Red Fox

読まずにレッテル貼りをする人は出入り禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が決定者(ブッシュ大統領への風刺替え歌)

 これはブッシュ大統領ネタで、ビートルズの『アイ・アム・ザ・ウォルラス』の替え歌でブッシュを皮肉っているもの。



私が決定者(ククーカチュー)
I'm The Decider (Koo-Koo-Ka-Choo)
By Paul Hipp
[Internet Archive]
steved888. "I'm The Decider (Koo-Koo-Ka-Choo)". YouTube, November 4, 2008.

I am me and Rummy's he,
Iraq is free and we are all together
See the world run when Dick shoots his gun,
see how I lie
I'm Lying...
私は私、おかしいのは奴だ。
イラクは自由だ、みんな一緒
デカが銃を撃つ世界を見ろ、
私がどのように嘘をつくか見ろ
私は嘘つき...
Sitting on my own brain,
waiting for the end of days
Corporation profits, Bloody oil money
I'm above the law
and I'll decide what's right or wrong
取り巻きの上にあぐらをかき、
日々を過ごしてる
企業の利益、血にまみれた石油マネー
私は法の上にいる。
善悪は私が決める
I am the egg head,
I'm the Commander,
I'm the Decider
Koo-Koo-Kachoo
私はエッグヘッド[1]
私は司令者、
私が決定者
ククーカチュー[2]
1. Egg head: (侮蔑的に) インテリぶる人
2. Koo-Koo-Kachoo: 【スラング】素晴らしい!
Baghdad city policeman sitting
pretty little targets in a row
See how they die when the shrapnel flies
see mothers cry
I'm Lying...I'm Ly-ing...I'm Lying...I'm Ly-ing
バグダット市、座った警官、
一列に並んだ可愛い小さなターゲット
爆弾が飛び、彼等がどのように死ぬか見ろ、
母親達の泣き叫びを聞け
私は嘘つき・・・
Yellow cake uranium,
imaginary WMD's
Declassifying facts,
exposing secret agents
Tax cuts for the wealthy
leaving all the poor behind
ウラニウムの黄色いケーキ、
想像上の大量破壊兵器
情報公開、
スパイの存在
裕福層の税優遇、
貧困層を見捨てる
Sitting in the White house garden
talking to the Lord
My thoughts would be busy busy hatching
If I only had a brain
ホワイトハウスの庭に座り、
神と話している
もし私の脳が一つだけだったら、
陰謀の企みに忙殺されてることだろう
By Paul Hipp
Contact: decider.koo.koo.ka.choo@gmail.com
MySpace: Paul Hipp
Also, check out Fur Is Dead
[訳=岩谷]

 これは、2006年4月18日のブッシュ大統領が記者会見で「私が決定者だ」と発言したものがパロディにされたもので、以下そのネタになったビデオと訳。このブッシュ大統領の音声が上記の『私が決定者』にも使用されている。

ブッシュ大統領はロブ・ポートマン氏を行政管理予算局長官に、スーザン・シュワブ氏を通商代表部代表に推薦
President Bush Nominates Rob Portman as OMB Director and Susan Schwab for USTR (0'52")
ホワイト・ハウス 2006年4月18日 9:27
Alleseher. 'Bush: "I'm the Decider and I decide what is best"'. YouTube, June 14, 2007. [Internet Archive]
元ビデオが削除されたため差し替え (2009.2.10)
myonlimevideos. "BUSH - THE DECIDER". YouTube, April 16, 2006.

Q Mr. President, you've made it a practice of not commenting on potential personnel moves -- Q:人事異動の可能性にコメントしない習慣は大統領が始めた事であり・・・
THE PRESIDENT: Of course I did. 大統領:もちろん私です。
Q -- of calling it speculation -- Q:・・・そしてそれを「推測」と呼んでいます。
THE PRESIDENT: You can understand why, because we've got people's reputations at stake. And on Friday I stood up and said, I don't appreciate the speculation about Don Rumsfeld; he's doing a fine job, I strongly support him. 大統領:何故だか分かるでしょう? 人々の私達に対する評価は宜しくない。それで先週の金曜日には私は「ドン・ラムスフェルド長官に関する推測は歓迎しない。彼はよく仕事をこなしており私は彼を支持する」と言いました。
Q But what do you say to critics who believe that you're ignoring the advice of retired generals, military commanders, who say that there needs to be a change? Q:しかしそれなら、改革が必要と主張する退役軍人や軍司令官のアドバイスを大統領が無視しているとみなしている評論家に対して何と言うつもりですか?
THE PRESIDENT: I say, I listen to all voices, but mine is the final decision. And Don Rumsfeld is doing a fine job. He's not only transforming the military, he's fighting a war on terror. He's helping us fight a war on terror. I have strong confidence in Don Rumsfeld. I hear the voices, and I read the front page, and I know the speculation. But I'm the decider, and I decide what is best. And what's best is for Don Rumsfeld to remain as the Secretary of Defense. 大統領:全ての意見に耳を傾けるが、私の意見が最終決定であると、そのように言います。ラムズフェルド長官はよく仕事をこなしており、彼の仕事は軍再編だけでなく、彼は対テロ戦争を戦っているのです。我々の対テロ戦争に尽力しているのです。ラムズフェルド長官には絶対的信頼を置いています。私は全ての意見に耳を傾け、新聞の第一面を読むから、だからその推測を知っているのです。しかし私が決定者であり何がベストかを決めます。つまりラムズフェルド氏が国防長官に留まる事がベストなのです。

