Red Fox

読まずにレッテル貼りをする人は出入り禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Students for a Free Tibet 2】万里の長城に「Free Tibet」垂れ幕 SFT抗議活動

(greatwallaction - flickr) [A]

 エベレストでのフリーチベット抗議の3ヶ月後、北京オリンピック1年前のカウントダウンの前日の2007年8月7日の朝には『Students for a Free Tibet』(SFT)によって万里の長城に「フリーチベット2008」の垂れ幕がかけられ、英国、米国、カナダ人メンバーが中国当局に拘束されるというハプニングが起こっている。

 垂れ幕設置を実行した米国人3名、カナダ人2名、英国人1名の6人がまず拘束され、その後このSFTのリーダーであるカナダ国籍チベット人のラドン・テトンさんら2名が翌日8月8日の午後に北京で拘束され、その後全員が釈放され国外退去となっている。

 ワイヤーに吊り下がって垂れ幕設置を実行しているのはカナダ人の2人で、そのうち右側のサム・プライスさんは6年前に中国のカナダ通商使節団に抗議行動を行い4時間拘束された後にカナダに送還されているという人物である。

[特集『Students for a Free Tibet』トップページに戻る]


【続きを読む】

【Students for a Free Tibet 1】エベレストに「Free Tibet」横断幕 SFTの抗議活動


 昨年の4月25日、パンチェン・ラマの誕生日に米国籍のチベット人を含む米国人活動家がエベレストのベースキャンプで、北京五輪の聖火リレーのチベット通過に対する抗議の横断幕を掲げて中国当局に拘束されたニュースに関して、多少詳しく扱ってみようと思う。

 このビデオはインターネット経由で米国の「Students for a Free Tibet」(SFT) の本部に送られ、抗議の行われたその当日に最初の1分18秒がYouTubeにアップ[>>1]されている。

 翌日には編集版も発表され、それには米国籍チベット人のテンジン・ドルジェ副代表の声明の1/3程度と、米国人の環境人権活動家のローレル・スザーリン氏の声明の一部、そして最後に、チベット解放の聖火を手にチベット国歌を歌う部分までが収録されている。横断幕に書かれている「One World One Dream Free Tibet 2008」は言うまでもなく、これは北京オリンピックのスローガンを捩ったものである。

 この抗議デモンストレーションの後、ビデオに映っている3人とビデオ撮影と中継技術の計5人が中国当局に55時間拘束された後、米国籍という事で釈放され国外追放となっている。



フリーチベット オリンピック抗議
チベット・エベレスト山 2007年4月25日 (2'12")
Original: SFTHQ. "Free Tibet Olympics Protest - Mount Everest". YouTube, April 26, 2008.

(テキストで見る)
[訳・字幕=岩谷]

[特集『Students for a Free Tibet』トップページに戻る]


【続きを読む】

「チベットの抗議デモは北京オリンピックを頓挫させる事が出来るか?」アルジャジーラの読者投稿欄

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。