが、日本軍が30万人を虐殺したような写真を誰も撮影していない。中国政府が多くの残虐写真を提示して南京大虐殺を主張しているのは確かである。中国政府が提示しているこれらの写真は果たして本物か? この10年間で日本の歴史学者は中国政府が南京大虐殺の証拠として提示した一つ一つの写真を検証し、日本軍の残虐行為を証明出来る写真は一つもないと言う結論に達した。

3) 我々は南京大虐殺の発祥がどこであるかを考える必要がある。私はこの起源は「バトル・オブ・チャイナ」であると考える。この「戦争プロパガンダ」と呼ばれるフイルムは第二次大戦中の1944年にフランク・キャプラ監督によって制作された。この映画の目的はアメリカ人に反日感情を植え付けるものだったが、しかし最も深刻な事態は・・・戦争終結後も中国はこの「Battle of China」を利用して、日本への強烈な憎しみを世界中に広めて来た。この中国のブラックプロパンダの真の目的は、日本帝国主義への強烈な憎しみを広めることだけでなく、1歳の子供から80歳までの全ての日本人に対する憎しみを広め、日本人のDNAが生まれながらに劣等であり邪悪であることを中国が望みそのように主張しているかのようである。

アイリス・チャンの「レイプ・オブ南京」はここに「フェイク・オブ南京」となる。




 これはフランク・キャプラ監督が1944年に制作したプロパガンダ映画『Why We Fight - The Battle of China』(『なぜ我々は戦うのか-中国の戦闘』、邦題『日中戦争』) で、日本軍による虐殺シーンとされている映像が、実は国民党軍兵士による共産党員処刑の映像であり、国民党兵の服装を隠すために映像の右半分をカットしていたと言う証拠を、元の映像との比較で提示しているYouTube動画である。

 「フェイク・オブ南京」で説明されているのは、イタリア系アメリカ人監督の作ったこの映画は捏造であり関係ない映像の寄せ集めであると言うことであり、これはアメリカの対日戦争の戦意向上のために殊更に日本軍の残虐性を演出した映画であると説明されている。

fake_of_nanking1.jpg fake_of_nanking1.jpg fake_of_nanking1.jpg

 この問題の映画『Battle of China』が一部YouTubeにアップされていて20分程見る事が出来る。




battle_of_china.jpg The Battle of China
『ザ・バトル・オブ・チャイナ』

「フェイク・オブ南京」で検証されていた映像もPart 1 の1'44"-1'58"で見る事が出来る。

 ここで重要な問題は、この映画の制作が1944年という事である。南京陥落は1937年で、その時代には音声録音機能を備えた屋外撮影機はまだ実用化されていないため、記録映画と称しながらも音声は全てアフレコである。日本人将校とされる人物の日本語の発音がかなりオカシい点も気になるところである。

 実際、この映画を見てみれば日本軍の映像と死体の映像が同時に出るシーンが一切ない事に気付くだろう。また虐殺シーンや生き埋めシーンは明らかなヤラセに見える。更に映像の質にもかなりバラつきがあり、これら全てが1937年12月の南京で同じ時期に撮影されたものであると言う確証はない。
 特に日本軍の戦闘シーンなどは余りにも映画仕立てのカメラアングルのものであり、これが映画のために撮影されたものである事は明らかである。間違っても1944年と言う太平洋戦争のまっただ中に日本軍から敵国のアメリカにこのような映像が提供される筈もない。

 このプロパガンダ映画は、アイリスチャンの『レイプ・オブ南京』と同じように、全く別な時代に別な場所で撮影された関係ない映像を寄せ集め、演出のために新たに撮影したヤラセ映像を加えたものであることは、場面ごとに画質に相当なバラつきのある映像を見るだけでも明らかである。


Part 1 (9'53")
gingerlymike. "WW2 Battle of China part 1- sushi". YouTube, December 2, 2006.


Part 2 (9'47")
gingerlymike. "WW2 Battle of China part 2- sushi". YouTube, December 2, 2006.





余談
hajime.jpg 「兵の声もばっちり日本語だった」

 ところで、この「The Battle of China」に登場する人物の「始め!」の号令 (『Fake of Nanking』の5'04") であるが、時代的にもこれがアフレコである事は言うまでもないにせよ、それにしても口の動きが全く合っていないのは、『Fake of Nanking』のコメント欄などでも度々指摘されている事である。
 この号令の映像は『Fake of Nanking』の6'14"の部分でスローモーションで見られ、どう見ても「あーm」と口を開けて閉めてるだけであり、「始め!」の三音節を言っている口の動きではない事は見るからに明らかである。

 そもそもたった二人を銃殺するのに何故「始め!」なのかもいささか意味不明である。実は「射て!」ではないのかとか突っ込みたくもなるが、アフレコの日本語の発音にもかなりの外国人訛りがあるように聞こえる。