 この替え歌を作ったポール・ヒップは1963年生まれのフィラデルフィア出身のアメリカ人の俳優兼歌手で、これまでに25を越える映画やミュージカルに出演などして最近は監督業も手がけている。駆け出し時にはストリート・ミュージシャンとして生計を立てていた時期もあり、政治風刺作品を主に手がけているようである。

 この『私が決定者』は先月知人のアメリカ人宅で教えて貰ったのだが、都市圏在住という環境的に身近にはアンチブッシュのイラク戦争反対派が多く、その日は丁度パーティーだったのだが「あと2年もブッシュの時代が続くのか」とアメリカ人達は文句ブーブー。一人がこの替え歌を紹介したらこれにはゲラゲラになった。

 アメリカ人は口には出さなくとも「世界のトップ」という自負心でプライドを保っている面がどうしてもあって、印象的だったのは、911テロの後にテレビの取材でアメリカの子供達が「なぜ私達は嫌われているの?」と言っていた事である。スーパースターや娯楽文化を輸出し、アメリカ人は自分達は世界の人気者だと信じていたので、そのギャップに苦しんだような面もあったようだ。それでそういった怒りが全部ブッシュに向いているきらいはある。

 以下が元ネタになったビートルズの原曲だが、一転原曲の方は政治性のかけらもなくジョン・レノンお得意のナンセンス系言葉遊びの世界である。


アイ・アム・ザ・ウォルラス
I Am the Walrus
The Beatles (1967)
acjetnut. "The Beatles - I Am The Walrus". YouTube, November 8, 2006.
元ビデオが削除されたため差し替え (2009.6.15)
Ben0710. "the Beatles -I'm The warlus". YouTube, April 16, 2008.
元ビデオが削除されたため差し替え (2010.1.15)
Raffallo14. "The Beatles - I Am the Walrus (STEREO) HQ". YouTube, April 16, 2008.
元ビデオが削除されたため差し替え (2010.8.3)
iamthebeatlesno1fan. "The Beatles - I Am The Walrus". YouTube, Nov 28, 2009.

I am he as you are he
as you are me and we are all together.
See how they run like pigs from a gun,
see how they fly.
I'm crying.
僕は彼、君は彼、
君は僕、みんな一緒
銃に怯えた豚のように走る奴等を見ろ、
奴等がどのように飛ぶか見ろ
僕は泣く
Sitting on a cornflake,
waiting for the van to come.
Corporation tee-shirt, stupid bloody Tuesday.
MAN, you been a naughty boy,
you let your face grow long.
コーンフレークに座り、
車を待っている
企業のTシャツ、馬鹿げた「血の火曜日」
君は腕白坊主、
大人のふりをしている
I am the eggman,
they are the eggmen,
I am the walrus,
goo goo g'joob
僕はエッグマン [3]
奴等はエッグマン、
僕はセイウチ
ググーグジュブ[4]
3. Eggman: 意味不明の造語
4. goo goo g'joob: 英語におけるセイウチの鳴き声
Mister City P'liceman sitting
Pretty little policemen in a row.
See how they fly like
Lucy in the Sky,
see how they run.
I'm crying.
ミスターシティ、座った警官、
一列に並んだ可愛い小さな警官
空のルーシーみたいに、
奴等がどうやって飛ぶか見ろ、
奴等がどう走るか見ろ
僕は泣く
Yellow matter custard,
dripping from a dead dog's eye.
Crabalocker fishwife,
pornographic priestess,
Boy, you been a naughty girl
and you let your Knickers down.
黄色いカスタード、
死んだ犬の目からしたたる
クラバロッカー[5]魚売り女、
ポルノ、尼僧
君はやんちゃ娘、
自分のブルマを下ろしている
5. Crabalocker: 意味のない造語
Sitting in an English garden
waiting for the sun.
If the sun don't come, you get a tan from
Standing in the English rain.
イギリス庭園に座り、
太陽が顔を出すのを待つ
もし太陽が顔を出さなかったら、
イギリス雨に焼けるぞ
[訳=岩谷]




関連エントリー:
ブッシズム (2008.1.25)
世界貿易センターのパロディ (2006.6.3)



『闇鍋2』2006年6月7日 11:47
スポンサーサイト

当ブログからの引用・転載に関して

当ブログはリンクフリーとしますが、引用や転載に関しては以下の条件においてフリーとします。条件を満たしている限りはその都度許可は必要ありません。

1. 引用元の明示(作者不明の怪文書として拡散しない)
2. 内容の改変をしない(改変する場合は改変者の責任における編集である事を明記)
3. 営利目的に用いない。

なお当ブログにおける記事、写真、動画資料などの引用はフェアユースの条件または権利者の了解において行っているもので、アフィリエイトサイトの場合は条件が異なります。それらの二次転載によって権利者とトラブルになった場合は当ブログとしては責任は負いかねます。

Under section 107 of the U.S. Copyright Act 1976, the fair use of copyrighted materials is not copyright infringement. Article 32 of the Copyright law of Japan allows published works to be quoted for news reporting, criticism and research purposes. This blog is non-profit and using materials for criticism and research purposes that fulfills the condition of fair use.

はてなブックマーク - 私が決定者(ブッシュ大統領への風刺替え歌)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。