 ちなみに、北京語で「殺せ」は「殺」(shā) であるが、この「あーm」はむしろ北京語の「殺」の方がしっくり来る。それともただ「アー!」と叫んでいるだけなのかもしれないが。



中国のサイトでよく出回っている松井石根陸軍大将とされる写真 (新華網)
 
松井石根陸軍大将 (Generals.dk)

 ところで、アメリカのプロパガンダ映画に挿入された映像のこの人物が一体誰なのかであるが、中国のウェブサイトでよく見かける松井石根陸軍大将として紹介されている写真(左)と似ているような感じもする。

 しかしこの写真自体が日本側の資料で見る松井大将とは随分人相が違うように思える。この中国側の写真の真偽は分らないが、『Battle of China』で号令をかけている人物はいずれにしても松井大将とは耳の形が明らかに違うためこれは中国側の俳優であろう。
 そもそも二人の捕虜を処刑するのにいちいち総司令官が号令を出すという演出の方がよほど現実味がない事に違いはない。

初投稿 投稿者:轟音マニア  投稿日: 2004年1月14日(水)23時09分23秒

私の友人が中国旅行中南京大虐殺記念館に寄ったそうです。
そこのインパクトがすごかったらしく、自国への感情が変化した様です。
虐殺シーンのビデオ上映がされるそうで、あれは行って見るべき、と薦められました。
私:「多分それについて、昔テレビで検証番組やってた。日本兵の軍服と違うとか言ってたよ。ニセモノ、ツクリモノなのでは? 本物ならもっと日本で広まっててもいいのでは?」
友人:「そこまでするかな? 兵の声もばっちり日本語だった。沖縄で上映されてる米兵が日本人殺すビデオは米が日本に提供したものだが、それと同様日本が中国に提供した本物では?」
ということで、彼は日本に責任があると思っています。
この虐殺ビデオは何なのでしょうか。
これについて詳しい事情を教えてください。
私の反論はあまりに苦しいので。

帝国電網省喫茶室 (電子掲示板). 過去ログ56, (2004.1.1~1.31).

 数年前、帝国電網省の掲示板でこのような投稿を目にした事があるが、今思えばこれがここで書かれている南京大虐殺記念館で上映されていた「兵の声もばっちり日本語だった」ビデオとは「The Battle of China」の事なのかもしれない。

オリジナル投稿日時:2007年06月12日 17:47(mixi日記)
ブログ投稿日時:2007年7月7日 12:36:54 (YouTubeのコメント数などのこのエントリーの記述は7月7日現在)
スポンサーサイト

当ブログからの引用・転載に関して

当ブログはリンクフリーとしますが、引用や転載に関しては以下の条件においてフリーとします。条件を満たしている限りはその都度許可は必要ありません。

1. 引用元の明示(作者不明の怪文書として拡散しない)
2. 内容の改変をしない(改変する場合は改変者の責任における編集である事を明記)
3. 営利目的に用いない。

なお当ブログにおける記事、写真、動画資料などの引用はフェアユースの条件または権利者の了解において行っているもので、アフィリエイトサイトの場合は条件が異なります。それらの二次転載によって権利者とトラブルになった場合は当ブログとしては責任は負いかねます。

Under section 107 of the U.S. Copyright Act 1976, the fair use of copyrighted materials is not copyright infringement. Article 32 of the Copyright law of Japan allows published works to be quoted for news reporting, criticism and research purposes. This blog is non-profit and using materials for criticism and research purposes that fulfills the condition of fair use.

はてなブックマーク - フェイク・オブ南京

コメント

この

こんつは~っス、熱闘欲っス。

南京事件当時は実用化されてなかったカセットデッキ(?)で恰も録音されたかの如く、号令や銃声まで克明にアフレコされ、製作者は兎も角として、多くのアメリカ人が日本憎しの余り鵜呑みにしたことが、南京大虐殺としてまことしやかに語られるようになった原因かもっス。
フィクションを現実のこととして信じ込むのはニダーがよくやる妄想っスが、アメリカ人もご多分に漏れずって感じっスかね。
当時は黄色人種なんてのは、準動物扱いなんで、白人に牙を剥いた日本人に烈しい憎悪を募らせたのかもっス。んでも、自分たちの公正さや正義を取り繕うために、一方でシナーにゃ殊更に同情的だったんじゃねえっスかね。
んで、アイリス・チャンもまたこの映像を事実だと信じ込んだんじゃねえっスか。何せこのプロパガンダ映画の中で惨たらしく殺戮されてんのは、自分たちの同胞っスもんね。
意外に殆どのシナーも、この映像とか、レイプ・オブ・ナンキンの本の内容を現実にあった出来事って盲信してる奴らが多いのかもっス。シナーってムチャクチャ狡猾っスが、呆れるぐらい単純だったりもするんで。

  • 2007/07/07(土) 18:13:02 |
  • URL |
  • ドウモっス #bgTjmk0w
  • [ 編集]

カセットどころか磁気テープ自体ありませんでしたよ

>>ドウモっスさん
実際に屋外での音声映像同時収録のフイルム撮影機がアメリカで実用化されたのは1940年ですが、1937年の南京の当時は誰もそんなものを持ってなかったし、日本軍が持っていた筈はありませんよね。

どうも、南京大虐殺記念館でこの『Battle of China』が流されてるらしいのですが、以前帝国電網省の掲示板で、そこに行った日本人が「兵士の声が日本語だから本物だと思った」なんて投稿を見た事があります。今のカムコーダーの世代の人ってそうやって簡単に騙されちゃうんでしょうかね。

アイリス・チャンですが、日本語版の出版には最初積極的だったのが、日本の出版社側からいろいろ間違いを指摘されて、最終的に「日本語翻訳は許可しない」と態度を一変したそうです。要するに素人レベルの本がどんどん政治利用されて、本人が恐ろしくなったのかもしれませんね。結局鬱状態になって謎の自殺をしています。

中国人はそもそも「書面を嫌う口約束の文化」なので、実際立証するとか検証するとか、そういう概念があまりないのだと思います。そういう民度を一部のトップが政治利用してるように見えますね。

  • 2007/07/08(日) 00:12:45 |
  • URL |
  • 文太 #gJtHMeAM
  • [ 編集]

考察、証拠探しの価値有かも

こういう検証サイトには、3、4年に一度くらい来ます。理由は中国が騒いでいる年と思って下さい。
我が家の先祖は満州で馬賊に殺されました。国会図書館に外交記録がマイクロフィルムであります。年代を50年くらいに絞って、見てください。中国人による多くの暴動が起きていました。それによって中国日本人の住人(兵士では無い)が毎回数十名から数百名殺されていました。
先祖もその中で死んだものと思われます。
 当初、先祖が外交員だったようなので、それを調べに行ったのですが、暴動の数の多さに驚きました。
 夏さん裁判でも、兵士は スラーっと言ったとユーチューブでご本人が発言されています。日本兵だと思っているのは、征服のせいでしょうか?日本兵だったとしてお気の毒、心からお悔やみします。
 が、確かに、映画は不愉快ですね。
なぜなら、確かにはじめとは言ってないし、顔が全く違う、俳優です。
 顔割が撮れているのは、前からのショットが欲しかったので俳優を雇ったのではないのですか?ドキュメンタリーではなくて、モキュメンタリーですね。
 なんだか、ぞっとします。
最近の中国の条約違反行為、今までの侵略虐殺を知ると、そしてデモを見るに、
今までの戦争被害が中国が言うよりも少なかったことが理解できるようになってます。
 なんといっても、自分の先祖が殺されていて、アメリカのようにフレンドリーではなく、それで何を思えばいいのか?
 と思えていますが、挑発しませんし、
戦争もしたくありません。

 ご先祖の死だけで、十分です。
 皆さんで事実をたくさんの言語で配信して、プラス、最近までのアジア周辺国への中国の侵略、処刑、虐殺(本に写真があったりします)もページとしてリンクして、世界と共に考察してもらい、戦争はよくない、日本も戦った。
しかし、自分の非は全て隠している中国の侵略、要求は卑劣であることを
 もっと堂々と知らしめて良いと思います。
 動画で、ネパール、チベットなどでの
残虐行為があります。
 すべて集めてみると良いでしょうね。
 犠牲になった方々に報いるためにも
 利用するべきです。

 

  • 2013/05/01(水) 13:06:48 |
  • URL |
  • 素人ですが #mQop/nM.
  • [ 編集]

コメントの投稿

コメントは承認制とさせて頂いております。
エントリーと無関係のご要件はツイッターやメールフォーム、又は足跡帳にて受け付けます。

管理者にだけ表示を許可する

初めてコメントされる方へ:
ネットの匿名性による安易さから非常識な訪問者が時々あるためコメントは承認制とさせて頂いております。当サイトはリサーチや情報発信を目的とする非営利サイトであり顧客サービス業ではないため、初めてコメントされる方は以下の点をご留意頂きますようお願いします。

・エントリーを読んだ形跡がないコメントや、エントリーと無関係なコメントなど、掲載する必然性のないものは受け付けません。

発言責任の所在が不明なクレームの類いは、原則として当サイトに対応義務はありません。クレームは出す側にも発言責任が生じますので通りすがりや名無しによるクレームは受け付けません。アクティブなソーシャルメディアID (ツイッターやFacebook等) や固定サイトなど、ネット上アイデンティティをご提示下さい。

・初来コメントの多くがコメントの後にアクセスのない「通りすがりの書き捨て」でレスをする意味がないため、初來コメントへのレスは同一IPによる再度のアクセスが確認出来た方に限らせて頂きます。

FC2Ad